鯉のぼりイベントは埼玉県へ!巨大鯉を釣り上げに!アクセスは?

ジャンボこいのぼり
こどもの日といえば鯉のぼりですよね。

風に乗ってそよそよとそよぐ姿はなんとも愛らしいものです。

最近はマンション景観だったり、鯉のぼりや矢車が回る音がうるさかったりという理由で、自宅のベランダに鯉のぼりを泳がせられなくなっていることがあるようです。

なんて世知がない世の中になってきたのだろうと、寂しさを感じつつ驚きを隠せませんでした。

ところで巨大な鯉のぼりが遊泳するイベントがあるってご存知でしょうか。

屋根の上を優雅に泳ぐ鯉のぼりのキングが、雄々しく風を飲み込み大空へと舞い上がる姿は、正に昇り龍そのものです。

今回は、鯉のぼりのイベントをご紹介していきます。

きっとあなたも見に行きたくなること、間違いなしです!

スポンサーリンク

鯉のぼりのイベントは埼玉県へおこしやす

毎年5月3日、憲法記念日にイベントは行われています。

初代のジャンボ鯉のぼりをあげたのが1988(昭和63)年のことで、当時の加須青年会議所の発案を元に作成されました。

この『加須(かぞ)』という土地、なんと!鯉のぼりの生産量の日本一を誇ります!

それをアピールするために誕生したのが巨大な鯉のぼり!その名も『ジャンボこいのぼり一世』くんなのです。

軽量化や進化を遂げたジャンボこいのぼりくん。現在は『四世くん』が加須市の象徴として、加須市の青い空へ年に一度だけ解き放たれます。その巨大な姿は見る者を圧倒します。

昔から変わらない手描き製法が採用されて作成された四世くんは、非常に珍しく貴重な存在なんですよ。

ジャンボこいのぼり四世くんがお目見えするイベントの詳細をご紹介します。

イベント名称:加須市民平和祭
開催地:利根川河川敷緑地公園
開催日時:5月3日(祝)憲法記念日 10:00~14:30
※雨天時、翌日順延
ジャンボこいのぼり遊泳時間:●11:30~12:00 ●13:30~14:00

巨大な鯉のぼりってどれくらいの大きさ?

『ジャンボこいのぼり』って、一体どれくらいの大きさなのか気になりますよね。

四世くんの全長は脅威の100メートル!重量はなんと330kgもあります!

口と目玉の直径は10メートルというから想像をはるかに絶する大きさです。鯉のパクっと開いた可愛いお口が10メートルもあるなんて、飲み込まれたたらひとたまりもありません。

スポンサーリンク

10メートルの大きさを喩えるなら、路線バスの車両の長さくらいですって。どれだけデカイねん。

巨大さ故のド迫力美しい姿を兼ね備えたジャンボこいのぼり四世くんです。

画像・写真・動画では決して伝わらない加須の臨場感溢れる鯉のぼりを、是非!ご自身の目で確かめてください。

100メートル・330kgを釣り上げる重機も、それに似合ったクレーンが準備されています。

巨大な鯉は大きな口をあけて、お腹いっぱいに空気を飲み込み上がっていくのですが、その摩擦や抵抗にも耐えなければなりませんので、悠然とそびえ立つ重機の方にも注目して見て頂きたいと思います。

因みに。
ジャンボこいのぼりの少し下に、全長10メートルの鯉のぼりが一緒にあがります。四世くんのお口のサイズの鯉のぼりです。

本来なら10メートルの鯉のぼりも相当大きいはずなのですが、ジャンボこいのぼりと比べると『メザシ』サイズにみえます。

比較にならない程の巨大な姿に、目を奪われること間違いなしです!

加須の鯉のぼりへのアクセス方法

アクセス

【電車】東武伊勢崎線 加須駅下車。加須駅北口ロータリーより無料送迎バス運行

●ジャンボ鯉のぼりの遊泳時間に合わせて観光客が押し寄せますので、無料送迎バスに乗車できない可能性があります。
早めに行動し時間に余裕を持って現地に向かってください。

【車】東北自動車道加須IC栗橋久喜方面出口より国道125号線を案内表示に従って走行し、『大利根水防センター』付近の河川敷へ

●駐車場付近の案内板が見えたところから混雑し始めます。
渋滞にはまると、注するまでに1時間半も並ぶことがありますので、早めに現地に到着できるようにお出かけになってください。

駐車場

臨時駐車収容台数:2,000台

●案内に沿って進んでいくと河川敷の臨時駐車に到着します。ここから無料送迎バスに乗車して5分ほどで会場に到着します。

ジャンボこいのぼりが上がる時間は混み合いますので、早めに会場に到着しましょう。

会場には様々なイベントや露店が沢山出ていますので、鯉のぼりが上がるまでの時間は退屈しませんし、むしろ時間が足りないとされ感じますよ!

埼玉県加須市のジャンボこいのぼりのまとめ

子供の頃に飾ったもらった鯉のぼりは凄く大きくてワクワクしたのを今でもお覚えています。

その鯉のぼりよりはるかに大きいジャンボこいのぼりは、子供はもちろん大人でも楽しませてくれます。今や鯉のぼりは男の子だけのものではありませんよ。

女の子も、成人した女性までも虜にしてしまいます。

平和祭は、鯉のぼり以外にも沢山のイベントや催し物、露店などが出ていますので、会場と土手は多くの人で賑わっています。

ゴールデンウィークの話のタネに是非お出かけになってみてはいかがですか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする