秋の七草をご存知?知って得する草(花)の種類と由来を一挙公開中


『秋の七草』という言葉をきいたことがありますか?

「春の七草だったら知っているけど、秋にも七草ってあるの?」

あるのです、秋の七草。

元々の七草は『秋』の七草のことを指します。

年明けの1月7日、おせち料理ばかり食べて胃に負担をかけたから胃を休ませる(労る)ために七草粥を食べるという風習があります。皆さんご存知の『春の七草』ですね。

では『秋の七草』にはどんな意味や風習があるのでしょうか。

かなり気になる秋の七草の種類と由来をご紹介いたします。

スポンサーリンク

秋の七草にはどんな種類の植物が・・・

  • 萩(ハギ)
  • 桔梗(キキョウ)
  • 葛(クズ)
  • 藤袴(フジバカマ)
  • 女郎花(オミナエシ)
  • 尾花(オバナ)※すすき
  • 撫子(ナデシコ)

全て、秋の野に生える草花です。

秋の七草の覚え方は、五・七・五・七・七の短歌を詠むようにするとリズム感があるので覚えやすいでしょう。

ハギ・キキョウ  クズ・フジバカマ  オミナエシ
オバナ・ナデシコ  秋の七草

秋の七草の由来とは

遡ること、時は奈良時代。

山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ二種の歌が万葉集に収録されています。

スポンサーリンク
  • 秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花

(秋の野に咲いている花を、指を折って数えてみれば、七種類の花がある)

  • 萩の花 尾花 葛花 撫子の花 をみなへし また藤袴 朝貌の花

(ハギの花、尾花、葛、撫子の花、女郎花、藤袴、朝顔)

一首目は秋に咲く草花を数えています。

二首目は秋の花の名前を挙げています。

古来より、散策しながらその時の季節の草花などを歌に詠むことが多くありました。憶良がこの二首を詠んだことによって、秋を代表する草花として認知されるようになったのです。

ポイント 二首目の『朝貌(あさがお)』はキキョウをさしています。当時は、朝に咲く花をまとめて『朝貌(あさがお)』とよんでいました。

お気づきかと思いますが、秋の七草といいながら夏に咲く花が多いと思いませんか?暦の上で8月は『立秋』です。また現代とは気候も違っていたでしょうし、もしかしたらその当時は七種類すべての花が7月~9月頃に咲いていたのかもしれません。

まとめ

春の七草と秋の七草の決定的に違う点は、もうおわかりの通り、春の七草は食用で秋の七草は観賞用です。

野草を見かけたら、秋の七草を探して秋を感じてみてください。

藤袴や桔梗などは絶滅危惧種として登録されています。これから先、秋の七草がなくなっていくかもしれないと思うと・・・なんだか切ない気持ちになります。

秋の七草の種類を知りたい人はこちらです。

スポンサーリンク