脱水症状一覧

子供が脱水症状になったかも?!見分け方と対処法!病院に行く目安

子供は大人と違って多くの水分を蓄えています。 その証拠に、子供の肌はモチモチムチムチと弾力がありますよね。 体内の水分には大きく分けて二種類に分類することができ、細胞が抱え込んでいるものと、細胞の周りに身に着けているものとがあります。 前者(細胞内)の量が大幅に変わることは大人も子供もほとんどありません。 後者(細胞外)の水分が大きく減少してくると脱水状態となるのです。 子供は脱水症状に陥りやすいといえるのです。 そこで今回は、子供が脱水症状になったかもと疑わしい時の状態の見分け方とその症状、そして脱水症状に対する対処法をまとめました。 ご参考にされてください。