花粉症にマスクは効果的?おすすめの3選はコレ!洗えるマスクは経済的

花粉症にマスク
花粉の飛散する時期が遂にやってきます。

今年も、あの小憎い花粉が私の鼻を、そしてあなたの鼻をめがけて飛んで来るのです。

『やめてーーっ!』

ひと度花粉が体に入ろうものなら・・・、『くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ』の一斉攻撃!

正に恐怖!

そうなってしまったら仕事や勉強どころではなくなりますよね。

生きていくために必要不可欠な呼吸するだけでも、滝のような鼻水が流れてきます。息を止めてみても、それは無駄な努力・・・。

くしゃみも連続して出るから「それギャグ?」なんて、笑われます。こっちは泣きたいくらい困っているのに。

もうこれ以上、花粉の好き勝手にはさせるわけにはいきません!

「ええい花粉共。これで侵入経路を塞いでくれるわ!」花粉症患者さんの必須アイテム!マスク!!

そうです。今回はマスクの正しい着用方法をおさらいして、それでも症状が出る人に花粉カット率の高いマスクをご案内します。

正直コレ、本気で欲しいと思いました。

スポンサーリンク

花粉症にマスクの効果はいかほど?

花粉症にはマスクが欠かせません。しかし『マスクつけても効果ない』って声、良く耳にします。

それ、ちゃんとポイントを押さえて着用していますか?

ただ口元当たりに置いているだけだと、全然効果はありませんよ。

性能を活かしていないマスクの仕様例
●マスクから鼻が出ている
呼吸のたびに花粉を吸っちゃってます。

●マスクを顎に引っ掛けている
小顔効果に抜群でしょうが花粉は遮れません。

●プリーツを伸ばさないまま口と鼻を覆う
口と鼻を覆っているから一見正しく使ってるように思えますが、顔とマスクの間に隙間が出来ているのでつけていないのと同じです。

正しく着用すれば、安価なマスクも花粉をしっかりカットしてくれます。

『花粉症にマスクは無意味?!どんな製のがあるの?選び方と正しい付け方』参照

花粉症に適するマスクのおすすめ3選

しかし花粉症の症状が強く出ている場合は、いくら正しい付け方でマスクを使っていても辛さが和らぐことがないかもしれません。

花粉症初心者の場合は不安になっているかもしれません。

そんな時は『花粉対応マスク』に切り替えていきましょう。

花粉がマスクの内側に入り込まないように設計されていますので、正しくマスクを使いこなせば高確率で花粉をカットしてくれます。

① 絶対的なポイントはマスクが顔のサイズにジャストフィットしていることです。と、言うことは、大きすぎても小さすぎてもいけません。
サイズが合っていないとどうしても隙間を作ってしまい、そこから花粉の侵入を許してしまうことになるからです。

旦那さんや彼氏さん、お父さんのマスクをこっそり使っても、あなたの顔に合っていなければ意味がありませんので、注意してくださいね。

② 長時間触れているものなので、肌の負担にならないようなマスクを選んでください。小さいサイズのマスクだと、紐が短く耳が痛くなりやすいことがあります。

③ 花粉がPM2.5レベルに細かくなる場合がありますので、『花粉対応マスク』よりも『ウイルス対応マスク』の方がいい場合があります。検討してみてください。

おすすめしたいマスク3選

三次元プレミアムマスク

5層構造ということで高機能です。マスクがキャッチした表面にある菌の増殖を抑えてくれ、ウイルスを99%カット。

スポンサーリンク

柔らかく肌触りと保湿力が人気です。口元空間があるので息苦しさを感じさせません。

耳も痛くならないのでつけていることを忘れるほどです。

プレミアムを名乗るほどのことはありますね。納得の使い心地です。

超立体シリーズ

立体構造で顔にピッタリフィットします。花粉やウイルスの侵入を殆どカットします。

ピッタリフィットなのに、マスクが口に張り付くことがなく呼吸が楽に出来ます。

長時間着用しても耳が痛くならない設計に改良されていますので安心して使用できます。

もちろんウイルスまでもを99%カット。心強いマスクといえます。

快適ガードプロ

鼻あての部分がワイヤーではなくスポンジになっているので隙間が出来ません。メガネをかけているとその効果に気づくはずです。

密閉度が高いのに圧迫感がないマスクで口にくっつきません。

とにかく一日中つけていても耳が痛くならないというのが非常にポイント高いです。

どれも、肌触り・耳が痛くならない・ウイルス99%カットと、謳っているのは似ていますね。

あとはあなたの付け心地や使い心地が決め手となります。

花粉症マスクにもなる洗える医療用

どれも花粉を撃退すべくアイディアが詰まったマスクに仕上がっていますが、使い捨てとなるとどうしても経済的にかなりの負担になりますよね。

そこで、洗えるマスクを発見しました。ご存知でしたでしょうか。

その名の通り、石鹸などで洗って繰り返し何度も使えるという優れものです。しかも経済的!

以前、ネットで洗って何度も使えるマスクを購入したのですが、これはただの布を縫い合わせたものでした。
当時は花粉症やウイルス対策が目的ではなかったので素材にこだわっていません。
しかしこのマスクがフリーサイズだったため、耳にかける紐が短く設計されていたのでしょう。使い始めて3時間が経過したところで、グルグルと目が回り、頭が重く、胸がムカつき吐き気がするという事態に陥りました。
たった一度で使い物にならなくなったという、苦い思い出しかない『洗えるマスク』
遂に本物と言っても過言ではない『洗えるマスク』に出会いました。
エバーマスクです。歯科医院や給食センター、精密機械工場で使われていると言うだけで信用できます。

一枚の平面マスクですが、スポンジで出来ているのでピタッとフィットします。そして、通気性に優れており蒸れにくく・呼吸がしやすく・メガネが曇りにくいと評判です。

向こうが透けるくらいの薄さなのに防塵力が強いので、花粉やホコリをシャットアウトしてくれます。

ただひとつの難点が、インターネット購入でバラ売りされていないことです。一箱50枚入っているので、一人で使う場合はかなり長持ちします。

同じような素材でピッタマスクがあります。ピッタマスクはエバーマスクと違って、ドラッグストアや量販店などで購入が可能なマスクです。洗って何度でも使えるが、マスクが黄色くなってくると取替時期になります。3回使っても花粉のカット率を落とさず99%を維持するという優れもの。肌に優しく付け心地が快適です。

花粉症にマスクは効果的?のまとめ

マスクは必ず、あなたの強い味方になってくれます。

しかし、どんなに性能が高いマスクでも使い方を間違えてしまえば効果は期待できません。

顔にフィットするもの
顔とマスクの間に隙間を作らないこと
自身で使ってみて使いやすいもの

スポンジ素材の洗えるマスクは洗ってもすぐに乾いてくれるので、取り替えたい時にいつでも清潔な状態に出来ます。

女性は化粧が取れるという心配も軽減されそうですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする