健康一覧

にんにくのにおいの成分と原因!効率よく栄養を摂取する上手な食べ方

みなさんはにんにくを好んで食べていますか?にんにくには体を健康に維持していく要素がたくさん秘められています。体に良いことは知っていても、どうしても気になるのが『におい』です。にんにくが特有のにおいを放つ理由知りたくないですか?そして、そのにおいを消臭することが出来るといいですよね。にんにくと向き合ってみませんか?

ドライアイの原因は油分だった?!効率の良い改善方法と栄養補給を

ドライアイが辛い。気づけば近視が更に進んで視力が低下してしまいます。乾燥し過ぎでコンタクトレンズも飛び出すほど・・・。 眼科を受診すると、もちろん『ドライアイ』と診断されるも処方された目薬は効果が全くなく、もうどうしていいものかと途方に暮れていませんか。 実はそれ、水分が足りないだけではなかったのです。

ドライアイとはどんな症状?セルフチェックをして原因と対策に迫る!

ご存知ですか?ドライアイは1980年代に認識され始めた比較的新しい病気なのです。 今回はドライアイについてご紹介していきます。セルフチェックをしてドライアイレベルを測ってみてください。このチェックでレベルが低かったとしても安心は出来ません。原因と対策をしっかり身につけましょう。

おとなまきって何?今密かにブームのリラクゼーション効果と健康法

【おとなまき】</strong>ってご存知でしょうか?あまり聞き慣れないワードだと思います。 【おとなまき】という言葉を初めて耳にした時「ナンノコッチャ?」で、聞いて何もイメージが出来ませんでした。ただザックリと「大人が巻かれるのだろうな」程度。 しかし、これが意外と大当たりで大人を大きな白い布でスッポリと巻く(包む)ものでした。そのビジュアルはとても異様で言うなれば<strong>『蚕の繭』</strong>又は<strong>『ミイラ』</strong>と表現しても過言ではありません。 全く新しい新感覚のリラクゼーションということで、今密かに日本でブームになっています。その見た目とは裏腹に、絶大なリラックス効果をもたらしてくれる『おとなまき』を、あなたも体感して見ませんか。

インフルエンザと菌を死滅!アルコール消毒液は市販のものOK?撃退法は?

インフルエンザに感染するのはもう懲り懲り!</strong>と、思っているのではありませんか? 分かります。本当に辛いですものね。手首や肘などの節々が痛いと気付いたら、あっという間に気怠さを感じて高熱が出てしまいます。 安静にしていようと布団に潜り込むけど、仰向けになっても横になってもうつ伏せになっても、どんな姿勢になっても緩和されない痛みとの戦い。もう唸っているしか出来ないのです。

加齢臭は洗濯で他のものに移る?衣類に効果的な洗剤と賢い洗濯方法

加齢臭って、洗濯しても落ちないと思いませんか?それどころか、他の洗濯物に移っているような気がしたり、心なしか洗濯機のドラムの中も香っていたりするような・・・。 それ、<strong><span style="color: #ff0000;">『気のせい』ではありませんよ。本当に移ってますからっ!</span></strong> どうしてこんなにも洗濯物の『臭い』って落ちてくれないのでしょう。毎日の洗濯に洗剤はもちろんだけど、柔軟剤・漂白剤も欠かさず入れているのに、効果は一向に表れてくれません。 だんだん黄ばんでくるし、肌触りもゴワゴワ、洗濯したのにベトッとした感じが気持ち悪いと思いませんか。 <strong><span style="color: #ff0000;">「もう!なんとかして」</span></strong>ということで、衣類に染み付いた加齢臭を、いえ、臭いという臭いをスッキリ撃退しましょう!

加齢臭撃退には腸内環境を整えよ!石鹸で効果的に消臭!原因は運動不足?

もしかしたら・・・気になりだしていませんか?最初は我慢できる範囲だったけど、ここ最近は臭いが強くなってきて我慢するのに耐え難い、<strong><span style="color: #ff0000;">旦那様の【加齢臭】</span></strong>。 一緒にいると漂ってくる嫌な臭い、脱いだYシャツや下着に残り香、寝室中に充満する異様な香り、特にベッドと枕カバーは鼻を摘まみたくなる程ベッタリと加齢臭の移り香がして困っていませんか。 例えば家族にだけなら迷惑かけてもいいけど、会社の人や取引先の人にまで嫌な思いをさせているのでは?とハラハラしていませんか?

インフルエンザ感染を疑ったら病院で検査を受けウイルス増殖を抑える努力を!

季節が変わり、もうすっかり夏の気配はなくなりました。 夏の暑さ・紫外線に解放されたかと思うと、今度は冬のインフルエンザが猛威を振るいます。 もしかしたら既に、発熱や関節痛を感じてはいませんか?体温が38℃を越えていると、ひょっとするとインフルエンザに感染しているかもしれません。 インフルエンザは感染しても、潜伏期間は何ともないのにいざ発症すると瞬く間に体調が優れなくなってしまいます。 そこで今回はインフルエンザ感染の疑いがある人へ、感染から完治までの症状と、検査、インフルエンザを抑えるための行動について説明していきます。

インフルエンザは犬で媒介?犬インフルエンザの症状とワクチン予防!

空気が乾燥してくると心配になるのがインフルエンザの大流行です。インフルエンザは年々進化を遂げおり、より強力により賢くなっています。毎年かかる人も、今まで一度もかかったことがない人も、感染する可能性は十分ありますので日々の予防を怠らないようにしてください。 それでもインフルエンザに感染してしまうと次に恐れるのが家族への二次感染ですね。大切な家族に同じ思いはさせたくないものです。 家族と言えば、子供のように可愛がっている愛犬にはインフルエンザが感染しないだろうか。子犬や高齢犬を家族に持つ人は心配になりますよね。 そこで今回は、愛する愛犬にもインフルエンザが感染するのか、どんな症状が出るのか、日頃どんなふうに予防したら良いのかについて説明します。