虫除けスプレーの簡単手作り方法!ハッカとシトロネラで強力撃退!

虫除けスプレー 手作り ハッカ シトロネラ 強力 撃退

蚊の季節が今年もやってきましたね。

草むらに入るわけでもないのに、ちょっとラフな格好で、ちょっとそこのコンビニまで買い物に出ただけで虫に刺されてしまいます。

虫刺されに気づいてしまえば、痒くて痒くて、集中力も欠いてしまいますよね。

そうならないための強い味方が『虫除けスプレー』です。

この時期は絶対に手放すことが出来ません!

でも市販されているものは、皮膚に負担になる化学成分が含まれているので、出来れば避けたいな・・・って思います。

そこでおすすめするのが、虫除けスプレーを手作りすることです!

化学成分が含まれない分威力は多少劣りますが、肌に優しいので日常に取り入れやすいのが魅力的です。

コスパも抜群の手作り虫除けスプレーは、ご家族全員で使っても安いくらいです。

今回は、手作り虫除けスプレーの作り方と、使用する天然アロマオイルの精油の選び方についてまとめました。

スポンサーリンク

虫除けスプレーの簡単手作り方法!

手作りと聞くと、なかなかハードルが高くて難しいイメージがありますが、虫除けスプレーは超簡単です。

ぜひチャレンジしてみてください。

● 手作り虫除けスプレーの必要なもの(100ml) ●

無水エタノール・・・20ml

精油(エッセンシャルオイル)・・・20~40滴

精製水・・・80ml

スプレー容器

● 手作り虫除けスプレーの作り方 ●

① 無水エタノール10mlと精油20~40滴をよく混ぜる

(精製水と精油が反発して混ざりにくいので、必ず無水エタノールと精油のみを先に混ぜること)

② スプレー容器に移す

③ 無水エタノールと精油を混ぜた液体を入れた容器に、精製水90mlを加えてよく混ぜる

以上で出来上がりです。

非常に簡単ですね。

使用時の注意事項として、スプレーする前に容器をよく振ることと、使用期限は1週間程度ということです。

精油の香りが薄らいだり変化したりすると、虫除けの効果がなくなりますので一週間を目安に使い切るようにしてください。

もっとしっかり虫除けしたい場合は、精油の量を50~60滴に増やしてみると良いでしょう。

無水エタノールを消毒用エタノールで代用

実は、無水エタノールは非常に高価な代物です。(参考:100mlが1,200円)

それに比べて消毒用エタノールはかなり安価で手に入ります。(参考:500mlが450円)

もし無水エタノールを消毒用エタノールに代用できれば、コスパもグンッと良くなりますよね。

無水エタノールと消毒用エタノールの違いは、水で薄められているかどうか・・・っていうだけです。

無水エタノール・・・・100%のエタノールで出来ている

消毒用エタノール・・・(水で薄めて)70%のエタノールで出来ている

虫除けスプレーは最終的に精製水で薄めるわけですし、そもそも精油が溶ければ良いので消毒用エタノールでも充分代用が利くということになります。

● 無水エタノールを消毒用エタノールで代用する場合の配合 ●

消毒用エタノール・・・28.6ml

精油(エッセンシャルオイル)・・・20~40滴

精製水・・・71.4ml

エタノールの量はそれほど厳密にしなくても問題はありませんが、エタノールを多めにすることで精油が溶けやすくなりますし、除菌効果もUPします。

約3倍に薄めればよい、と、覚えて置かれると良いでしょう。

エタノールは揮発しやすい物質ですので、しっかりと蓋付きの容器に入れておきましょう。

スポンサーリンク

虫除けスプレー手作りはハッカ油で強力撃退!

手作り虫除けスプレーの材料となる精油こそが、虫が苦手とする香りをつける必要不可欠なものとなります。

一口『精油』と言っても、その種類が多くどれを選んで良いかわかりませんよね。

今回一押しさせていただくのが、『ハッカ』です。

中でも北見の和薄荷(和ハッカ)は、最高に良い仕事をしてくれます。

ツーンとする刺激はペパーミントの比ではありませんので、虫除けとして手応えを感じます。

ただし肌に直接つけると、物凄い清涼感で寒さを感じてしまいますので注意が必要です。

和ハッカ単体でも良いのですが、2~3種類をブレンドすることで相乗効果を得られる場合があります。

あれもこれもと、複数を混ぜるのはおすすめできません。

2~3種類の精油を、香りを楽しみながらお好みで作るようにしてください。

皮膚に直接つけて使うと刺激が強いものもあるので、分量や使用箇所に注意すると良いですね。

虫除けスプレーは王道のシトロネラで撃退!

虫よけに効果がある精油は、レモングラス・シトロネラ・ゼラニウム・ラベンダー・ペパーミント・ユーカリ・シトラール・シトロネラール・ゲラニオールなどなど、色々あります。

中でも虫除けの定番として使われる精油が、『シトロネラ』です。

シトロネラは単体だと刺激が強いので精油を少なめに配合するか、他の精油とブレンドして使うのが良いでしょう。

レモングラスとのブレンドは相性がよく、どちらも虫や蚊が嫌うシトロネラールが含まれています。

ゼラニウムとのブレンドも、虫除けの効果を発揮します。

ラベンダーをブレンドしておくと虫刺され防止として定番で相性もよく、低刺激で肌に優しいので使いやすいです。

ペパーミントは虫除け効果に加えて、清涼感があってとても心地よくなります。

ユーカリ・シトラール・シトロネラール・ゲラニオールなどは、虫を寄せ付けない作用の成分が多く含まれています。

蚊は、人の足から出る匂いを元に寄ってくるとも言われていますので、靴や靴下・Tシャツの袖など皮膚が露出しているところも同様につけると効果的です。

虫除けスプレーの簡単手作り方法!ハッカとシトロネラで強力撃退!のまとめ

夏になると様々な虫に悩まされ、虫除けスプレーは欠かせないアイテムとなります。

市販されている虫除けスプレーの有毒性が気になる人は、作る手順も簡単ですのでオリジナルを作ってみませんか?

一人で使っても、家族で使ってもコスパが良い手作り虫除けスプレー。

デング熱が今年も流行りそうですので、手作り虫除けスプレーでありとあらゆる虫を撃破しましょう。

精油の品質によって安すぎる物は、有効成分や濃度が薄い場合があるので、購入の際は充分に気をつける必要があります。

人によっては、「レモングラスが効かない」「ユーカリの効果が薄い」「ティーツリー効き目がない」という意見もあります。

ハッカ油をおすすめしていますが、ぜひ、自身にピッタリの虫除けスプレーを見つけてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする