父の日に贈る花の定番は?色々な種類の花束とプレゼントはセットにして!

父の日
毎年6月の第三日曜日は『父の日』ですよね。

5月の母の日に続いて、今度はお父さんに贈るプレゼントのことを考えると、何を贈れば良いのか悩む人が多いのではないでしょうか。

感謝はしているけど、何をプレゼントすべきかというところなんですよね。

母の日は毎年カーネーションを贈っているのだから、今年はお父さんにも花束を贈ってみようかな?と思っているあなた。

『花束をもらっても喜んでもらえないかも』なんて、考えていませんか?

大丈夫ですよ。お父さんはお花を贈られて嫌な気になんかなるわけがありません。

むしろ誇らしい思いをされるでしょう。

花束は勝者の証でもあります。

花束をもらうという非日常の出来事が『特別感』を演出します。

受け取った瞬間に大喜びするかもしれません。

もしかしたらそっけない態度を取るかもしれませんが、それは照れているだけです。

父の日にお花を贈って、お父さんに「ありがとう」を伝えましょう。

スポンサーリンク

父の日の花の定番といえば

花束を贈るのはいいけど、母の日みたいに決まって贈られている花ってあるのでしょうか。母の日にカーネーションを贈るのは有名な話ですよね。父の日って一体、どんな花を贈るのがふさわしいのでしょう。

父の日に贈られる定番の花は、ズバリ『黄色いバラ』です。

由来するのは、『日本ファザーズ・ディ委員会』が行っている『父の日黄色いリボンキャンペーン』と言われています。

黄色いリボンからのイメージで、花の色が決まり定着しました。

黄色には楽しさ・あたたかさ・幸福などの素敵な意味があるのをご存じですか?はつらつと働くお父さんのイメージにピッタリですね。

花の種類もたくさんある中で、何故『バラ』なのかというのも由来があります。

1909年、ワシントン州スポケーンに住むドッド夫人が、「母に感謝する日があるなら、父にも感謝する日があって当然だ」と声を上げ、この考えが広く知られるようになります。

ドッド夫人が敬愛していた父親の墓前に白いバラを供えたことがキッカケとなり、このことがそのまま定着し、父の日を象徴する花になったのです。

因みにドッド夫人の場合、彼女が幼い頃母親を亡くしたことで、父親がドッド夫人を含む6人の子供を男手一つで育ててくれたそうです。

スポンサーリンク

そんな父親が誇らしかったでしょうし、愛してやまない存在だったのです。

父親への感謝する気持ちは計り知れないものがあったに違いありません。そんな思いから『父の日』という日が誕生したのです。

日本での父の日には、『黄色いバラ』が贈られるようになりました。

しかし、黄色いバラの花言葉は『嫉妬』。もし花言葉を気にするお父さんなら黄色いバラではなく、赤いバラを贈る方がいいかもしれませんね。

父の日贈るのにふさわしい花の種類

ドッド夫人が、父親の墓前に白いバラを供えたことが由来しているバラですが、あなたのお父さんにドッド夫人は関係のない人物なので、そういった風習にとらわれず、お父さんの好きな花を贈ればいいのです。

あなたのお父さんはどんな花が好きですか?

百合が好きかもしれませんね。

夏を象徴するひまわりが好きなのかもしれません。

お父さんの好きな花がわからなかったら、あなたから見た『お父さんをイメージ』の色合いの花束やアレンジメントを作ってもらってもいいですね。

お店に直接行って、あなたのイメージする希望を伝えれば、色々なアイディアを出してくれたり、相談にも乗ってもらえたりしますよ。

比較的、イエローやグリーン系の花を提案されることが多いのですが、自分のイメージをしっかりと伝えるようにしてくださいね。

ただし、父の日の時期に仕入れられないお花もありますので、細かく指定するのは避けるようにしてくださいね。

父の日のプレゼントは花とセットで

花束だけを贈るというのは、どうにも気恥ずかしいものですよね。

その恥ずかしさを紛らわせる意味で、花束とは別にプレゼントをセットで贈る事をおすすめします。

話題のスイーツでもいいし、仕事で使えそうな名刺入れや小銭入れなどを贈っても喜ばれるでしょうけど、実は意外なもので、靴下やハンカチなど、日常に欠かせないアイテムの方が驚くほど喜ばれます。

使い込んでボロボロになるまで大切に使ってくれるので、『贈って良かった』と心から思えますよ。

父の日に贈る花の定番のまとめ

父の日贈られる定番の花は『黄色いバラ』です。

でも黄色いバラにこだわる必要はありません。お父さんが好きな花を贈るのが一番いいに決まっているのですから。

本文ではご紹介していませんが、『ひまわり』『あじさい』も父の日定番の花だそうですよ。ご参考までに!

そして忘れてはいけないのが、お花やプレゼントを贈ることではなく、そこにちゃんと『日頃の感謝の気持ち』が込められているかということです。

子供からプレゼントされるものだったら何でも喜んでもらえますが、気持ちがないものは何を贈られても嬉しくはないものです。

スポンサーリンク