夏の終わりの盆踊りには踊る理由があった!その起源と日本三大盆踊り


今年も盆踊りの季節がやってきました。

誰しもが一度は参加したことがある『盆踊り』

お盆の終わりの時期に町内会や自治会が中心となって、公園や広場にやぐらを組み、その周りを輪になって踊る、夏定番の踊り・・・というイメージがありますよね。

でも、この盆踊り。

何のために踊られているかご存知でしょうか。

実は単なる夏のイベントやお祭りの〆などではなく、ちゃんとした理由があったのです。

そこで今回は、盆踊りの起源や由来についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

盆踊りを踊る本当の理由・・・その1

盆踊りに『盆』と付いているだけに、お盆に因んだ行事であることは想像ができますよね。

お盆の時期というのは、故人や御先祖様の霊が家に戻ってくる期間とされます。

その霊を慰めるという意味を込めて踊られているのが『盆踊り』なのです。

これを『霊鎮め(たましずめ)』といい、御先祖様の霊を供養して再びあの世に送り出すための宗教行事の一つとなります。

そのため、お盆の終わりの15日の晩から16日の早朝まで賑やかに盆踊りをし、16日の盆明けに精霊送りをします。

盆踊りを踊る本当の理由・・・その2

盆踊りは御先祖様の霊の供養のためだけに踊られているのではありません。

もう一つの理由として、農作物の豊作を願うためにも踊られています。

豊作祈願は、豊作を願うと同時に自然の恵みに感謝する機会にもなります。

日本の伝統行事は、御先祖様の供養と自然への感謝が繋がっていることがとても多いといえます。

めでたい盆という意味も含むお盆には、自分の今を振り返り健康で過ごせることを感謝する日ともいえるでしょう。

盆踊りの起源(由来)とは

盆踊りの起源は、遡ること平安時代の中期になります。

浄土教の先駆者であった僧侶・空也(くうや)は当時、庶民に念仏を広めるための思案をしていました。

瓢箪を手に持って、節に合わせて叩きながら念仏を唱えるという工夫をすると、手軽に念仏が唱えられると考えました。

これが後の盆踊りのもととなる『念仏踊り』で広く世の中に知られるようになり、やがて盂蘭盆の行事と結びついて仏教行事の一つとなっていきます。

スポンサーリンク

念仏踊りは鎌倉の時代に入り、一遍上人(いっぺんしょうにん)によって全国に広められましたが、この頃になると仏教行事の意味合いが薄れ、民俗芸能として庶民に定着していきました。

人々は華やかな衣装を身に着け、振り付けや道具、音楽などを競うようになります。

江戸時代の初めには盆踊りは絶頂を極め、7月から10月まで連日連夜踊り明かしていたそうです。

日本三大盆踊りをご紹介

『西馬音内盆踊り』

秋田県雄勝郡羽後町西馬音内本町通りで、毎年8月16日~18日に開催

国指定の重要無形民俗文化財となっている。

『亡者踊り』という別名があり、顔を編み笠や黒い彦三頭巾で隠して踊るのが特徴です。

『郡上八幡盆踊り』

岐阜県郡上市八幡町内で、毎年8月13日~16日に開催。

1996年に国の重要無形民俗文化財に指定される。

明け方まで夜通し踊り続ける『盂蘭盆会』が有名で、観光客も一つの輪になって踊ることができるのが特徴です。

『阿波踊り』

徳島県各地の市町村で、毎年8月12日~15日に開催。

四国三大祭りの一つで400年の歴史がある

地域によって色々と変化し受け継がれた盆踊りですが、日本全国で行われている伝統行事です。

夏の終わりの盆踊りには踊る理由があった!その起源と日本三大盆踊りのまとめ

やぐらを囲んでエンドレスに踊り続け楽しいイメージがある盆踊りですが、実は故人や御先祖様の霊を慰め、再びあの世へと送り出すという思いが込められた踊りなのですね。

現在では、恥ずかしがって踊りに参加せずに眺めているだけという人が多くなりました。

輪の中に入っていくにはなかなか勇気が必要となりますが、今年の盆踊りは、御先祖様の霊に想いを馳せ、別れを惜しみながら踊りに参加されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク