ひな祭りの行事食の紹介!どんな食べ物でどんな由来があるの?

ひな祭り
もうすぐ3月3日ですね。

桃の節句はひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を願って執り行われる伝統行事です。

女の子のいるご家庭は華やいでいいですね。

ところで、ひな祭りにはどんなものを食べたら良いか迷っていませんか?

ご自身が幼い頃、とても色とりどりの食事をしていたと思いますが、「アレを食べた」「コレが美味しかった」という明確な料理を覚えている人は少ないものです。

そこで今回は、ひな祭りに食べると縁起が良いといわれる行事食を紹介します。

スポンサーリンク

ひな祭りに食べると縁起が良い行事食と由来

ひな祭りの行事食はパステルカラーに彩られ、食材も春の旬のものを多く使って作られます。それぞれの料理や具材には縁起の良い意味が込められているものばかりが取り揃えられているのですよ。

ちらし寿司

なんといってもメインになってくるのはちらし寿司です。

実は、ちらし寿司自体はひな祭りで食べられていた由来はありません。

驚きの事実ですよね。では何故食べられるようになったのかというと、すしを感じで書くと『寿(ことぶき)を司る(つかさどる)』となり、とても縁起が良い・祝の席で食べるものという意味を持ちます。

ちらし寿司といえば、色々な具材が使われていますよね。この具材にこそ、女の子の健康を願う祈りが込められているのです。

海老・・・腰が曲がるまで、長生きをいますように。
蓮根・・・その穴から、未来が見通せますように。
・・・・健康でまめに働き、そしてまめに生きられますように。

蛤のお吸い物

蛤(はまぐり)のような二枚貝は『お姫様』を表しています。

平安時代、蛤は貴婦人の間で『貝合わせ』という遊びが流行っていました。二枚貝は対になる貝殻としかピッタリと組み合わせることが出来ません。

このことから、一生に一人の人と連れ添い・夫婦仲良く・出戻らないようにという願いが込められた一品となっています。

菱餅

現在でこそ桃・白・緑の三色三段重ねの菱餅ですが、元々は緑一色の丸餅でした。

緑色に使用されていたのは母子草(ははこぐさ)でした。母子草とはあまり聞き慣れない名称ですね。春の七草の御形(ごぎょう)といえばお分かりになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

日本に伝わる前、古代中国では母と子の健康を願って母子草が練り込まれていたのですが、我が国日本では、母と子を餅と一緒につくことを縁起が悪とし、よもぎを用いるようになりました。

江戸時代になると緑と白の二色に、明治時代では更に桃色が加わり今の形になりました。

菱餅はその色に、女の子の幸せな未来と健康を願われています。

緑・・・長寿や健康を願い、よもぎには増血作用があります。
白・・・清浄や子孫繁栄を願い、菱の実には血圧を下げる効果があります。
桃・・・魔除けとされており、クチナシの実には解毒作用があります。

ひなあられ

ちょっと驚いたのが、ひなあられです。

ひなあられは上記した菱餅を砕いて作られていました。

だから、良く見てください。ひなあられも菱餅と同じ『桃・白・緑』の三色でしょ。

ひなあられを食べると自然のエネルギーを体に取り込むので、健やかに長生きが出来るように願いが込められています。

緑は木々のエネルギー・白は大地のエネルギー・桃は生命のエネルギーを持ちます。

因みに、関東と関西では味に違いが在るのをご存知でしょうか。

関東方面は甘いポン菓子のような作りになっているのに対し、関西方面は醤油や塩で味付けがされています。

そして、四色のひなあられというものも存在します。色は『桃・緑・黃・白』。これは四季の春夏秋冬を表しています。

白酒

もともとは『桃花酒(とうかしゅ)』という、桃の花を漬けたお酒が飲まれていました。

桃には古くから邪気を払う・気力や体力の充実をもたらすと言われており、薬種の一つとして桃花酒は中国から伝わりました。

桃が百歳を表す百歳(ももとせ)に通じることからも、ひな祭りで桃花酒を飲む風習がありましたが、江戸時代から白酒へと変わり定着していきます。

桃の花の色と、白酒の色の対比が『紅白』でめでたいこととされています。

とはいうものの、主役の子供には飲ませることが出来ないので、麹の甘酒がベストですね。

ひな祭りで食べると縁起が良いもののまとめ

昔は、女の子は神様からの授かりものとされていました。

大切に育てるのはもちろんのこと、女の子自体が健康で健やかにいつまでも元気に成長して欲しいと強い願いが込められて、ひな祭りはお祝いされています。

あなたが幼い頃、ご両親から健康を願われてように、今度はあなたの娘ちゃんの健康と明るい未来を祈って、ひな祭りをお祝いしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする