ナメクジ対策に必要な事!風呂場侵入経路はどこから?アレで撃退!

ナメクジ 対策 風呂場 どこから 撃退
梅雨入りすると、毎日のように雨が降って嫌になりますね。

梅雨の何が嫌って、通勤や買物に出かける時のしろしさだけを言っているのではありませんよ!

洗濯物が乾かないこともこの際目をつぶりましょう!

問題視しているのは、憩いの場であるお風呂場にあるのです。

同じ悩みを持つ人は『雨』『お風呂場』だけでピンとくるかもしれませんね。

一日働いて疲れた身体を癒やそうと、お風呂場の扉を開けた瞬間です。

そのプライベート空間に突如として現れる、ヌメヌメの軟体動物・ナメクジが我が物顔で風呂場の壁などを占拠している!!ってことありませんか?

これは梅雨の時期に限らず、雨が降った日のバスタイムは恐怖のナニモノでもありませんよね。

つまんでは外へ放り、つまんではちょっと離れたところへ放り。しかし雨が降ると高確率で現れる招かれざる客・ナメクジ

本当に困りますよね

そこで今回は、憎っくきナメクジに対抗すべく打った一手をご紹介します。

もしお風呂場に出没するナメクジにお困りのようでしたら、強くオススメしたい方法です!

スポンサーリンク

ナメクジ対策に必要な事!

ご存知ですか?

ナメクジって、巻き貝の貝殻の部分が退化し陸に生息した生き物なんです。

しかし海や川の中では生活出来ない体になっています。なぜなら彼らには肺が存在しているからです。

ナメクジは泳ぐことが出来ませんので、誤って水たまりなんかに落ちてしまうと水死することがあるのです。

水たまりにはめっぽう弱いのですが、薄暗くてジメジメした環境が大好きなナメクジ。

昼間は日差しが当たらず湿った場所に身を潜め、体内の水分が蒸発するのを防いでいます。夜になるとやわらと行動を開始します。ほとんど目は見えていないのですが、夜行性なので音を頼りに活動しています。

比較的新しいマンションなどのバスルームは乾燥させる装置がついているので、ナメクジが出ることは比較的少ないのですが、昔ながらの古い家屋のお風呂場はナメクジにとっては絶好の物件といってもいいでしょう。

ナメクジを寄り付かせないためにも、ジメジメした環境を改善させるようにしましょう。

お風呂場使用後は換気扇を回して湿気をとり、また、昼間は可能であれば窓を開けて風通しを良くし、浴室が乾燥するように心がけるのが大切です。

湿気がこもらないように努めましょう。

ナメクジの風呂場侵入経路は?どこから?

ナメクジは軟体動物なので、僅かな隙間でもあれば容易に入ってくることが可能です。

お風呂場の主な侵入経路は以下の2パターンに絞って間違いありません。

●窓の隙間

窓をしっかりと閉めていたとしても、私たち人間にとって気づかない程の歪みがサッシに生じていた場合、そのほんの少しの隙間を狙って侵入してきます。

後から取り付けた網戸なんて隙間だらけで、ナメクジにとっては何ら障害とはなりません。

我が家のお風呂場も、後付網戸の隙間を狙った侵入がダントツでした。

窓の隙間を埋めるアイテム・隙間テープを貼ると侵入を防ぐことができます。

雨の降っている日、お風呂場の窓がある外壁にはナメクジがウジャウジャと貼り付いていますので、隙間テープは効果的です。

●排水口

排水口をよじ登り侵入を試みる輩もいます。

窓のサッシ同様、隙間を狙って入ってきますので、排水口には細かい網を張るようにしましょう。

例えば入浴後、湿気が充満した状態のままにして就寝はしていませんか?

夜行性のナメクジは湿気のある居心地の良さそうな場所を求めてお風呂場に侵入します。

あなたが朝起きて会社に出社。帰宅して入浴する時間までナメクジが我が物顔で風呂場中を這い回っていると想像すると、恐ろしい光景だと思いませんか?

ナメクジにはアレがよく効く!㊙撃退方法!

『ナメクジ駆除』と検索すると色々な方法が紹介されています。

塩をかける

これ、やってみたことあります?

私、やったんです。

天井にいたナメクジ目掛けて少量の塩をかけると、ナメクジは塩に驚いたのかクネクネしだし、そうかと思ったら塩が命中した部分の表面がいびつな形になって、『すたっ・・・』とスライムのようなものが垂れてきたのです!

ナメクジ本体も落ちてくるのかと思ったら、自分の出した体液で天井に貼り付いてしまったのです。

あのときは本気で恐ろしいと思いましたよ。

ビールを仕掛ける

深めの容器に程よくビールを注ぎナメクジをおびき寄せます。

ビールの香りに誘われてやって来たナメクジは、アルコールに酔いビールの海へダイブ。

そのまま水死してお亡くなりになります。

市販された捕獲薬を使用する

○○ホイホイみたいな仕掛けで、捕獲されたナメクジは二度と再び外に出られないというものになります。

本当に色々な方法がありますけど、どれも後処理に困ると思いませんか?

触るのも見るものゴメンだ!という人にとって後処理というのは決死の覚悟が必要となります。

なんとか後処理する必要がない方法はないものか・・・。

隙間テープでブロックしたとしても、完全に安心はできません。

とにかく効果的で、後処理をなくて済む方法はないものかと必死で探しました。

そしたらあったんです!

ナメクジが退散してくれるものが!

それが『椿油粕』です。

作業としては、ナメクジがいる土に椿油粕をパラパラと撒いて水を撒くだけという、非常に簡単なものでした。

藁にもすがる思いで購入した椿油粕を雨が降りそうな前日、お風呂場付近を重点的に撒き、翌日の雨で土に浸透させました。

するとその直後からあの憎っくきナメクジの姿を見ることがなくなったのです。

これは本当に驚きました!

ここまで効果が現れるなんて思っていなかったので、その後の入浴は快適になったことは言うまでもありません。

この効力が半年と記載されていたのですが、7ヶ月・8ヶ月を過ぎてもナメクジを見ることがなかったので「意外と1年くらいもつのか」と思ったくらいです。

実際には、撒いて10ヶ月位で再びお風呂場でナメクジを見るようになりましたので、半年に一度撒き直すのは大事でした。

慌てて椿油粕を撒くと、またピタッと発生しなくなったのです。

椿油粕!マジすげぇ~!

因みに、ケチって椿油粕の量を減らすと効果は発揮されませんでした。

否、正確には『ケチった』のではなく、『適当』に撒いた量が少なかっただけのですが、出没頻度は減るものの完全にいなくなることはありませんでした。

「ちょっと多いかな?」くらいが丁度いいかもしれませんね。

今はまた快適バスタイムを取り戻しましたよ。

『ナメクジを効果的に駆除する方法を伝授!害虫から植物を守りましょう』も合わせてご参照ください!

ナメクジ対策に必要な事!風呂場侵入経路はどこから?アレで撃退!のまとめ

遺憾なく効力を発揮する『椿油粕』の威力は絶大的なものでした。

もしお風呂場に出没して困っているなら椿油粕を試してみてください。

ナメクジだけでなく、ミミズや蛇にも効果的です。

それだけの威力がありながら、植物には肥料となるので、枯れる・元気がなくなるという心配は無用です。

ナメクジのヌメヌメクネクネを見なくなり、しかも半年以上居座ることを許さない椿油粕。

椿油粕で、ストレスフリーなバスタイムを手に入れましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする