お中元のお返しって必要?困ったときの対処法を伝授|常識とマナー

お中元を頂いた場合のお返しについて悩んだり、困ったりしたことはありませんか?毎年のことですので、上手に対処出来るようにしておきたいものですね。
お中元は贈って下さる方の『日頃の感謝の気持ち』を形にして表したものです。ですので、贈られる側は特にお返しをしなければならないということはありません。というのが常識とされています。

しかし、現在では『お世話になっている』の意味合いが広がり多様化しています。目上の人だけではなく、友人にも『いつも迷惑をおかけしています』の意味を込め、贈る人が増えてきました。やはり気にかけて頂いた方には心のこもった対応をしたいです。

そこで今回は、お中元を頂いたお返しの対応についてご紹介いたします。お品を贈る場合・贈らない場合のマナーと細かい注意点を書きますので、ともご参考になさってください。

スポンサーリンク

お中元を頂いたら

必ずしもお返しをする必要はありませんが、お礼の気持ちを表すのがマナーというものです。貰いっぱなしにしてはいけません。
一般的には、間を置かずに『お礼状』を出して品物を頂いたことと感謝の気持ちを伝えます。このお礼状を送るか送らないかで「この人は非常識だ」と思われ兼ねません。お礼状を送ることは覚えたおいた方が良いでしょう。

お礼状の例文(どなたあてにも使える基本のお礼状です)

お礼の言葉
●この度ご丁重なお中元のお品をお贈り頂き、誠にありがとうございました。
●この度は結構な品をご恵贈賜りありがとうございました。
●この度は結構な品をお贈り頂きまして、ありがとうございました。
●この度はお中元のお品をお贈り下さいまして、厚く御礼申し上げます。
●この度は丁寧なお心遣いを頂き、誠にありがとうございました。
拝啓 暑さ厳しき折、〇〇様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
お陰様で私たちは皆、元気に過ごしております。

スポンサーリンク

さて、先日より丁寧なお心遣いを頂き、誠にありがとうございました。
いつもながらのご芳情に厚く御礼申し上げます。
暑さはまだ続くようですが、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

略儀ながら書面にてお礼申し上げます。ありがとうございました。

敬具

平成○○年○月○日
氏名

お礼状だけではなく、どうしてもお品をお返ししたいということであれば、お中元を受け取って少し時間を空ける方が良いです。この場合は、お中元の時期を過ぎますので、表書きには『暑中見舞い』『残暑見舞い』と書きます。目上の人にお返しする場合は『暑中御伺』『残暑御伺』とすると印象がとてもよくなります。

お中元のお返しは、頂いた品物の半額程度のお品にとどめるのがマナーです。これは半返しという考え方で、お祝い事にもあてはまります。頂いたものよりもやや安めをお返しする方が相手に負担に思わせずに受け取ってもらいやすくなります。

頂いた品物よりも高額のものをお返しすると『次からは贈って頂かなくて結構です』という意味を含ませる可能性があります。相手によっては気分を害されることもありますので、十分に気を配ってお返しのお品を選ぶようにしましょう。
また、お品だけを贈るのではなく、一緒にお礼状を添えると常識のある人だと思われます。

まとめ

お中元のお返しは義務ではありませんが、相手に好意を受け取り『お気遣いいただきありがとうございます』という気持ちをお礼状で伝えることが大切です。贈る側も贈られる側もマナーをもって、相手に喜ばれる中元行事にしたいですね。

お中元の由来と贈る範囲についの記事はこちらです。

お中元の贈る時期を地域別にまとめている記事はこちらです。

スポンサーリンク