お金を借りる彼は返さないつもりで借金する?金の切れ目が縁の切れ目

お金借りる 彼 返さない 縁の切れ目
あなた。今の彼氏と付き合い始めてどれくらい経ちますか?

3年?5年?

えっ?3ヶ月?

たったの3ヶ月しか付き合っていないのに、彼氏に「お金を貸して」って言われたのですか?

もしかしたらその彼氏、かなり癖があるといいますか、危険な香りがプンプン漂いますね。

一般的に男性は、本当に愛した女性には見栄を張りたいし、カッコつけたいし、情けない姿を見せたくない生き物です。

それを言葉巧みに彼女からお金を引き出そうとするその根性!

あなたはその男に騙されているかもしれませんよ。

『両親や親戚、友人も誰も助けてくれる人がいなくて、彼には私しかいないの』・・・なんて、いつまでも寝ぼけたことを言っていると、あなたから取れるだけ取って、絞れるだけ搾り取って、あとは使い古したおもちゃのように捨てられちゃうかもしれません。

そろそろ夢を見るのは終わりにして現実に戻りましょう!

あなたはここに、『あなたの彼氏はちゃんと、あなたを彼女として頼っています。彼の支えとなってあげてください』なんて甘い言葉を探し求めてたどり着いたのでしょうが、そんな事を言ってくれる人は1人もいませんよ。

そこで今回は、彼氏の『お金貸して』の言葉の裏に隠された本当の意味をご紹介します。

参考になれたら、最高に嬉しいです。

スポンサーリンク

お金を借りる彼のことを信頼し続けてもいい?

そもそも『お金を借りる彼氏ってどうのなの?』と疑っている時点で、このサイトに辿り着いた時点で、あなたは彼氏のことを信頼どころか信用すら出来ていないのではないでしょうか。

誠に残念なことではありますが、彼女からお金を借りる彼氏が本当に存在するなら、それは非常にだらしがない男性といえますので、そのような不誠実な人物は一生を共にするに値しません

自分に好意を持っている人からお金はかりやすいものです。自分に好意を持っているが故に『こんなに困っているなら、助けてあげなきゃ』と思ってもらえることを彼氏は知っています。

そういう女性の心理を上手く利用した悪質な手口と言ってもいいでしょう。

就職口がみつからない

彼氏は定職には就いていますか。

職に就き働いているなら、あなたから借金する必要はありませんよね。

面接、落ちまくっていたり、決まってもすぐに辞めたりしていませんか。

そんな彼氏を客観的に見て、あなたはどう感じますか。

「彼氏は頑張っている。彼のしたいと思う仕事がみつかっていないだけ」なんて言いませんよね。

彼氏の考えは甘いです。仕事への意欲が全く感じられません。あなたも本当はそんなふうに思っているのではないでしょうか。

仕事は探せばいくらでもあります。面接に落ち続けるのには何か理由があるはずです。彼氏はその理由を自己分析していますか。

働かない期間が長くなればなるほど、面接は通りにくくなります。

人間は追い込まれたら何でも出来るようになっているのに、あなたが甘やかしたら彼氏はずっと甘えてしまいますよ。

あなたから引き出せば働かなくてお金が簡単に手にはいりますよね。こんな楽な方法を覚えたら必死になって仕事なんか探しませんよ。

スポンサーリンク

彼氏の心理

お金を借りる相手、実はあなたじゃなくても良いんです。お金さえ手に入れば誰でも良いと思っています。

だから『浮気』はしているものと思っておいてください。

或いは、あなたの方が浮気相手である可能性だって十分ありえます。

お金を簡単に「貸して」といえる男性の周りには、不思議と貢ぐ女性がつきまといます。

なにより自分中心に物事を考えていますので、あなたが金融機関から借金まみれになろうとなんとも思ってはいないものです。

彼氏・彼女の段階でお金の貸し借りなど、一般的に非常識ということを念頭においてくださいね。

それでもあなたが『私の彼氏!』『彼には私しか・・・』と言っていたいのであれば、止めることは出来ません。

但しあなたの人生に於いて、全くプラスにならない時間を過ごしていることを後に気付いても後悔しないよう願います。

お金を借りる時は返さないつもりでいるの?

基本的に「お金貸して」と簡単に口にする人は、お金を借りることに対して申し訳ないという気持ちはありません。

これは恋人の間柄だけでなく、友人関係においても同じです。

『貸す』という行為は『あげたもの』と認識するようにしてください。

これまで貸したお金も、これから貸すお金も戻ってくることはないでしょう。

お金を貸す場合は念書や銀行口座に振込むなどして、貸した証拠は必ず残しておかなければなりません。手渡そうものなら彼氏の思う壺です。

自己中心的で残念な人間は、一生お金にルーズです。

そんな人間は一旦お金を受け取ると、途端に『借りたこと』を忘れてしまいます。

「必ず返すから」というのは口だけです。

お金の切れ目が縁の切れ目

もしかしたら、あなた自身が彼氏を『ダメ人間』にしている可能性があります。このまま甘やかしてお金を貸し続ければ彼氏は更生するどころか、今以上のダメ人間になります。

「それでも良い。それが私の幸せ!」「彼には私しかいないんだから」と言うなら、彼氏の言う通りお金を貸し続ければ良いのです。

それが嫌なら、今まで貸したお金は人生の勉強料と諦めて、今後一切彼氏がキレようが土下座しようが渡してはなりません。

「貸せません」「ありません」を突き通し、少し突き放してあげましょう。

もしそれで別れ話になるようなら、それだけの関係だったと諦め、あなたは次へとステップアップすればいいのです。

わざわざ苦労が目に見える相手と付き合い続ける必要はありません。

今後は、自分自身のためにお金を使ってください。

お金を借りる彼氏のまとめ

恋人同士の関係でお金の貸し借りは非常識です。ましてや付き合って3ヶ月でだなんて、お話になりません。それが小額だろうと小銭だろうと。

「お金を貸して」と平気で言える彼氏は、あなたのことを『彼女』とは思っていません。道具若しくは財布としか見ていません。

残念ながら、あなたと同じような状況の女性が何人も彼氏にはついています。

このような男性は、お金を借りることに関してはスペシャリストですので、あなたを気持ちよく乗せて高額を引き出すことに、良心が痛むことはないでしょう。

既に貸してしまったお金は『授業料』として諦め、彼氏とお別れすることをおすすめします。

もっと素敵な男性はたくさんいますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする