一覧

桜が緑色をつける種類?花びらの変化を楽しむ名所!福岡ではどこ?

日本人なら愛してやまない桜ですが、とても珍しい色の花をつける品種があることをご存知でしょうか。 桜といえば愛らしいピンク色、濃淡があるとしてもフワフワの花びらはピンク色か白色が常識と、誰もが認識していることでしょう。 そんな常識を覆していまう色とは! そうです。タイトルの通りの『緑色』なんです。 「緑色の花やったら、葉っぱも緑やけん、面白くもおかしくもないやん!」 そんな事はありません。 知って得する・見て感動する『緑色の桜』を今回はご紹介したいと思います。

富士山と桜が美しい浅間公園の見頃時期と新倉山浅間公園の駐車場状況!

春の訪れを感じるといえば、やはり桜の開花ではないでしょうか。淡いピンク色で一面を覆い尽くすと、ようやく厳しい冬が終わったと思えますね。 せっかくのお花見に、いつもと同じだと味気ない・・・と思っている人必見です。 桜と富士山のコラボレーションは如何ですか。 日本一の富士山が桜のピンク色を引き立たせ、桜も又、富士山の雄大さを際立たせます。こんな贅沢な風景がこの日本には存在していました。

お花見とは?お花見の場所取りマナーとルールを守って楽しむ方法

桜の花が咲く頃、お花見をしたくなりますよね。 お花見は、マナーが悪い人のイメージが強いのですが、せっかくだったら、自分も楽しく人も楽しくした方が絶対いいと思いませんか? お花見をする時の最低限守っておきたいマナーを記事にしました。 自分さえという気持ちがなくなれば、きっと楽しいお花見をすることが出来ますよ。

一心行の大桜の由来!見頃の時期と駐車場状況!桜まつりも絶賛開催!

日本の宝、『日本三大桜』を見に行きたい!と、思っても簡単に行くことは出来ませんよね。 淡墨桜は岐阜県、三春滝桜は福島県、神代桜は山梨県。 九州や四国の人にとっては少し遠方に感じます。だったら同じくらいの大きさの桜を堪能しましょう。その圧倒的な大きさを熊本で堪能しましょう。実際に目の前にすると、圧巻に一言です。

岐阜県各務原市の桜祭りを今年も開催!新境川堤の百十郎桜1000本の花

4月に入ると岐阜県各務原市では春のイベントが開催されます。 4月の最初に訪れる土曜日と日曜日は桜まつりを百十郎桜一帯で大々的に催されていて、イベント有り・ステージ有り・美味しいもの有りで目白押し。 そしてメインの桜並木1000本を間近で堪能することが出来ます。 さあ、出掛けましょう。

新境川堤の桜の別名百十郎桜とは?ライトアップと見頃の駐車場状況!

岐阜県には日本三大桜に指定されている『淡墨桜』で有名ですが、実は県内人気ナンバー1を誇る桜並木が存在します。 見頃を迎える頃のピンク色は、正に圧巻です。 日没後にはライトアップが施され、昼とはまた違った装いで私たちを魅了します。 今しか見ることが出来ない桜並木を堪能してみてはいかがでしょう。見ないあなたは損をします!

日本三大桜は最高の花見スポット!樹齢1000年以上の巨桜は一見の価値!

もうすぐ桜が咲き始める時期。今年はどこの桜を見に行こうか・・・なんて迷っていたら、あっという間に見頃が過ぎてしまいますよ。桜の美しい時間は限られています。もし迷っているなら、『日本三大桜』を見に行かれてはいかがでしょう。1000年以上もこの地に根を張り、毎年同じ時期に綺麗な花を咲かせ続けているなんて不思議ですよね!

日本三大桜の山高神代桜の美しい見頃は!アクセスと駐車場の混雑状況!

山高神代桜は日本最古の巨桜です。幾度とない衰退や災害を乗り越えて、今もなお美しい花を咲かせ続けています。 長きに渡りこの地に根をおろし、私たちを静かに見守り続ける桜を、今年のお花見スポットとして訪ねてみてはいかがですか。その歴史感じる堂々たる姿に息を呑むこと間違い無しです。日本人なら一度は足を運びたい桜です。

日本三大桜の根尾谷淡墨桜の特長と見頃は!アクセス方法と駐車場状況!

日本三大桜・日本五大桜である『根尾谷淡墨桜』をご存知ですか?樹齢1500年を超える一本桜です。 1500年前といえは古墳時代です。そんな古い時代から、この淡墨桜は優しく見守ってくれていました。 桜は見頃が一週間ととても短い時間しか咲き誇りません。巨桜の圧倒する空間を、日本人ならば一生に一度は感じたいものです。

日本三大桜の三春滝桜の見頃は?アクセスと満開時の駐車場状況!

もうすっかり春めいてきました。桜の季節です。毎年綺麗な桜を眺めながらの花見で楽しく騒いでいる人もそうでない人も、『日本三大桜』に触れてみたいと思いませんか。 その無言の佇まいに、言葉を失うことでしょう。 日本人として生まれた以上、一生に一度は見ておきたい桜の一つです。