水分不足が引き起こす脱水症とは|その症状と予防・対処法を事前に知ろう


陽気な春も終わり、初夏を迎えました。これからだんだんと暑くなってきますね。
汗をかいたら、しっかりと水分補給していますか?水を飲まないと危険な脱水症状に陥ってしまうことは知っていても、具体的にどのような症状が出るものなのか知らないという人は多いのではないでしょうか。
脱水症は早めの対処と予防がとても重要になります。スポーツ時の発汗だけでなく、気温や乾燥など様々な要因によって、季節に関係なく起こりうる症状と言われています。

そこで今回は、水分だけではなく体に必要な成分も失ってしまう脱水症の症状や予防・対処法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

脱水症状とは

体に含まれる水を『体液』と呼びます。体液は体の60%を占める水分、電解質(ミネラル)、タンパク質などで構成されおり、生命維持に関わる様々な役割を果しています。
脱水症は、何らかの要因で体の水分と電解質の一つであるナトリウム(塩)が不足している状態を言います。
誤解をされている人が多いのですが、脱水症は単に水分が不足しているだけではありません。脱水症は『体液』が失われた状態を指しますので、体から水分と電解質が同時に失われた状態のことを言います。
従って脱水症とは、●発汗などで体液が失われた場合(out)と●体液の供給が不足している場合(in)に生じます。

タイプ別脱水症の症状

脱水の種類は水分とナトリウムの損失に関係して三つに分けられます。

低張性脱水(体液の浸透圧が低くなるタイプ)

水分より電解質の方を多く失い、体液が薄くなった状態を言います。
大量に汗をかいて血液中の電解質を多く失っているのに、電解質濃度の低い飲料や水・お茶などを大量に飲んだ時におこります。
初期には自覚症状が少ないため進行すると、だるさ・眠気がみられるようになり脈拍が弱くなります。

スポンサーリンク

等張性脱水(体液の浸透圧が正常なタイプ)

水分と電解質が体液と同じ割合で失われた状態を言います。
下痢や嘔吐のように体液を一気に喪失してしまう時におこります。口渇感から水分だけを取り電解質補給をしないことが多いため、低張性脱水に変化しやすいといえます。

高張性脱水(体液の浸透圧が高くなるタイプ)

体内の水分だけが大きく不足する状態のことを言います。発熱・口渇感を伴い、口などの粘膜が乾燥します。脈拍はしっかりとしており意識も保たれますが不穏・興奮状態になります。自力で水分補給が出来ない乳幼児・高齢者が発症しやすいです。

脱水症の予防

脱水症を起こさないための予防とは、水分補給と電解質(ミネラル)補給です。

水分補給

こまめに水分をとるようにします。就寝前・起床時・入浴前後・運動の前後と運動中・飲酒後は、必ず水分をとりましょう。
運動をしていなくても、汗や呼吸から一日2リットルの水分を輩出していますので、しっかりと水分補給をしましょう。

ミネラル補給

水分だけを補給していると自発的脱水という症状を起こすことがあります。大量の汗をかいたときに水分だけを補給することで、血液中の塩分が薄まり「これ以上の水はいらない」という指令が脳から出てしまいます。すると体は体液の濃度を元に戻そうとするために水分を体外に排出してしまうので、結果的に脱水症を引き起こすことになるのです。ミネラルの補給を忘れずにすることが大切です。

脱水症の対処

脱水の軽い症状が現れた時は、冷たい経口補水液で水分と電解質を補いましょう。ゆっくり飲むようにします。10分~20分程安静にすることで症状は治まってきます。
しばらくしても回復しない場合や症状が重い場合は病院へ行きましょう。

まとめ

かたが脱水症、されど脱水症です。
脱水症状をおこすと、酸素や栄養素がうまく体内に行きわたらなかったり、老廃物を輩出出来なくなったり、体温調節がうまく出来なくなったりします。治療を怠ると命に関わることもあるので、日頃から水分補給を十分心掛けましょう。

スポンサーリンク