マスク内が蒸れて不快に感じる時の対策法!これでスッキリ快適に!

マスク 蒸れ 不快 対策 快適

冬になって欠かせなくなるのが、マスクです。

  • 風邪をひいたとき
  • インフルエンザの予防
  • 花粉症・PM2.5対策
  • ノーメイク隠し
  • のどの潤い・保湿、など

とにかく、あらゆる場面でマスクは大活躍します。

しかし、

  「マスクが手放せない!」

  「マスクは必要不可欠だ!」

  「マスクがないと生活できない!」

という人、以外の人が重要視しているのが・・・マスクの中のムレです。

幽美さん
幽美さん

はーい!
わたし、マスク苦手でした!

マスクを常用していない人、とくに精密機械関係や食品関係などの仕事をする上でマスクの装着が必須になっている人からすると、マスクのムレがとにかくイライラします。

女性はマスクのムレのせいでファンデーションがドロドロに崩れたり、口紅が口の周りにベタベタついたりと、相当イヤなおもいをされていることでしょう。

マスクの内側だけじゃなくて鼻の穴までムレるから、鼻毛に水滴がついて急にくしゃみをしたくなって止めるのに必死になって大変ですよね。

鼻の穴の壁面にたまったクソが水滴でやわらかくなって、
それが剥がれてサワサワするんだよね・・・

案内人
案内人

やっかいですよね。

そこで今回は、マスクの内側が結露して不愉快を感じている人がやっている、快適に過ごせる方法をご紹介していきます。

とても簡単なことなので、明日からさっそく実践してみてください!

スポンサーリンク

マスクの内側がムレる原因とは?

幽美さん
幽美さん

そうなのよね。
ムレの原因をしらないと対策のしようがないよね

マスクをつけてムレる原因は、実は呼吸なんです。

この世で生きていくのに必要な、吸って、吐いて、の呼吸が原因でムレていたのです。

どういうことかというと空気(酸素)は吸うことで肺にとりこまれ、体内をグルっと一周してから、また肺にもどってきて吐き出されますよね。

酸素を吸って→血液にとりこんで→必要な場所におくって→二酸化炭素と交換して吐き出す、という一連の作業をおこなっているあいだに、空気は体温であたためられていました。

幽美さん
幽美さん

あ!
だから、はぁ~って吐いた息が「温かい」って感じてたのね

吐く息には、多くの水蒸気も含んでいるよ

案内人
案内人

お二人が指摘したように、吐く息は

  • 吸ったときよりもあたたかくなって
  • 水蒸気を多く含んでいる

のです。

マスクは気密性を高くしていることもあって、通気性が非常に悪いのはご存知のとおりですよね。

そこに、温められて水蒸気を含んだ息を吐き出すということは・・・、逃げ場がなった息がマスクにこもって滞留するので、湿度を高めていたんですよ。

呼吸をするたびに水蒸気をだしまくるので、最初は細かったマスクの内側に付着した水滴の粒がだんだん大きくなって、ムレるというわけです。

冬になるとさらに最悪です。

マスクを隔てて内側と外側で温度差ができるため、マスクの内側に結露が発生します。

幽美さん
幽美さん

結露っていえば、おうちの窓に水滴がつく・・・あれのこと?

そうです。

窓ガラスを隔てて、外は木枯らしが吹いて寒く空氣が乾燥している状態、家の中は暖房で温かく空気が湿った状態にあります。

温かく湿った状態の空気は窓ガラスにふれると、一気に冷やされて外へと抜けていくのですが、湿った水蒸気は外に出られずガラスに水滴として残ってしまいます。

これが結露の正体なのですが、これとまったく同じ現象がマスクをかけた口元でもおこってしまうのです。

空気はマスクの隙間からにげられるけど、
水蒸気はにげられなくて結露するの

案内人
案内人

マスクの内側がムレる原因は、呼吸です。

呼吸を止めるわけにはいかないので、ムレない対策を講じましょう!

マスクの中が蒸れて不快に感じる時の対策法① ~呼吸~

マスクに慣れていない人がマスクをかけると、2時間もたたないうちにマスクの内側が結露してビショビショになってしまいます。

しかし、マスクを常用している人にとっては「なんで濡れるの?」なんて、逆に不思議がられてしまいます。

同じマスクを使用していても、なぜかこんなにも差ができてしまいます。

幽美さん
幽美さん

それって、マスクが原因ではなさそうね

そう。

それはあなたの呼吸が、口呼吸になっている可能性が高いことが原因です。

  • 鼻で息をしていますか?
  • 無意識のうちに口呼吸になってはいませんか?

マスクするとどうしても空気がはいってきにくくなるので、口から多くの空気を取り入れようとしてしまいます。

口呼吸は、鼻呼吸にくらべると水蒸気を多く含んだ息を吐いているので、マスクの内側は結露ができやすい状態になってしまいます。

その証拠に、鼻息よりも、口から吐き出した息を吹きかけたほうが、ガラスをキレイに曇らせることができるんですよね。

ですので、自分の呼吸が口でおこなわれていると気づいたら、意識して鼻で呼吸をするように切り替えてみてください。

呼吸に気をつけるだけでも、マスクのムレ感はかなり改善されます。

おそらく、マスク内がビッショリになることもなくなるでしょう。

口呼吸は、ダイレクトに雑菌も取り込んでしまうので、喉をいためる原因にもなるよ

案内人
案内人

しかしマスクのムレにはこんな役割が!!

こんな経験はありませんか?

ムレがひどすぎてマスクがグッショリ濡れて、鼻の穴がくっきり透けて恥ずかしいおもいをする・・・なんてこと。

スポンサーリンク
幽美さん
幽美さん

母が同僚のマスク姿を見て、
「鼻の穴が透けてた」って大笑いしてたことがあったっけ


マスクのムレは本当に悩みのタネなのですが、実は、大切な役割を果たしていることを病院の先生に教わって驚いたことがありました。

マスクをすることで得られる利益とは

  • 鼻や口元を外気に晒さない
  • 喉や鼻などの呼吸器系を保湿し、乾燥させない
  • ウイルスなどの外敵からからだを守る

とのことでした。

なんと、あの不快なムレは、保湿の役割を担っていたのです。

確かにマスクをつけることで、極端に乾燥しなくなったように感じます。

以前はリップクリームを塗っていても唇の荒れがひどくヒビ割れをおこしていましたが、マスクを(強制的に)使用させられるようになってからは、乾燥具合がおだやかになりました。

また、毎年2月ごろになると原因不明の空咳がでていたのも、ピタリととまったのです。

幽美さん
幽美さん

これはもうマスクのおかげって、認めざるをえないわね

あなたは口呼吸をしていませんか?

口呼吸を鼻呼吸に変えて、マスクの内側の不快感を軽減させましょう!

マスクの中が蒸れて不快に感じる時の対策法② ~ガーゼ~

呼吸の方法を変えることで、マスク内の結露が軽減されました。

しかし温かい時期ならまだしも、寒い冬ではマスクの中にどうしても水滴がついてしまい、口元にマスクがまとわりついて気持ち悪いですよね。

幽美さん
幽美さん

ともだちと外で立ち話してるだけで、マスクの中が水滴でキモいし。
その水滴が冷やされて、風邪をひきそうになるんだよね~

それには、ガーゼが活躍します。

吐き出した息に含まれる水蒸気がマスク内に居すわってムレるわけですから、その水滴を取りのぞくことができれば万事解決ですよね。

ガーゼを1枚マスクに挟んでおくだけで湿気を吸収してくれますので、超おてがるなムレ対策になります。

しかもガーゼが濡れてきたら、新しいのと取り替えることで、マスクの中が常に清潔に保たれます。

窓ガラスの結露を拭き取るように、マスクの中のムレはガーゼに吸収させてしまいましょう。

ガーゼの使い方

使用済みのガーゼは、洗ってくり返し使えるという点が最大のメリットです。

外出先でマスクを外さなければならない場合に、すでに濡れてシットリしているマスクをもう一度着用するのは気持ち悪いものです。

かといって、着脱するたびに新しいマスクにするのは大変不経済です。

そんなときに便利なのがガーゼというわけです。

マスクの内側にガーゼを仕込んでおけば、それを取りかえるだけで快適ですし、洗えばふたたび使えて経済的ですよね。

ガーゼは、ドラッグストアやホームセンターなどで安く入手しましょう。

ティッシュペーパーを使う方法

ガーゼを買うのが面倒だったり、洗って干してくりかえし使うことに抵抗があったりする人は、ガーゼの代わりにティッシュペーパーを挟んでみましょう。

ティッシュペーバーこそ使い捨てですので、濡れたらすぐに取り替えることができて、よりお手軽に湿気を取り除いてくれますよ。

キッチンペーパーを使う方法

料理のときに食材の水分を拭き取るキッチンペーパーは、ティッシュペーパーよりも生地がしっかりしています。

肉や魚の水分をとるのにも優れていますので、ペーパーがグズグズになることはありません。

キッチンペーパーは、お好みのサイズにカットして使用します。

ミシン目でカットした1枚を4分の1の大きさに切ると、そのサイズ感がマスクにジャストフィットされて使いやすいですね。

4分の1にカットしたキッチンペーパーは、マスクケースに収納してかばんにそっと忍ばせておけば、かさばることもありません!

ガーゼやペーパーを挟むことで、鼻の穴が透けすのも防いでくれそう

案内人
案内人

マスクの中が蒸れて不快に感じる時の対策法③ ~通気性~

幽美さん
幽美さん

● 呼吸法を工夫すること
● ガーゼやペーパーを挟むこと
それ以外にも、有効的なムレ対策ってあるの?

不織布のマスクは通気性が悪いのでムレやすく、いずれにしてもびしょびしょに濡れてしまえば取りかえた方が衛生的です。

しかし、ムレないマスクがあるとしたら・・・いいですよね。

綿や麻などの素材は空氣を通しやいので、マスク内に息がこもることはありません。

通気性のすぐれたマスクを着用すれば、あの、まとわりつくムレともおさらばです。

ただし、会社指定のマスク着用が義務だったり、人が大勢集まるような場所では現実的ではありません。

PTOにあわせてマスクを使用するといいよ

案内人
案内人

マスク内が蒸れて不快に感じる時の対策法!これでスッキリ快適に!のまとめ

雪がしんしんと降るような寒い日にマスクをしていると、数分で内側はびしょびしょになり、そのつど水滴を拭いているという人もいるようです。

  「マスクが苦手」

  「自分の呼吸で湿気が不快」

という人は意外と多いようです。

マスクが必要で人にとっては、永遠の課題であり悩みですね。

今回ご紹介した、マスクの内側の不快感を軽減させる方法は、

  • 呼吸を工夫すること
  • ガーゼやペーパーで湿気を抑えること
  • 綿や朝など通気性のすぐれたマスクを使用すること

です。

濡れたままのマスクは、気持ち悪いですし不衛生といえますので、可能な限り清潔さを保つように心がけたいものですね。

あと、常が口呼吸という人はこれをキッカケに、鼻で呼吸をする練習をしてみてはいかがでしょうか。

マスクに一工夫して、不快感とおさらばしましょう!

/ メガネの曇り対策は、こちら \

/ マスクアイロンがけ問題は、こちら \

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする