クレジットカード裏面の署名してる?漢字かアルファベットか空欄か?

クレジットカード 裏 署名 漢字 アルファベット 空欄

クレジットカード。

現金を持っていなくてもこのカードが一枚あれば、買い物をした時の決済が簡単に出来るスグレモノですよね。

ライフスタイルに合わせた特典が設定されているクレジットカードを使用することで、様々な場面でポイントが貯まるのは本当に有り難いです。

今や一人の人が2枚も3枚も所有し使い分けているクレジットカードですが、カードの裏の署名欄は記入していますか?

たまにこんな事を言う人に出会います。

「私の名前の漢字は、画数が多いから書くのが面倒臭い」

日本に住んでいる私たちにとっての『署名』は、本名を漢字で記載するのが当たり前と思い込んでいる節がありますが、実はそうではありません。

クレジットカードの署名は、漢字でもアルファベットでも問題ありません。

もっと言えば、平仮名でもカタカナにしても問題はないのです。

なぜならクレジットカード裏面の署名は、『そのカードの真の所有者であることを証明するもの』だからです。

そこで今回は、クレジットカード裏面の署名をどんな文字で記入するのが一番ベストなのかについてまとめました。

スポンサーリンク

クレジットカード裏面の署名は漢字で!

冒頭でもお伝えしました通りクレジットカードの署名は、第三者である他人が悪用出来ないようにするためのセキュリティーとなっています。

クレジットカードで決済された場合、買い物をしている人物が本物の所有者であるかを確認するために、店舗側はサインを求めています。

もしカードの署名が簡単で書きやすいサインだったとしたら、誰でも真似が出来てしまうということとなり、それはすなわちセキュリティー面において『最悪』と言うことになります。

日本人ならクレジットカードの署名は漢字で

昨今、盗難が多く発生しており外国人の手に渡ることが多いクレジットカード。

しかし漢字を書ける外国人は少数派ですので、サインを漢字にしているだけでもセキュリティーになります。

漢字文化のない外国人にとって漢字で書いてあるサインを真似するのは困難ですし、さらに言うと、画数が多い複雑な漢字なら二重のプロテクトとなるでしょう。

複雑な文字ほど真似はしにくいですので、面倒でも漢字を楷書で書くのが最適ですよ。

「画数が多いから書くのが面倒臭い」

しかし、スーパーなどの1万円以下の買い物なら、サインも暗証番号もいらないところがほとんどです。

毎日クレジットカードを使用して、サインを求められるほどの高額の買い物をしょっちゅうしていますか?

一般庶民であるなら、そんなことはないはずです。

毎日サインするわけでもないですし、自分の名前を書くのって・・・そんなに面倒でしょうか。

日本人にとって漢字は書き慣れていることもあることからも、常に一定の署名が出来ますし、もともとクセ字なのも署名照合しやすいポイントになります。

漢字は、アルファベットよりも複雑で日本語を書けない人には偽造が難しいですし、同じ日本人でも文字にはクセが出るので、同じようには書きにくいものです。

クレジットカードが悪用されることを未然に防ぐためにも、名前の字画数が多くても漢字の署名を強くおすすめします。

クレジットカードの署名を平仮名にしている理由

アルファベットは、欧米圏の人からすれば簡単に真似が出来てしまいます。

しかし漢字も、もともとは中国から伝わった文字ですので日本独自のものとは言えず、書ける人が多いというリスクがあります。

平仮名こそが日本独特の文字であり、世界的に見ても、丸みのある不安定な曲線だけで文字を書くのは日本人くらいです。

そういった意味で、偽造されにくいとして敢えて平仮名にしている人がいます。

直線的なカタカナよりはセキュリティーとしては上だと思いますが、平仮名は全部で50文字しかなく、名前はその組み合わせとなりますよね。

日本滞在が長い外国人なら、ある程度の平仮名の読み書きは出来て然りと考えておくべきです。

画数の少ない平仮名を真似るのは画数が多い漢字に比べると容易であり、やはりセキュリティーとしては低いと思っておいた方が良いでしょう。

ポイント

クレジットカードの署名は、くっきり漢字の楷書体を推奨しますが、『書きやすい文字』ではなく『偽造されにくい文字』を書くべきと念頭に置いておきましょう。

だからといって殴り書きのようなサインは真似しやすい上に、一般的に見分けがつかないので危険です。

書きやすいサインはNGとして、外国人には真似しづらいことからも漢字のフルネームを多少崩して書くこともセキュリティーに繋がります。

クレジットカード裏面の署名はアルファベット!

「アルファベットのサインは恥ずかしいし、店員さんに鼻で笑われそう」

「アルファベットの署名は普段から使わないため、常に一定にならない」

「読み取れるように丁寧に書くと真似されやすく、悪用されやすい」

様々な理由から、日本人は漢字での署名をおすすめしましたが、アルファベット表記でも問題はありません。

クレジットカードを使うのは、ほとんどの場合日本国内だと思われます。

スポンサーリンク

日本に滞在している外国人の割合が日本人に比べるとそう多くはないことを鑑みると、クレジットカードを紛失した場合に不正利用するのも日本人である可能性が高くなります。

そうすると、漢字で署名しているからと言ってセキュリティーが高いかというと、そうでもなくなると言う人もいます。

「自分の名前は画数が多すぎて、書くのも面倒臭い」

普段からアルファベットを書く機会がある人にとっては、筆記体でササーッと書ける方が時間短縮にもなって良いのかもしれませんね。

海外でクレジットカードを使う機会が多いなら、パスポートと揃えたアルファベット表記するのもありです。

どんな署名表記でも構いませんが、他人に真似されやすい書体で署名することは避けなくてはなりません。

クレジットカード裏面の署名蘭を空欄にしているのはかなり危険!

クレジットカード 署名 空欄

クレジットカード裏面の署名蘭を、空欄のままにして使っている人はいませんか?

もう一度述べますが、クレジットカードに署名することでカードの所有者が自分であることを証明します。

「面倒臭いから書いていない」

これはカードを紛失した時に、「どうぞお金をいくらでも使ってください」と言っているようなもので大変危険です。

万が一紛失し不正利用されたとして、身に覚えがない高額請求をされたとしても、署名をしていないカードの場合は所有者の落ち度として支払う義務が発生する可能性があります。

「わたしが買ったわけではありません」

そんな事を言ってみても、それはカード会社には関係のないことですよね。

自分の身は自分で守るしかないのです。

そもそも論ですが、クレジットカードに署名がなされていなかったら原則として使用することは出来ません。

今一度、クレジットカードの裏面に署名しているかを確認してみましょう。

クレジットカード裏面の署名してる?漢字かアルファベットか空欄か?のまとめ

クレジットカードの裏面の署名は、漢字でもカタカナでも平仮名のでもアルファベットでも筆記体でも、どんな表記でも構いません。

名字だけ、名前だけ、ニックネームでも良いとされています。

ただし、他人が真似をしやすく書きやすいサインはNGと心得ましょう。

基本的に日本で生きていて日本で買い物をしているので、サインは日本語のわかる人が普通にパッと確認できるのが良いですね。

防犯防止のためにも、一番真似しにくいとされる画数の多い漢字のフルネームを署名にすることをおすすめします。

『サインの偽造を心配して一時期平仮名にしていたが、サインする度に面倒だし恥ずかしいしで漢字表記に戻した。自分の書きやすいものが一番』

『総画38画となる名前をカードの更新を機にカタカナに変更した。画数が半分になったのでずいぶん楽になった』

クレジットカードのサインへの考え方は人それぞれですね。

セキュリティーを高くするために『漢字』にする

書きやすさ重視で『筆記体』にする

外国人には馴染みのない『平仮名』にする

不正利用防止と書きやすさ重視で『自分も読めないような文字』にする

日本は治安もいいので気にしていないのかも知れませんが、海外では必ずサインが正しいか確認されます。

何事も手間がかかる方がセキュリティーは上がるものですよ。

スポンサーリンク