四十肩・五十肩の痛みの原因とその対処法!あなたの肩に起きていること

皆さん、肩に痛みや違和感はありませんか?

●荷物を棚に上げようとして、腕を上げると肩に痛みが走る。
●肩がこわばった感じがして、シャツに腕を通すことが出来ない。
●とにかく痛くて、腕を自由に動かせない。
●寝ている間の寝返りで肩に激痛が走り眠れない。

このような症状がある人は、四十肩・五十肩と呼ばれる病気かもしれません。

そこで今回は、四十肩・五十肩の痛みの原因を追究し、発症した場合はどのように対処すべきか、そして今後肩のために何をすべきかをご紹介していきたいと思います。

その痛み・・・辛いですね。

スポンサーリンク

四十肩・五十肩とは

まず、四十肩・五十肩の違いを簡単に説明すると、同じ症状が40代で発症するのか50代で発症するのかの違いだけです。

正式名称を『肩関節周囲炎』と呼ばれる疾患です。

元々は【肩関節周囲炎=五十肩】と言われており、50代で流行っていた疾患だったものです。

しかし、40代にも五十肩の症状が多くみられるようになってきたため、新たに【四十肩】と言う言葉ができました。

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の痛みの原因

加齢に伴って、肩の関節・筋肉・肩周辺組織が固くなったり縮んだりなどの変化が起きることで、炎症や痛みを引き起こすと考えられています。

多くの人にみられるのが『肩関節のずれ』です。

他にも『肩関節の炎症』『肩関節の拘縮』などが考えられます。

肩周辺の筋肉の張りが痛みの原因になっていることもあります。

場合によっては首が原因の『腕神経痛』の痛みが伴っていることがあります。

現在医学的にははっきりと解明はされていません。

つまり、現代医学の検査によって特定の原因がなされず、痛くて運動制限(可動域制限)があるものを五十肩と呼んでいます。

肩関節のずれ・・・肩の関節は元々が不安定な状態にあるので、腕を無理に動かしたり、重いものを何気なく持ったりすると気付かないうちにずれることがあります。

肩関節の炎症・・・発赤(皮膚が赤くなる)・熱感(皮膚が熱くなる)・腫脹(腫れ)・疼痛などがあります。

スポンサーリンク

肩関節の拘縮・・・肩甲骨と上腕骨の関節の周り・肩甲骨周りの筋肉の拘縮が原因となります。

腕神経痛・・・首~肩~腕の神経が頸椎のずれや詰まり、筋肉による圧迫や刺激で痛みや痺れがでます。

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の対処の仕方

急性期(1ヶ月~9か月)

腕を動かしたときに突然激しい痛みを感じて発症します。

炎症がひどい時期で特に腕を動かさなくても強い痛みを感じ悩まされる時期といえます。

また、夜寝ているときに痛みが激しくなる『夜間痛』が特徴です。

この時期に大切なことは安静にすることです。

痛みが起きるようなことは避けるように気を付けます。重い荷物を持つなどは以ての外です。

痛みの原因は炎症の場合が多いので患部を冷やすと効果的です。

整形外科を受診することが最も痛みから解放される手段です。

慢性期(4ヶ月~6ヶ月)

だんだんと痛みが治まってきますが腕が上がらないという症状がみられます。

急性期で筋肉が収縮し硬くなったために関節の可動域が狭くなっています。

腕を上に上げる・後ろに回すといった動作が困難になっていますが、無理に動かすと激しい痛みがぶり返す可能性があるので注意が必要です。

この時期はとても大切な時期です。

まずは鍼灸マッサージで痛みの管理と関節拘縮の予防をし、痛みを感じない範囲で適度に肩を動かし、五十肩に効果的な体操やストレッチを始めましょう。

一度肩関節拘縮が生じると元に戻すのは非常に困難になります。

回復期(6ヶ月~2年)

肩関節拘縮が改善すると、少しずつ腕を動かすことが出来るようになってきます。

疼痛・可動域制限が軽快し症状が良くなってきます。

肩関節可動域の拡大とスムーズな動きを目指し、可動域訓練・筋肉トレーニングを積極的に行います。

今後気を付けたいこと

正しい姿勢をとるというのは、意識して出来るものではありません。

加齢により、硬くなった筋肉もあれば弱った筋肉もあります。

これらの筋肉の影響を受けて姿勢が崩れてきます。

姿勢が崩れると関節などに歪みが生じ、五十肩だけでなく体のあちこちに痛みを感じるようになります。

●硬くなった筋肉には、ストレッチやマッサージなどで柔軟性を取り戻すように改善します。
●弱った筋肉には、適度な運動などでトレーニングすることで改善します。
●姿勢を改善したあとは連動する肩甲骨や背骨のストレッチやトレーニングを取り入れます。

四十肩・五十肩の痛みの原因とその対処法!あなたの肩に起きていることのまとめ

現在、スマートフォンの普及により『スマホ巻き肩』というものが国民病になりつつあります。

猫背の状態に加えて肩を内側に巻き込んだ状態を長時間キープするために起きている症状です。

近い将来『三十肩』や『二十肩』という新しい言葉が誕生するのではないかと思うと、不安に駆られますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする