インフルエンザの時に襲う関節痛の原因!いつまで痛い?和らげる方法とは

インフルエンザによる関節の痛み
インフルエンザウイルスに感染すると、決まって関節が痛くなります。

一度でもかかったことのある人には分かって頂けるかと思いますが、「関節が痛い」と気付いた半日後には自力で起き上がることが出来ないくらいにまで悪化してしまいます。

全身の関節と筋肉が痛い上に高熱が出るので、着込んでも着込んでも寒くて震えますよね。

しかし何故、必ず関節が痛くなるのでしょうか。

それには深いわけがあったのです。

そこで今回は、インフルエンザウイルスに感染するとなぜ関節が痛くなるのか、その原因といつまで痛みが続くのか。そして、その痛みを和らげる方法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザを発症した時の関節痛の原因はコレ

インフルエンザの代名詞となるのが『関節痛』ですよね。皆さん口を揃えて「節々が痛くなった」と言われます。

インフルエンザウイルスが侵入すると、私たち人間の体の中では何が起きているのでしょうか。

インフルエンザの感染経路は、『飛沫感染』と『接触感染』となります。

感染者のくしゃみや咳に乗って放たれたインフルエンザウイルスは、健康な人の呼吸によって体内に侵入します。ウイルスが粘膜に接触することで感染ということになります。

こうして無事に感染することに成功したウイルスは、細胞の増殖機能を利用してどんどん増えていきます。

一方、私たちの体もウイルスの増殖に手をこまねいて見ているわけにはいきません。インフルエンザウイルスに対抗すべく、免疫細胞が活発に活動し始めます。

すると、血液に含まれる白血球から『サイトカイン』という物質が作られます。

この『サイトカイン』は、免疫システム細胞により感染症の防御反応として生産されるたんぱく質のことをいいます。ウイルスの侵入を脳に伝える大切な役割があります。

体を守るために生産されるサイトカインですが、過剰に分泌されると『気道閉塞』や『多臓器不全』を引き起こします。呼吸困難を起こしたり、臓器が活動不良になったりすることをいいます。

体を守るために呼吸困難になるなんて困りますよね。

スポンサーリンク

そこでサイトカインの過剰生産を抑えるために一緒に生成されるのがホルモンに似た働きをする『プロスタグランジン』という物質です。これこそが全身の痛みのもとになっていました。

プロスタグランジン(PGE2)の働きというのが、熱に弱いウイルスをやっつけるために発熱と痛覚伝達作用があります。リンパ球を活性化させ、ウイルスに増殖を防いだり免疫反応を高めたりします。

高熱であればある程、関節の痛みは強くなります。全身の痛みは、免疫細胞がインフルエンザウイルスとの死闘を繰り広げている証拠ですね。

インフルエンザで引き起こした関節痛はいつまで続くの?

免疫細胞とインフルエンザウイルスの戦いは長く感じます。

期間としては、インフルエンザを発症してから約3~7日くらいかかるということを目安にしてください。

発熱と痛覚伝達作用は連動していますので、熱が引いてくると、関節の痛みも徐々に落ち着いてきます。

ただし、インフルエンザの症状が落ち着いているのに関節の痛みが引かない場合は、インフルエンザとは別の病状の表れかもしれません。痛みが一週間以上続くようなら自己判断はせずに、早めに病院を受診するようにしてください。

インフルエンザの関節痛を和らげる簡単な方法とは

インフルエンザによる関節痛は、体の免疫機能によるものだということがわかりました。

痛みの原因は発熱による副作用の炎症ですので、冷やすことにより痛みが軽減されます。痛みがひどい部分を、保冷剤やアイスノン、濡れタオルなどでゆっくりと冷やすようにしてください。

冷やしても痛みが引かない場合は、通常よりも炎症がひどいと考えられます。

解熱鎮痛剤を用いることが効果的といえますが、インフルエンザ時に使用するとインフルエンザ脳症などの合併用を引き起こすことがあります。

市販の解熱鎮痛剤を使用せず医師の判断を仰ぎ、薬を処方してもらいましょう。

インフルエンザ時の関節痛の原因のまとめ

関節の痛みとは、インフルエンザウイルスが悪さをしている痛みだと思っていましたが、実は既に感染したウイルスと免疫細胞が戦っていた証だったのです。

インフルエンザウイルス自体、媒体である人間を苦しめるつもりはありません。媒体を死に至らしめてしまったら、自分も『増殖する』という目的が達成出来なくなるのですから。

痛みは、外から侵入してきた異物を排除するための、防衛反応だったのです。

インフルエンザウイルスに感染しないように日頃からの予防と、感染してしまったら速やかに医師にかかることで、アノ痛みを最小限に抑えられますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする