数珠と念珠の違いと込められた意味とは?赤い石は葬儀に使えない?

数珠は通夜式や葬儀式などに参列し、お参りする時に使われるものですよね。

通夜や葬儀に参列する機会は一般的にはそんなにありませんので、実際に数珠を手にする回数も長い人生においてそう多くはないはずです。

しかし使用頻度が低い割に、いざという時に無くては困るものの一つとして代表されるのが数珠ではないでしょうか。

あなたの数珠もタンスの引き出しや喪服と一緒に大切に保管されていることでしょう。

さて、『数珠』に似たもので『念珠』という言葉を聞いたことはありませんか?

どこからどう見ても同じようなフォルムの、数珠と念珠。

何がどのようの違うのでしょうか。

そこで今回は、数珠と念珠の違いや込められた意味、そして葬儀にふさわしくない数珠の存在についてまとめました。

葬儀のための数珠に、使えないものって・・・何のために作られているのでしょう?

スポンサーリンク

数珠と念珠の違いとは?

数珠は、ご本尊にお参りする時に手にかけて使用されるものです。

一般的には煩悩の数と同じ108個の珠を繋いだもので、宗派によっては珠の配置や房などの形式が異なっています。

元々は僧侶が念仏の回数を記憶するため使っている法具ですので、『数を念ずる』『数を記す』ためのものとして数珠と呼ばれています。

それでは念珠とは何なのでしょうか。

実は数珠と念珠は同じものを指しており、呼び方が違うだけなのです。

正式名称が念珠とされていますので例えるなら、念珠が自動車数珠が車といったところでしょうか。

どちらの名称を使っても間違いではありません。

数珠の種類

数珠には『本連数珠』と『略式数珠』があります。

本連数珠は各宗派の正式な形の数珠で、108個の珠で組まれています。

これは、その宗派を信仰する人のみが使用することが許されている二重の数珠のことで、『正式数珠』とも呼ばれています。

信仰している宗派が臨済宗だとして、房が気に入らないからなどの理由で浄土真宗の本連数珠を持つことは出来ないということです。

しかし、ご自身の宗派以外の葬儀に参列することが出来ないということはありませんので、ご安心ください。

本連数珠は正式な数珠なのですから、宗派が違っていても葬儀に参列することは出来ます。

略式数珠は、基本的に宗派を問わずに使うことが出来ます。

珠の数も本連数珠から比べると少なく、108個の半分の54個構成のもの・3分の1の36個構成のものなどがあります。

本連数珠の108個を基準として、球数を減らして組まれています。

最近は多くの人が略式の数珠を持つようになりましたよね。

親戚関係の葬儀や法要では本連数珠を使用し、それ以外で略式数珠を使用するという使い分ける人も多く見受けられます。

色や石

色や石も種類が豊富にありますが、基本的には使用NGの数珠はありません。

女性の場合は水晶、男性の場合は白檀か黒檀と言った無難な鈍い色の数珠を選ぶと間違いないかと思われます。

仏具店に行けば色々な数珠がありますので、自分の好みのものやインスピレーションを感じたものを使って問題ありません。

宗派としてお寺の指導や地域性がそれぞれ違うでしょうから、僧侶や親戚などに相談されると安心ですね。

スポンサーリンク

数珠に込められた意味とは?

数珠は持ち主を守る厄除けとされ、一人一人の身代わりになってくれる仏具です。

神社でお参りした際に『お守り』を頂き、かばんや車に下げてはいませんか?

数珠も同じような感覚で、常に肌身離さず携帯するのが普通とされています。

粗末に扱ってはなりませんので持ち運ぶ際は、数珠専用の『念珠袋』に入れて房がぐちゃぐちゃにならないようにしてかばんの中に入れておくようにしましょう。

数珠が切れたら

数珠には一生物をと考える人もいるが、年数が経てば繋いでいる糸は劣化し切れてしまいますよね。

本来数珠は、人間の煩悩と同じ108個の珠を繋いで作られたものですので、その糸が切れるということは悪因縁が切れたことを表しています。

糸が切れる、あるいは切れそうになっている数珠を使い続けることは縁起の悪いことではありませんので安心してくださいね。

では、糸が切れてしまった数珠に悪因縁が切れたという意味があるなら、どのように処分すべきでしょうか。

数珠自体に、思い入れがあったり大切な人の形見だったりする場合は修理をして、再び使うことができます。

仏具店に依頼するか、ご自身で糸を購入して繋いでも構いません。

切れたことを良い機会にして、お焚き上げ供養し新しいものを購入しても構いません。

数珠は一生の内に何度が買い換えることを想定して、今の自分が欲しいと思う数珠、似合う数珠を手にしたら良いですよ。

数珠の赤い石は葬儀に使えない?

葬儀や法要で使えない数珠はありませんが、不向きとされる色が存在します。

サンゴなどの赤い珠の数珠です。

房まで赤いものもありますよね。

葬儀において赤い色は、血の色を連想させたりお祝いごとの色だったりとされているのでふさわしくありません。

しかし葬儀は悲しい儀式ある反面、仏弟子の新たなる門出・新しい生の始まりという意味として『お祝い』ともされています。

ただ様々な宗派の人が集まる葬儀では、使っても問題ない赤い数珠でも他人からすると『非常識だ』と言われ兼ねませんので、無難な色合いの数珠を使用するほうが良いでしょう。

※赤い房は、お寺の関係者でもお祝いごとの時にしか使わないと言われています。

赤い珠は葬儀のための数珠にするのではなく、日々時々の心乱さないためのものとして使用すると良いでしょう。

例え大切な人の形見だとしても、通夜や葬儀にはふさわしくないとされてしまいますので気をつけましょう。

数珠と念珠の違いと込められた意味とは?赤い石は葬儀に使えない?のまとめ

数珠と念珠の違いは呼び方だけで、基本的には同じものを指していることがわかりました。

葬儀の時に意味もわからずに握っていた数珠が、実は厄除けを果たしているとは・・・。

一本数千円程度で手に入りますので、早速購入し肌身離さず持ち歩きたいものですね。

これで突然の訃報が舞い込んできたとしても、「数珠を忘れた!」なんてことはなくなりそうですよね。

ご自身の宗派がわかるなら本連数珠を、わからなければ略式数珠を選べば間違いありませんね。

赤っぽいものは控えましょう。

クラック水晶は人工的にヒビを入れてキラキラさせた水晶で、すでに半分割れている状態です。

軽くぶつけただけでも欠けたり割れたりしてしまう恐れがありますので、仏具店で勧められても候補から外したい数珠です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする