新境川堤の桜の別名百十郎桜とは?ライトアップと見頃の駐車場状況!

桜並木
日本三大桜の一つ『根尾谷淡墨桜』で有名な岐阜県には、名所と言われる桜並木があるのをご存知でしょうか。

木曽川系の新境川(正式名称:境川放水路)で、蘇原大島町から大佐野町の区間、約5キロメートルにも及ぶ川沿いの桜並木は、岐阜県が誇る人気ナンバー1の桜です。

1990年には『日本さくら名所100選』にも選ばれました。

見頃を迎えると一面が淡いピンク色に包まれ、それはまるで春の訪れを称えているかのようです。

今回は、岐阜県各務原市の『新境川堤の桜並木』をご紹介いたします。

息を呑む程美しい世界へと誘う桜並木は、絶対に外せないお花見スポットですし、見なければ絶対に『後悔』します。

一度は足を運びたい、一度見たら二度・三度と訪れたい絶景を、是非!ご自身の目でお確かめください。一番良い景色となるこの瞬間を逃さないでくださいね!

スポンサーリンク

新境川堤の桜(百十郎桜)にはこんな歴史が

新境川沿いの両岸には1000本もの桜の木が立ち並んでいます。それこそ、ずうーっとずうーっと桜で覆われている光景です。

対岸が非常に近くに感じる川幅ですので、桜のピンクに圧倒されます。

なぜこの地に1000本もの桜があるのか、その経緯を少しだけご紹介いたします。

遡ること1931(昭和6)年、現在の各務原市蘇原大島町出身の市川百十郎は、この地で歌舞伎公演を行っていました。

同じ年、洪水防止のための境川放水路(新境川)工事が終了しました。この工事で多くの人が命を落としていることを知った市川百十郎は、供養のために1000本ものソメイヨシノを寄付されたそうです。

翌年1932(昭和7)年にも、更に200本のソメイヨシノを寄付。合計1200本の桜が新境川の堤防に植樹され、地元の人に愛される名所となったのです。

ところが1941(昭和16)年の第2次世界大戦が始まると、物資不足のためにこの桜の木々は次々伐採されていきました。

戦争が終わっても尚、復興のための物資不足が続き、最終的に桜は数十本しか残らなかったのです。

その後、残った桜の木と那加町までを結ぶ区間に新たな苗木を植え、桜並木は現在のような風景へと姿を取り戻したのです。

1983(昭和58)年に『百十郎桜』と命名される他、冒頭でも触れました1990年には『日本さくら名所100選』に選ばれ、更に2003(平成16)年3月には『飛騨・美濃さくら三十三選』にも選ばれるという快挙を成し遂げました!

2008(平成20)年からは更に桜並木を延長させ、各務原市を桜で囲む『桜の回廊』を2012(平成24)年に完成させたのです。

その距離31キロメートルで、日本一を記録しています。

桜が開花し始めると屋台の出店もあって賑わう新境川堤の桜並木。レジャーシートを広げてお弁当もいいですけど、屋台が出現することによって地元の美味しいものが沢山食べられそうですね。

通りには車が少ないのでお天気の良い日だと、ひたすらに綺麗な桜を見ながらノンビリ散歩を楽しめます。

スポンサーリンク

また、桜観覧船の運行も開始されます。陸から見るのとはまた違った、水上からの景色も満喫できますね。

住所/岐阜県各務原市中那加門前町外
見頃/3月下旬から4月上旬

新境川堤の桜並木へのアクセス方法
【電車】名鉄各務原線の市民公園前駅下車、徒歩30秒くらい
JR那加駅下車、徒歩10分
【車】東海北陸道岐阜各務原ICより、約5分

桜まつり各務原市桜まつり 20万人の広場を開催

新境川堤のライトアップ状況

時間/日没~21:00
場所/新境川堤
期間/3月下旬~4月上旬(桜の見頃により)
陽が落ちると桜並木は、昼の顔から夜の装いに表情を変えます。
両岸にぼんぼりの光が灯され、幻想的な夜桜を演出します。夜の明かりは静かな水面に鮮やかに映え、一気に大人のムードが漂いますね。夜の景色に馴染んだ桜がライトアップで美しく浮かび上がります。

ライトアップって、本当に凄い技術だと思います。美しいものをより美しく際立たせ、私たちの心を掴んで離さないのですから。

新境川堤付近の駐車場情報

常時の駐車場
●市民公演第二北駐車場(168台)
●市民公演駐車場(340台)
●学びの森駐車場(153台)
駐車料金/最初の3時間まで無料・それ以降は1時間100円・最大料金600円
利用時間/24時間
※桜並木まで徒歩で約5~10分
臨時駐車場(土日のみ)
●那加中学校
●那加第二小学校
駐車料金/自家用車1台500円
※桜並木まで徒歩で約5~10分
遠方から観光バスにて訪れる観光客が多くいるほどの人気のスポットです。しかも、道路がとても狭いこともあり、渋滞に巻き込まれる可能性があります。

見頃の時期を迎えると臨時駐車場も含め、すぐに満車となってしまいます。

早めに行動することが得策と言えそうですが、駐車場に並ぶ車の中からでも桜を眺めることが出来るので、待ちの時間も有効に使えそうですね。

渋滞に巻き込まれることを考えると、やはり公共交通機関を利用することをオススメします。

新境川堤の桜並木のまとめ

岐阜県には日本三大桜以外にも、こんなに美しい桜並木があったのですね。

一本桜でも笑顔にしてくれるのに並木道になっているのですから、嫌なことも全て忘れさせてくれるでしょう。

桜が綺麗に見られる時期は限られています。

日本人は桜を愛でる民族ですので、この機会に見渡す限りの桜を眺めながら散策してみてはいかがでしょう。

休みの日でも、仕事帰りでも、桜はあなたを待ってくれています。是非足を運んで見てください!

4月に開催される『各務原市桜まつり』も合わせて楽しめますよ。
『岐阜県各務原市の桜祭りを今年も開催!新境川堤の百十郎桜1000本の花』参照

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする