年賀状が溜まる!処分する?でも捨てられない!そんな時は整理アプリ

年賀状
新しい年を迎えると多くの知り合いや友人・遠方の親戚などから届く年賀状。年賀状は送った数だけ自分にも送られてくるものです。

嬉しいものですよね。年賀状だけの付き合いになったとは言え、一年に一度その人の近況などが知れて、ずっと繋がっているという証になるのですから。

でもその届いた年賀状をタンスの引き出しやダンボールにひとまとめにして、読み返されることなくいつまでも眠ってはいませんか?

毎年同じ枚数・・・いえ、もしかしたら毎年新しい知人が増え、年賀状の枚数もむしろ増えている可能性もありますよね。

そこで今回は、届いた年賀状の処分方法・保存方法についてまとめてみました。
是非参考にしてみてください。きっとお役に立てると思います。

スポンサーリンク

年賀状は処分する?

結論から言うと、届いた年賀状は読んでしまえば役割を終えますので、捨ててしまっても問題はありません。

保管しておきたい気持ちは分かります。差出人があなたを思って、あなたのために書きポストに入れたメッセージですから、そう簡単に処分なんて出来ませんよね。

しかし取っておいたとして、果たしてその年賀状はあなたの生活を潤してくれるものでしょうか?

いいえ。過去を振り返り懐かしむ事は出来たとしても、あなたの未来にはなんら価値はないのです。

風水の話をします。
風水の観点から年賀状や手紙は、取っておくと若さや仕事運に影響が出るそうです。年賀状は届いた年の春分の日までには処分する方が未来は明るいと言えます。

流石に、読んですぐ処分は忍びないでしょうから、最低でも2年以上昔のものは処分するようにしてください。

一言で『処分』と言っても、宛名面には自分と相手の住所や氏名、電話番号が書いてありますよね。これらは立派な『個人情報』になりますので、当然ながら配慮が必要です。

一番確実で安全な方法は『シュレッダー』にて粉砕することです。手動よりも電動の方が疲れなくて良いですし、なにより躊躇わず一気に粉々にしてくれるので便利です。

『個人情報保護スタンプ』と言うものがあります。宛名面をスタンプで消すことが出来ます。文字が読み取れない程度にスタンプする必要があります。

新聞紙に包んでガムテープでグルグル巻にして燃えるゴミに捨てるという方法もあります。

正月、玄関先に飾り付けていたしめ縄を『どんど焼き』に出していませんか?しめ縄と一緒に焼けば、神聖な炎で燃やす感覚になります。

チェック届いた年賀状を郵便局で回収する『回収箱』は、随分昔に存在していましたが、現在そのようなサービスは行っていませんので、自身で処分する必要があります。

年賀状が捨てられない

捨てた方が良いと分かっていても捨てられないという人がいますが、あなたもそうですか?

そうですよね。親戚や友人の結婚報告や子供の成長などの写真が入っていれば尚更です。

そんな時には、年賀状に対する『自分のルール』を決めると良いですよ。決めた以上は必ず実行しなければなりません。

スポンサーリンク

例えば『過去3年分のみ取っておく』

だいたい3年分くらいの量ですと余計な場所を取らない程度に減りませんか?3年分は取っておいて、年末の大掃除の時に、古いものから順番に捨てていけは良いのです。

例えば『写真入りの年賀状のみ取っておく』

写真入りやデザインが綺麗なものは捨て難いものです。あなたが「これ、いいな。残しておきたいな」と思うものだけを厳選してコレクション感覚で手元に置いておいても良いでしょう。はがきホルダーにスッキリ収納して大切に保管することが出来ます。

例えば『喪中はがきだけ取っておく』『結婚報告・出産報告を兼ねたものを取っておく』

えっ?喪中はがき?と、思われるかもしれませんが人間は時間が経つと、昨年喪中だったのか、誰がなくなったのかなど分からなくなります。
同様に、いつ結婚したのか、子供が生まれた時期や名前などもうっかり忘れてしまいがちです。
いざ年賀状を書こうとした時に、相手の情報となるものがあれば、会話が噛み合わなくなるということを避ける事が出来ますね。

手元に残しておく年賀状を、輪ゴムでひとまとめにしていると、それこそただ保管しているだけで味気ないですよね。そこで一手間加えて冊子風にまとめてみませんか?
作り方はとても簡単です。

① 年賀状を年代別や友人別などに振り分けます。(振り分けはあなたの都合の良いように)
② はがきサイズの厚手の用紙で『表紙・裏表紙』を作ります。
③ 年賀状を『表紙・裏表紙』でサンドイッチします。
④ 背表紙に当たる辺でキレイに揃え、ズレないようにクリップで止めます。
⑤ 布テープを表紙→背表紙→裏表紙と貼りつけていき、完成です。
背表紙は布テープに一辺だけでくっついた状態ですが、強く引っ張らない限り取れることはありません。

年賀状を整理するために開発されたアプリ

せっかく頂いた年賀状を無下に扱えない・・・かと言って、取っておいたら邪魔になる。でも捨てられない。
と、変なスパイラルにハマってはいませんか?

大丈夫です。全てを取っておきたいあなたに朗報です。年賀状を整理するアプリが出来てますよ。

もうデータ化して保存するのが一番手っ取り早いです。以前はスキャンしてフォルダにまとめて保存するのが一般的だったでしょうが、今はアプリにお任せです。その名も『カシャポ』

カシャポは利用料が無料で、年賀状をスマートフォンで撮影するだけで住所録を作成してくれます。(2~3日かかる)

住所録も作成出来て、年賀状の写真やメッセージが保存されるので、いつでもどこでも読み返したい時に楽しむことが出来ます。

年賀状の処分と保存方法のまとめ

如何でしたでしょうか。

年賀状の取り扱いに決まりはありません。自分のルールに則って処分なり保管なりすれば良いのです。

写真が入っているからと言って魂が宿っているような事は一切ありませんので、安心してください。

年賀状を作成している相手も、処分されることを前提に作っていますものですよ。

ただし、個人情報だけはしっかり守ってください。名前・住所・顔写真などはわからないようにするのがマナーではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする