成人式式典に袴姿の女性はおかしい?袴はありかなしか?紋付き袴は?

成人式 案内状 住民票 来ない なくした

新成人のみなさん、成人おめでとうございます!

もうすぐ成人式ですね。

幽美さん
幽美さん

わぁー!ステキな振り袖!
赤に、青に、むらさき。わたしも着てみたかったわ・・・

成人式の式典といえば、“大人としての第一歩をふみだす特別な日”ですよね。

100%一生に一度しか経験することができないイベントなので、100%後悔したくないものです。

絶対に後悔したくないもののひとつが、参列するときのドレスコードではないでしょうか。

未婚女性のドレスコードは、もっとも格式の高い正装となる『振り袖』姿なのですが・・・。

近年では、こんな声がおおく聞かれるようになりました。

  「振り袖は苦しいし歩きにくいし、面倒だからイヤ!」

  「親におしつけられる振り袖は着たくない!」

  「みんなと同じ格好はイヤ!」

  「同じ和装するなら、動きやすく目立ちやすい袴のほうがいい!

このように考える新成人女性が、毎年のように増加傾向にあるようです。

幽美さん
幽美さん

わぁーお!成人式の袴需要が右肩上がりね!!

確かに着物っていうと日本固有の民族衣装でありながら、普段から着慣れていないぶん動きが制限されるし、苦しさを感じるしで・・・なんだかな~って感じがしますよね。

その点袴は、キュロットスカートのように身につけるので、

  • 歩きやすい
  • はだけにくい
  • デザインが豊富でかわいい

と、三拍子そろってますので、振り袖よりも袴に惹かれるのは理解できます。

「でも、成人式に袴って・・・OKなの?」

そーんな疑問が沸きあがってきませんか?

和装で動きやすいんだけど、やっぱりなんだかんだ振り袖のほうに需要があるようにおもえますよね。

そこで今回は、成人式に袴で出席する女性はありかなしか、について解説していきます。

周囲からどのようの見られているのか、などについてもご紹介していきますね。

一生に一度しか迎えることのない成人式。
ドレスコードで後悔のないようにしよう

案内人
案内人
スポンサーリンク

成人式の式典で袴姿の女性は変? ~なしの考え~

まず、成人式を絶対に後悔したくないという人に対してお伝えできるのが、成人式という式典に出席するなら「女性の袴姿はなし」ということです。

どういうことかというと、成人式が式典という形式に則っており、おごそかに執り行われている儀式だからです。

幽美さん
幽美さん

式典という形式? 儀式?

はい。

成人式っていうからわかりにくくなってしまうので、たとえ話をします。

あなたの友人の、結婚式の風景を想像してみてください。

結婚式にお呼ばれされるということは、新婦はあなたにとって大事な・・・極めて大事な友人のはずです。

極めて大事な友人=親友が主役の結婚披露パーティーに、あなたは袴姿で参列するでしょうか。

  「結婚式に袴姿で出席はおかしいかな?」

  「袴姿だと披露宴にそぐわないかな?」

  「親友に恥をかかせてしまわないかな?」

袴姿で結婚式に参列することに、不安や迷いが生じるのではないでしょうか。

その不安や迷いとった気持ちこそが、式典に参列するドレスコードにおいて、女性の袴姿がふさわしくないという証拠なのです。

幽美さん
幽美さん

たしかに、結婚式に袴って・・・ちょっと違うかなぁ

でしょ?

結婚式も成人式も、同じ『式典』というくくりに属します。

成人式は公式で祝福される儀式の場、式典です。

これから大人の仲間入りをするんだと自覚し気を引き締める場、式典です。

一生に一度しか訪れない、大切な1日なのです。

だとすると、大人である以上、大人のルールを踏みはずさないドレスコードで式典に臨むのが、最低限のマナーではないでしょうか。

成人式は、大人への第一歩を踏みだした最初の日。
大人としての振る舞いをするのが礼儀ってわけ

案内人
案内人

それでも人生晴れの成人の日に、「振り袖を着たくない」という女性が増えてきているのは、まぎれもない事実です。

振り袖を着たくないという女性のいい分

では一体、どのような理由から振り袖を着たくないと言っているのでしょうか。

振り袖反対派のことばをきいてみましょう。

「私は普段からボーイッシュな服装をしているので、女性らしい姿をするのが恥ずかしい」

「ほかの人たちと一緒のかっこうをするのが嫌!とにかく目立ちたいの!」

「わたしはスポーツをしているので体つきがガッシリタイプ。なので振り袖がにあわない」

「袴は持っているし、普段から着慣れているので。経済的に

人によってさまざまな思いがあるようですね。

幽美さん
幽美さん

似合わないと思っているに、わざわざ振り袖を着る必要はないよねー・・・

費用の面でも、振り袖はレンタルを利用しても20万円前後の費用がかかりますが、振り袖袴だったら5万円前後と、約4分の1の値段におさえることができて経済的です。

色や柄をシックなものにすれば、同じ和装でも女の子っぽさを抑えられますので、振り袖がにあわないと思っている人にとってはうってつけの装いですね。

もちろん、かなり目立つ存在になること間違いなしです。

一見すると『振り袖を着たくない』という悩みを、見事に解消してくれるので良さそうに思われます。

しかし女性の袴は、振り袖のような礼装には値しませんので、式典には不向きといえるでしょう。

成人の式典に袴が不向きな理由

幽美さん
幽美さん

さっきの説明によると袴姿は、式典に出席するのは「おかしいよね」ってことだったよね

ここでは『袴』とは、どんな位置づけの服装なのかというところを解決していきます。

袴とは元々、男装(パンツ)スタイルということを念頭に置いておいてくださいね。

260年以上も続いた江戸時代が終わって、新時代・明治時代が訪れると、あちこちで多くの女学校が相次いて創立されました。

女子だって多くのことを学び、さまざまな分野で活躍する知識や技術を習得するという女子教育が確立していったのです。

しかしここで、大きな問題が発生します。

これまでの『畳に座る』スタイルから『椅子に腰かける』という授業スタイルに変化することで、着物姿だと裾がはだけやすくなってしまったのです。

「これでは授業に集中できない」「女生徒たちの制服をどうしたものか」と、多くの学校が頭を悩ませていました。

制服がはできる問題を解決に導いたのは、なんと、政府でした。

政府が特例で、次のような御触れを出したのです。

「女学生にかぎり袴の着用を認める」

そうなんです。

女学校にかよう女性のみに「袴を着用してもいいよ」と、政府が特別に取り計らってくれたのです。

あくまでも袴は男性の装いです。

だけど女学校の生徒に限り、動きやすい男装を許可したのです。

これによって、女学校にかよう生徒の袴姿が制服として定着していきました。

明治時代・大正時代の女学校において活動的な女生徒の制服だったという歴史から、袴は、学業のうえでは礼装として扱われてきたんですね。

いうなれば、女性の袴姿は学生のシンボルのようなものなのですね。

スポンサーリンク

その名残りで、現在の大学でも女性の袴を礼装と認め、卒業式には華やかな袴姿で式典に臨んでいるのです。

女性が袴を着用するのは、大学での教育が終了したという証なの

案内人
案内人

改めて結論・成人式に袴姿の女性は変

以上のことからもおわかりのとおり、袴は男性の装いです。

女性の袴姿が許されるのは、学生の制服だった歴史により、大学の卒業式のみです。

幽美さん
幽美さん

ということは・・・、
成人式で袴姿は、やっぱり変!

ですね。

成人式は学業とはまったく関係ありません。

成人式は、子ども時代を卒業する儀式ではなく、大人の仲間入りをする節目の儀式です。

大人のマナーとして、成人式で袴を着用するのはおすすめできません。

成人式の式典で袴姿の女性はかっこいい? ~ありの考え~

成人式に女性の袴はNGだと解説してきました。

しかし実は、お手元に届く案内状にはドレスコードに関してはなんの記載もされていません。

記載されているのは、

  • 参列の対象者
  • 開催される会場
  • 会場の住所
  • 開催の日時
  • 式典の内容

くらいでしょうか。

どこをみてもドレスコードについて記載がないのであれば、なにを着ていっても構わないという解釈もできますよね。

幽美さん
幽美さん

そういう観点からすると、
成人式で女性が袴を着用するのは、ありってことか

大人の対応としては、はなはだ疑問に感じます。

しかし近年の成人式には厳粛さが薄れており、『自分のための記念日』だと思っている人が非常に多いように感じられます。

そう!
あのド派手な装いで大暴れしている人のことよ

案内人
案内人

自分の記念日なんだから「自分自身が満足し後悔しない格好をする」のが良いという風潮になってきています。

地域によっては「目立った者勝ち」とばかりに、派手な装いで大暴れをする新成人も見受けられますよね。

振り袖で出席している新成人も最上級の礼装という意識ではなく、単に豪華で思い出に残るから着ているという人がとても多いです。

そう考えると、奇抜な柄だったりダラシなく着崩したりしなければ、女性の袴姿も問題ないといえそうです。

成人式で袴を着用する注意点

ただし女性の袴姿は、妊婦さんだと思われる可能性があるので注意しましょう。

着物に帯の姿は妊婦さんにとって、お腹の中の子供を圧迫する装い以外の何者でもありません。

袋帯で締めつける振り袖よりも、袴の方が母体には負担にならないですし、なによりお腹の膨らみを隠す効果があることから妊婦さんには大変人気がある装いです。

じっさいに妊娠していなくても、お腹の中に子供かいるのかいないのかは、周りの人にはわかりませんからね。

第一礼装の紋付き羽織袴だったら?

紋付き羽織袴は、列記とした第一礼装であり正装となる和服です。

しかしそれは、男性の装いです。

一般的な第一礼装となる袴だろうが、女性用の袴だろうが、女性が着用する袴は第一礼装とはなり得ません。

あくまで男性の礼装であると理解し、女性が着ると男装にしかならないと納得できるのであれば問題はないでしょう。

ただし、厳かに執り行われる式典には極めて似つかわしくない装いとなりますので、好奇の目で見られる覚悟は必要かもしれません。

ここまでくると、もうコスプレの域

案内人
案内人

成人式の式典で振り袖が好ましいとされる理由

そもそもなぜ成人式に、第一礼装である振り袖を着用することが好ましいとされているのでしょうか。

幽美さん
幽美さん

大人の仲間入りする儀式で、
式典に出席するからでしょ?

それもそうなのですが。

成人式が『冠婚葬祭』の『冠』に当たる格式高い行事の一つだからです。

『冠』は、元服のことをいいます。

元服の『元』は首(頭)を表し、『服』は着用を表し、元服とは『頭に冠をつける』という意味になります。

むかしのこども時代の男児は、肩まで伸ばしていた髪をポニーテールのように後頭部で結っていました。

その髪を元服によって、大人と同じように頭頂部にまとめあげる髪型へと結い直します。

その頭には、成人の証となる『冠(烏帽子)』を被りました。

冠をいただき社会的な役職を得ることで、青年から一人前の大人として認められるのが『元服の儀』であり、これこそが成人式に由来しているのです。

かつては12歳~16歳になった男子が、成人したことを示す儀式として執り行っていました。

幽美さん
幽美さん

むかしの人は
12歳で大人の仲間入りを果たしていたのね

古き良きを重んじるのが我が国、日本の誇りではないでしょうか。

成人式をただの形式的な儀礼と軽んじるのではなく、大人になるということをもっと重く受け止めましょう。

そうすれば、どのような格好で式典に臨むのがふさわしいか、おのずと答えが見えてくるはずです。

成人式式典に袴姿の女性はおかしい?袴はありかなしか?紋付き袴は?のまとめ

幽美さん
幽美さん

女性の袴姿ってかわいいけど、卒業式の服装だとわかってしまうと、
成人式には不向きなのね

不向きというよりはNGといっても過言ではありませんね。

同じ和服であっても振り袖と袴では用途が違うし、質も位もまったく違います。

ちゃんと「大人になります」という自覚があるならば、袴はNGです。

一方「ドレスコードがないから」とか「自分の記念日だから」とか、こどもっぽい考えが抜けきれないならば、袴はOKです。

今がよくても将来、思い出を振り返ったときに「わたしだけ卒業スタイル」「やっぱり振り袖にしとけばよかった」と後悔するかもしれません。

過去は変えられませんからね。

成人式 行かない ぼっち 後悔 親不孝

若々しくてフレッシュな二十歳という時間は、まさに『今』しかありません。

結婚してしまうと「振り袖が着たい」と思っても、着られなくなってしまいます。

少しくらい窮屈に感じても、似合わないと思っていても、成人式には第一礼装の振り袖で出席することをおすすめします。

どうか、ステキな成人式をお迎えください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする