庭に植えてはいけない木に桜が?縁起が悪いと言われる4つの理由!

こんな噂を聞いたことがありませんか?

 

『桜の木を庭に植えると縁起が悪い』と。

 

「え?」ってなりますよね。

 

桜の花は可愛くて綺麗で美しくて可憐で、多くの日本人に愛されている春定番の花のはずです。

 

それが・・・庭に植えてはいけないとは、一体どういうことなのでしょうか。

 

何も知らない人にとっては頭の中が『はてなマーク』が浮かんでくるのも当然ですが、実は、桜の木の知られざる真実を知れば、庭に植えてはいけない意味がはっきりとわかります。

 

繰り返しになりますが、桜の木は決して庭には植えてはいけないのです。

 

そこで今回は、なぜ桜の木を庭に植えてはいけないのか、その4つの理由をご紹介致します。

 

これから桜の苗木を買う予定にしていた人は、考えを改めることになるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

庭に植えてはいけない木に桜が?縁起が悪い理由① イメージが悪い

桜の花は、パッと咲いて、パッと散りますよね。

 

正にその様が、悪いイメージの根源だったのです。

 

しかも桜の散り際の花びらといえば色が褪せ、心変わりを意味するとされて、江戸時代中期頃まで言い伝えられ嫌われていました。

 

ですので、今でこそめでたい席では当たり前の桜湯や、桜の咲く季節の結婚も縁起が悪いとされていたのです。

 

桜は咲くイメージよりも、散るイメージのほうが強い花ですからね。

 

桜が華やかであれはあるほど、散り際の侘しさが、日本人の死生観と深く結びついて感じられていたのかもしれません。

 

病気のイメージとか、人の儚い命のイメージと重なるのでしょう。

 

また、戦争時代ではこのような言葉もあります。

 

『潔く散ってこい。咲いた花なら散るのは覚悟』

 

多くの若者が戦場に散ったことが桜とイメージと重なることからも、戦後も自宅の庭に桜の木を植えるのは好まれませんでした。

 

「転ぶ・つまずく」などと同じような意味あいで桜の木は、受験生がいる家庭にも好まれない傾向にあります。

 

しかし現在は、先程述べたように桜湯がめでたい席で出されるようになり、ご祝儀袋でも季節感から桜の描かれているものも見られるようになりましたよね。

 

パッと咲いてパッと散る、そのような悪いイメージから連想される風習は薄らぎ、桜の華やかさ・美しさの方に注目されるようになってきているのかもしれません。

 

庭に植えてはいけない木に桜が?縁起が悪い理由② 毛虫問題

桜の木には虫が付きやすいのは、ご存知の通りです。

 

人に対して無害の虫から有害となる虫まで、様々な蛾の幼虫やシロアリなどが大量発生します。

 

庭に桜の木を植えるということは、毎年大量の虫の被害に遭うということです。

 

布団も洗濯物も干せなくなります。

 

気をつけていても、いつの間にか部屋に侵入してきた毛虫が日向ぼっこしている姿を見ることになります。

 

玄関先に桜の木を植えようものなら、どんな大変なことになってしまうのか容易に想像がつきますよね。

 

そんな被害に遭わないための消毒や手入れが大変になるのは明らかで、業者にメンテナンスを依頼しようものなら毎年数万円もの駆除費用がかかるのです。

 

更に、桜の木は非常に病気になりやすく腐りやすい木なのです。

 

たった2週間くらいの見頃のためだけに引き換えにする代償は、あまりにも大きすぎますね。

 

縁起が悪い云々の前に毛虫の被害を回避するためにも、桜の木は庭に植えるべきではないということです。

 

庭に植えてはいけない木に桜が?縁起が悪い理由③ 土地問題

毛虫の被害もありますが、その問題を解決させたとしても桜の木にはもう一つ、大きな問題があります。

スポンサーリンク

 

それは、桜の木を植えると、その土地がやせると言われていることです。

 

土地の養分独り占め問題

どういうことかと言うと桜はものすごく養分を吸うことで有名で、一般家庭の普通の庭などに植えようものなら、土地が痩せて、他の木や植物が育たなくなるのです。

 

植木屋さんの話ですが、その桜の木が美しいピンク色の花を咲かせられるのも、ひとえに他の木の養分までをも奪い吸い取っているからに相違ないからと語り継がれているほどです。

 

養分を根こそぎ持っていかれては、周りに他の木を植えても育つこともなくなりますよね。

 

養分を求めて建物を破壊問題

桜の木の養分を求める生命力は、他の植物に影響するだけでは留まりません。

 

建物の近くに大きくなる可能性のある桜を植えてしまうと、木の成長とともに大きくなる根っこが家の基礎を持ち上げ、最終的には建物が傾くという危険性もあるのです。

 

「まさか」とお思いでしょうが、あながち冗談とも言い切れないのです。

 

公園や川沿いに花見に行って、根っこがあって歩きにくさを感じたことはありませんか?

 

広い歩道に植えられている木の根っこが張り出し、アスファルトや縁石が持ち上がってヒビが入っているのを見かけたことはありませんか?

 

「もっと深く植えていれば良かったんじゃないの」って思いたいところですが、違うんですよね。

 

桜の木の根っこは下に深く根付くのではなく浅いところを横に広く這って大きくなるので非常に厄介なのです。

 

最低限、桜として見られるような木にするためには、庭だけでも100坪程度のスペースが必要となってきます。

 

100坪といえば、テニスコートの一回り大きいくらいのスペースに相当します。

 

一般家庭で、テニスが出来るほど広い庭を所有するなんてことは、そうそう出来ることではありません。

 

こじんまりとした庭に植えられた桜の根っこは、家屋の基礎を壊し、塀をも破壊するくらいの力を持っているのです。

 

想像以上に桜が成長する問題

植えたての頃は他の植物同様に、手をかけて育てるので楽しいのかもしれませんが、桜の木は想像する以上に成長します。

 

枝が年々伸びてくると、他の植物の日当たりが悪くなります。

 

その枝を伝って、大量発生する毛虫が部屋に上がってきます。

 

しかし邪魔だからと言って、安易に枝を切ってしまうと切り口の傷となってしまい、そこから腐敗菌が入り込み枯れて腐ってくるのです。

 

病気になりやすいので桜の木は剪定が行いにくいし、広い庭でのびのびと育てないと見苦しくなるしで、宅地のような限られたスペースでは手に負えなくなってしまいます。

 

庭に植えてはいけない木に桜が?縁起が悪い理由④ 死体が埋まっている?

桜の根本には死体が埋まっているという話を、聞いたことがあるでしょうか。

 

桜は人骨を吸って育つと言われているため、墓地や戦場跡などに多くの桜の木が立っているのだそうです。

 

恨みを持った死者の魂を根っこから吸い取り、見事な花を咲かせるとも言われています。

 

桜の花から発散している香りの成分には、幻覚作用を引き起こるものがあるとかないとか。

 

そう言われてみる夜桜は、どことなく妖艶な雰囲気が漂っているようにも感じられてきますね。

 

庭に植えてはいけない木に桜が?縁起が悪いと言われる4つの理由!のまとめ

桜の木は、昔から縁起の悪い木として人々から忌み嫌われてきました。

 

その理由は桜の潔い散り方が、命の儚さをイメージさせたからです。

 

それに加え実際問題として桜の木につく虫の被害と、枝や根っこの張り出すことで建物が倒壊問題させられますし、剪定しようものなら病気にもなり腐敗する問題もあります。

 

花見の頃は美しく、自宅の庭の桜を愛でながら宴会というのも一興かもしれませんが、それにしても代償が大きすぎます。

 

どうしても桜の木を植えるなら、剪定ができる桜、大きくならない桜を選ぶようにすると良いでしょう。

 

「うちは最近植えたばかりだよ」なんて言う人は、今のうちに処分された方が良いかも知れませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする