お盆玉は迷惑!由来は何?いつから始まった?ふざけんなの声相次ぐ

ここ最近、お盆の時期になると、『おぼんだま』と書かれたポチ袋を見かけることがありますよね。

 

非常に聞き慣れない言葉ですが、皆さんはご存知でしょうか。

 

お盆玉とは『お年玉のお盆バージョン』とでも言いましょうか、里帰りしてきた孫や親戚の子供たちにあげるお小遣いのことです。

 

私たち親世代の小さい頃にはなかったお盆玉がじわじわと浸透し、全国的に流行りつつあるのです。

 

核家族化が進んだことで、年に何度も会えないおじいちゃんおばあちゃんにとっては、久しぶりに子供や孫たちに会えるお盆をとても楽しみにしていて、お小遣いをあげることに違和感がないのかもしれません。

 

しかし、甥や姪にまで上げる必要があるのでしょうか?

 

生活費を削ってまで・・・?

 

そこで今回は、どうして『お盆玉』という制度が始まったのか、そのルーツや全国的に知られるようになった原因についてまとめました。

 

是非とも参考になさってください。

スポンサーリンク

お盆玉は迷惑!由来なんてあるの?

確かに私たち親世代には『お盆玉』なんて制度はありませんでした。

 

一体どこのどなたが始めた制度なのでしょうか。

 

実は、お盆玉のもとになるやり取りが、海外ではなく国内に存在していました。

 

発祥とされるのは、江戸時代までさかのぼります。

 

山形県の一部地域では正月とお盆になると、奉公人(召使いの人)に衣類や下駄などを渡すという風習がありました。

 

これが昭和初期頃になると奉公人だけでなく、子供たちにまでお小遣いをあげる習慣へと変化していきます。

 

この時に渡されるお小遣いは50銭くらいだったと言われていますが、だいたい一日働いた分の日当に相当するそうです。

 

これが、お盆玉のもとになったのでした。

 

お盆玉は迷惑!いつから始まった? 生まれたキッカケ

私もお盆にはおこずかいとして、数百円のお金をもらったことはあります。

 

でもそれを『お盆玉』とは言いませんでした。

 

お盆玉という言葉が生まれたのは、2010年のお盆でした。

 

株式会社マルアイという企業が、夏の風物詩をデザインした『おぼんだま』ポチ袋を製造販売し、商標登録されたことで存在するようになったのです。

 

株式会社マルアイとは、紙製品の文具などを製造している企業です。

 

2010年、無事に商標登録を済ませた株式会社マルアイだったのですが、発売当初は惨憺たる結果だったそうです。

 

「なぜお盆にまでお小遣いをあげなきゃいけないの?」

「余計な風習を作るな」

 

世間の強い拒絶反応と、小売店からの好意的とはいえない反応に、お盆玉ポチ袋は全く売れなかったのです。

 

それでも株式会社マルアイは諦めませんでした。

 

「仮に3年間続けてみて、それでも結果に結びつかなかった時は潔く撤退する」と、いささか諦めモードではありましたが、(株)マルアイの社員は耐える期間を設けたのです。

 

そして、耐えに耐え忍んだ3年後の2013年、ついに実を結ぶ転機が訪れます。

 

「お盆玉袋を置いていませんか?」

 

商品を取り扱っていた郵便局に、問い合わせが複数寄せられるようになったのです。

 

このことがキッカケとで翌年の2014年、全国の郵便局で『おぼんだま』ポチ袋が窓口に並ぶようになり、一気に知名度を上げたというわけです。

 

スポンサーリンク

お盆玉は迷惑!ふざけんなの声相次ぐ

もらう子供は嬉しい限りですよね。

 

正月・バレンタイン・ひな祭り・ゴールデンウイーク・こどもの日・お盆・シルバーウイーク・ハロウィン・クリスマス・誕生日などなど、一年を通してイベントが盛りだくさん!

 

お小遣いやプレゼントや豪華な食事が出来るのですから、大喜びするに決まっています。

 

それに比べて、提供する親の方は?

 

共働きして、必死で毎日をやりくりしているのに、そんな余裕はありませんよね。

 

こうして目新しいイベントをひとつ、また一つと増やされたら溜まったもんじゃありません。

 

否定的な声

「これ以上の出費の機会を増やさないでほしい」

「(甥や姪に)いつもあげるばかりで、お返しも何もない」

「要らん風潮。風化することを切に願う」

「帰省する費用だけで精一杯。甥や姪にあげるお盆玉など余裕はない」

 

年金暮らし・独身の社会人・子供がいない夫婦などからは強い拒否反応を示す声が多く上がっています。

 

こんな切実な声も上がっていました。

 

「自分以外の親兄弟が親戚の子供たちにお盆玉を配っているから、あげなかったらケチ扱いされる

 

それは困りました!

 

マジで、一大事です!

 

しかしお盆玉を渡すことは、別に義務というわけではありませんので、はっきり言ってあげる必要はないのです。

 

しかし子供は正直なので、感じたままを素直に口にしてしまいますよね。

 

このような場合は、家族同士でしっかりと話し合わなければなりません。

 

そもそもお盆とは故人や御先祖様の霊を慰め供養する行事で、金銭のやり取りをする日ではありませんので、勘違いをしないようにしたいものです。

 

とはいうものの、お盆玉は否定されるだけでなく、実は称賛される声も上がっているのも事実です。

 

肯定的な声

「いままでと違って、おぼんだま袋に入れるだけで格好がつく」

「おぼんだま目当てでもいいから、孫に会いに来てほしい」

「お盆で帰った時におぼんだま袋にお金を入れて渡したら、これまで断固として受け取ってくれなかったのに面白がってもらってくれるようになった」

 

生活に余裕のある祖父母や、里帰りをした時にお金を渡したい場面で、お盆玉は役に立っているようですね。

 

お盆玉は迷惑!由来は何?いつから始まった?ふざけんなの声相次ぐのまとめ

お盆玉は、景気が不況な時にぽっと湧いて出たお金がかかるイベントなだけに、渡す側としては本当に厄介であまり気持ちの良い習慣とはいえません。

 

しかし一部の人はお盆玉を上手に使用することで、お金のやり取りが上手く言っているのも事実です。

 

要するに考え方次第で、ちょうどいい親戚づきあいが出来ると言えるのではないでしょうか。

 

あげる場合のお盆玉の相場・・・といっても、お盆玉が誕生してまだ日が浅いので、特に決まりはありません。

お年玉と同じ額かそれよりも少なめが一般的です。

 

小学生・・・1,000円~3,000円

中学生・・・3,000円~5,000円

高校生・・・5,000円~10,000円

 

お盆玉は、必ずしもあげなければならないというものではありません。

 

「現金を渡さなければならない」と思うから、気持ちが収まらずモヤモヤしてしまいます。

 

なので、現金の代わりに、本や図書カードやおもちゃなどを渡すという方法もアリですよ。

 

おじちゃんおばあちゃんのあげるお盆玉は、久しぶりに孫に会えたという喜びの象徴です。

 

まだまだ知名度が低いお盆玉制度ですが、この数年の間には浸透し定着しているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする