子供が歯磨きを嫌がる!歌って!アンパンマンで楽しく!短時間で!

子供 歯磨き 嫌がる 歌 アンパンマン 時間

子供は離乳食を卒業する1才6ヶ月頃になると、大人と同じような食事をだんだん楽しめるようになってきます。

その一方で大変になるのが歯磨きではないでしょうか。

子供は大人と違って自分で歯を磨くことが難しく、自分磨きをするようになっても仕上げ磨きはしてあげなければなりませんよね。

しっかり磨いておかないと、後々虫歯で痛い思いをするのは子供ですからね。

かわいい我が子の事を思えば、泣こうが喚こうが、押さえつけてでも子供の歯を磨かなければ!という心理が働いてしまいます。

大きくなってくると歯磨きなんて簡単な作業なんですが、まだ歯磨きデビューしたての小さい子供にとっては、イヤイヤ期とも重なって歯磨きが不快でしかたありません。

しかしこれでは食事のあとの歯磨きを嫌がる子供も、それを押さえつけて磨くママもストレスになってしまいます。

『どうしたらおとなしく磨かせてくれるの?』

『お願いだから暴れないで!』

そこで今回は、イヤイヤ期の子供が歯磨き(仕上げ磨き)をスムーズにさせてくれる方法をご紹介いたします。

ヒントは、楽しくスピーディーに!ですよ。

スポンサーリンク

子供が歯磨きを嫌がる!その理由は・・・?

子供が歯磨きを嫌うのには、ご家庭によって様々ですが必ず理由があります

歯磨きよりももっと遊んでいたい

歯磨きよりも寝たい

口の中にブラシを入れられるのが不快

ブラッシングが痛い

押さえつけられて無理やり口をこじ開けられガシガシ磨かれると、歯ブラシの摩擦で子供のデリケートな歯茎は痛みを感じます。

歯ブラシのプラスチックの部分が、歯にカチカチ当たって不快に思っていることもあります。

まず、歯ブラシと歯磨き粉を替えてみてください。

これだけでも嫌がる歯磨きが、ずいぶん改善されますよ。

歯ブラシのブラシ部分が、たんぽぽの綿毛のように360°生えている『たんぽぽブラシ』にすることで、プラスチックが歯に当たる嫌な感覚がなくなります。

歯磨き粉は子供が好きそうな味を2~3種類用意し、歯磨きの時に好きな味を選ばせましょう。

スポンサーリンク

どんなに優秀な成分が配合されている歯磨き粉でも、ちゃんと磨けなければ意味をなしません。

だったら子供が喜んで口を開けてくれそうな『味』の歯磨き粉の方が、余程キレイに磨くことができますよ。

歯磨きそする意味が理解できていない間は、子供の身になって、楽しく歯磨きが出来る方法を考えてあげることが一番の解決策です。

子供が歯磨きを嫌がる!そんな時は歌って!

歯ブラシ・歯磨き粉を替えても歯磨きをさせてくれない時は、歌を歌ってあげましょう。

ベタではありますが、この方法が意外にも効果覿面なのです。

おかあさんといっしょの『はみがきじょうずかな』

アンパンマンの『アンパンマンはみがきのうた』

毎日同じ歌だと子供は飽きてしまいます。

歯磨きの歌を検索するとたくさんHITしますので、子供が喜ぶ曲を歌ってあげてください。

子供が歯磨きを嫌がる!子供のヒーロー・アンパンマンで楽しく!

前章でもお分かりの通り、子供はアンパンマンが大好きです。

子供の口の中を覗き込みながら「あっ!大変!お口の中にアンパンマンがいるよ」「ママに見せて~」と、子供の気をひきつけて歯磨きをしましょう。

「反対側にもいた」などと言ってあげると、子供も楽しくなって自分から口を開けてくれるようになります。

アンパンマンのパペットや、子供が大好きなぬいぐるみに歯ブラシを持たせて、歯磨きを手伝ってもらうのも、歯磨きが楽しくなりますね。

子供にとって歯磨きは、ママが怒るから苦手になっている可能性も十分考えられています。

怒りすぎると子供は余計に嫌がり抵抗、ママも更に必死になって・・・と、負の無限ループにハマっているのかもしれませんよ。

子供に楽しませるという観点からすると、ママの歯磨きを子供にやってもらうのも良い方法です。

とても楽しそうに磨いてくれるので、その隙を狙ってちゃちゃっと歯磨きしてしまいましょう。

また、パパにも協力してもらいましょう。

パパが歯磨きをしている姿を見せることで、真似っ子が大好きな子供は進んで歯磨きをしようとしてくれます。

子供が歯磨きを嫌がる!短時間で子供の負担を軽減させよう

子供の集中力はとても短いので、歯磨きに時間がかかり過ぎると飽きてきて嫌になってしまいます。

短時間で上手に磨くコツなどを、歯科医や歯科衛生士さんに教えてもらうのも良いかもしれませんね。

歯磨きの時間を短縮するためには、子供をとにかく褒めちぎります。

口を大きくあけている・大人しく磨かせてくれるなど、出来たことに対して子供を褒めてあげるようにしましょう。

褒められると子供は嬉しくなって、大人しく歯磨きをさせてくれます。

大人しくなったところをスピーディーに磨くことで、子供の体にも負担をかけることがなくなりますよね。

電動歯ブラシを使うと、物珍しさに子ども自身が興味津々で時間短縮に繋がります。

歯磨きをせずに眠ってしまった場合、子供が寝ているすきに済ましてしまいましょう。

子供は寝ている間に歯磨きをされても、案外起きないものです。

子供が歯磨きを嫌がる!歌って!アンパンマンで楽しく!短時間で!のまとめ

子供が歯磨きを嫌がるのには、何らかの理由が必ずあります。

歯磨きの力加減と、歯ブラシのプラスチックが他の歯に当たっていないかに十分注意をしてください。

大人だって、歯科検診の時のミラーが歯に当たっただけでもかなりの不快を感じます。

「早く終われー」って、思ったことありませんか?

それと同じです。

だからと言って、小さい頃から歯磨きに慣れていないとずっと嫌がるようになってしまいますよ。

泣いたり喚いたりすることで歯磨きを中断していると、子供は『泣けば歯磨きをしなくて済む』という知恵もつけます。

子供の歯磨きは、いかに楽しいものかと思わせる工夫が重要になります。

かわいい我が子が虫歯に泣かされないためにも、頑張りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする