年賀状のやりとりをやめたい!辞退宣言の重要性と本当に不要なのか?

年賀状
年賀状って、そんなに大切なものなのでしょうか?

何かと忙しい12月の時期に作成する年賀状は、本当に必要なものなのかと多くの人が疑問視しています。

そもそも何のために年賀状を送り合っているのですか。

新年の挨拶は新しい年を迎えて「まぁまぁ、あけましておめでとうございます。昨年は色々とお世話になりましたね~。今年はどんな年になりますことやら(笑)」と話に花を咲かせ、相手が元気であることを確認しながら世間話をしたら良いのです。ひとしきり喋ったら「今年も宜しくお願いします~。ではまた~」と挨拶を交わせば事足りるはずなのです。

それを、何分もかからない距離に住みながら、『謹賀新年』と書かれた年賀状をわざわざ買ってきて、いそいそと宛先・差出人をプリントアウトしてポストに投函・・・。

ポストまでの距離を考えると相手宅の郵便受けに直接入れた方が早い人だっていますし、疑問に思いながらも出した年賀状に対して返事をしてくれない人もいます。

「儀礼的な年賀状だったら意味ないし、いっそ止めてしまいたい!!」って思っていませんか?

そこで今回は、年賀状がどんな役割を果たしているのかを再認識した上で、今後の年賀状の辞退の仕方と本当に不要なのか、についてまとめてみました。よろしければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

年賀状のやりとりをやめたい

年賀状は新年に送られる挨拶状でありながら、結婚や出産といった節目の報告にも用いられとても便利なはがきです。

昨年中お世話になった人への感謝の気持ちを表し、新年も変わらないお付き合いをするために送り合う年始の挨拶状ですよね。

でもこれって、相手の手元に届いて新年の挨拶をお伝えした時点で、年賀状は役目を終えます。役目を終えた年賀状は・・・相手の気持ちにもよりますが、ダンボール箱やタンスに引き出しに大切に仕舞われるか、シュレッダーに掛けられゴミに出されるかです。どちらにせよ再び読み返されることは殆どありません。

これだけネットが普及した現代に儀礼的な年賀状を送り合うくらいなら、LINEやメールで新年の挨拶を交わした方が、どれだけ有意義な年末年始になるでしょう。忙しい12月の時間を年賀状作成に費やす価値はどれくらいあるのでしょうか。

年賀状作成という事務作業をなくしてしまえば、浮いた時間でどれだけの事が出来るでしょうか。

そもそも年賀状の始まりは、相手の住まいが遠方ということで新年の挨拶を直接交わすことが叶わないので、挨拶状を送るようになったというものです。

ご近所さんに送る年賀状こそ、出す必要性は薄いと感じられます。

年賀状を辞退するには

煩わしく感じる年賀状のやりとりを終わらせるために、今年は出さないと心に決めている人も、『今年で最後にしたい』と一筆入れた年賀状を送ろうとしているあなたも、ちょっと待ってください。

スポンサーリンク

今まで毎年やりとりしていた年賀状が急に来なくなったら、相手はどのように思うでしょう。新年早々『今年で最後』なんて書いてある年賀状をもらったら気分悪いと思いませんか?

年賀状のやりとりは終わっても、これから先もお付き合いは続きますので辞退宣言はとても重要ですよ。

自然消滅や年賀状での『今年で最後宣言』は慎むようにしてください。

まず、仕分けが肝心です。会社の上司や取引先などは、仕事関係の相手の人には今後のビジネスを円滑に進められるように『仕事』と割り切って例年通り出しましょう。

それ以外の人たちの仕分けですが、縁を切ってしまいたい人・年賀状だけの付き合いになってしまっている人・印刷はがきを送ってくる人などは、辞退を申し入れて構わない人たちです。

年賀状のデザインが凝っていたり、明らかに一人ひとりを大切に思いながら書いてくれたりする人とは、今後も年賀状のやりとりを続行しても良いのではないでしょうか。
辞退の連絡は11月中に行なうようにしてください。相手はあなたが年賀状を辞退するなんて微塵にも思っていないでしょうから、早めに知らせてあげないと、今年の年賀状を作成してしまいます。やはりここは、相手が年賀状を作成する前に連絡するのがマナーです。

LINE・メールなどの連絡で構いません。アドレスがわからない相手には電話で、住所しかわからない相手には手紙かはがきで連絡をしましょう。

理由は『諸事情』で大丈夫です。特に突っ込んで聞かれることもありません。

辞退を申し入れることで、年賀状の数がグンと減ります。

年賀状って本当に不要?

世の中が便利になった今、一通一通手書きをしていた年賀状は自宅で印刷が出来るようになりました。写真も綺麗に印刷が出来ます。

自宅で印刷が出来るようになったばかりの頃は、画期的で便利だと大変驚いたものです。

それが何年もしない間に当たり前のものになりました。

その上、更に便利なメールやLINE、SMSでもっと簡単にもっと手軽に新年の挨拶が出来るようになりました。

『遠方の住んでいる人に直接会って新年の挨拶が出来ないから』書面で出していたのが、はがきへと移行され、はがきからSMSに移行するのは当然の仕組みです。

新年の挨拶状は年末に書くものではありません。新しい年を迎えてから書くのが本来あるべき姿です。そこからも、SMSは理に適っていますよね。

年賀状辞退のまとめ

この記事は決して『年賀状は無駄だから廃止しましょう』というものではありません。

年賀状はとても良いものだと思います。遠い親戚や年賀状だけの付き合いになってしまった友人など、あなたの近況が知れて嬉しいでしょうし、相手も年賀状を書いている間は一年の振り返りとなり、あなたを大切に思う瞬間に間違いありません。

携帯電話やスマートフォンで簡単にやり取りが出来るようになった時代に、『年賀状』は癖のある字や文字の書き間違いなどがまたいい味を出して、心を温かくしてくれます。

便利が溢れる時代だからこそ、一年に一度の年賀状制度は大切に守らなければなりません。

『ダイレクトメール』のような年賀状ならば、いっそ書かない方がマシです。ということです。

年賀状辞退するのも良いですが、手書きの温かい年賀状を昔みたいに書いてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする