不織布マスクがアイロンで溶けた!アイロンやアイロン台の対処法!

幽美さん
幽美さん

きゃーーっ!
洗ったマスクにアイロンかけたら溶けちゃったーーっ!

マスクを『洗って干して洗って干して・・・』ってくり返し使っていると、シワが気になってきますよね。

そのシワを、ピリッ!とシャキッ!とさせるためにアイロンをあてると・・・一瞬で溶けちゃった!なんて経験は、ありませんか?

溶けた瞬間は本当に「やっちまったなぁ・・・」感にさいなまれ、自己嫌悪に陥ってしまうんですよね。

でもそれは、あなたが悪いわけではありません。

溶けるマスクが悪いのです。

溶けてしまうマスクが悪いんだけど、今後のために知っておくびきことは『マスクは素材によってアイロンの熱に溶ける』ということです。

そもそも不織布マスクというのは安価で製造されている代物ですので、洗って再利用する想定がない商品です。

ましてや、使い捨てアイテムにアイロンをかける日がこようとは、製造する従業員さんとしては想像もしなかったことでしょう。

これこそ『おったまげー~』だね

案内人
案内人

そこで今回は、不織布マスクにアイロンをかける場合の注意点についてまとめました。

溶けたマスクの、処理のしかたについても解説していきます。

スポンサーリンク

不織布マスクの正しいアイロンのかけ方

高温にめっぽう弱い不織布マスクですが、2つのポイントをおさえることでアイロンをかけることができるようになります。

  • アイロン温度を低温に設定する
  • マスクにあて布をする
幽美さん
幽美さん

なるほど。
低温設定と、あて布が必要だったのね

不織布にアイロンをあてるときは80~120℃の低温に設定し、ハンカチなどであて布をしてから丁寧にシワ伸ばしをしましょう。

あて布の上からスチームをあてることで、よりしっかりとシワが伸びてくれます。

アイロンは、押し当てるように使うのではなく、優しくなでるように一方方向に向かってサッサッサッかけましょう。

表面からだけでも十分キレイにシワは伸びますが、マスクをひっくり返して裏面からもアイロンをあてるとピンシャキになります!

冒頭でもお話しましたように本来ならば不織布マスクは、アイロンをかける想定がありません。

なぜなら、使い捨てマスクだからです。

しかし不織布の耐久温度は、100℃程度とされています。

不織布が耐えられる温度内であれば、アイロンをかけても溶ける心配はないということになるわけです。

アイロンを低温に設定する

アイロンには、低温・中温・高温の3つの温度設定が可能になっているよね

案内人
案内人

それぞれの温度は次のようになっています。

  • 低温・80~120℃
  • 中温・140~160℃
  • 高温・180~210℃

温度が高ければ高いほど洗濯ジワをきれいに伸ばしてくれるというイメージがあるアイロンですが、そうではなくって、それぞれの布には『適正温度』があるんですよ。

で、不織布の場合は、100℃程度というわけです。

100℃前後にしか耐えられない不織布には、低温に設定するのが正解です。

しかし、ここで疑問が湧いてきませんか?

低温の、80~100℃には耐えられるだろうけど、100~120℃には耐えられるのだろうか?と。

あたりまえですよね。

100℃にしか耐えられないのに120℃なんて溶けるやんって、なりますよね。

そこで必要になってくるのが、あて布です。

マスクにあて布をする

あて布は、直接アイロンの熱を伝えないようにするだけでなく、生地のいたみやテカリなどを防止するという役割を果たします。

不織布マスクは高温に弱い化学繊維でできていますので、あて布は必須となっているんですよね。

あて布をすることによって120℃という高温からマスクを守ることができ、万が一溶け出したとしても、被害を最小限に留めることができるというわけです。

幽美さん
幽美さん

でもあて布なんかして、ちゃんとシワを伸ばせるの?

大丈夫ですよ。

あて布としておすすめする生地は、綿です。

綿は熱に強く、熱を伝えるチカラにも長けているので、あて布としては最適最強なのです。

あて布は、あらかじめ水で濡らしておき固くしぼって使いましょう。

アイロンをかけている最中、あて布が乾いてしまうことがありますので、そのときは再び水で濡らして固くしぼりましょう。

案内人メモ

ひとくちに不織布マスクといっても、安価なものから高品質のものまであります。

安価なマスクであれば、水で絞った薄いタオルか厚めの綿の布を上からあてて、中温(120~140℃)よりも低めの温度であれば溶けることはないでしょう。

しかし、高品質の不織布マスクとなると、商品によっては低い温度でも内部が溶けてしまうものがあるので注意が必要です。

たとえるなら、

  • 夜店で販売されるかき氷が、安価なマスク
  • 専門店のフワフワのかき氷が、高級なマスク

夜店のかき氷は、氷のザクザク感がいつまでものこりますが、専門店のかき氷は、氷の柔らかさや滑らかさが際立っていますよね。

マスクもかき氷も、お値段が高ければ高いほど繊細ということです。

幽美さん
幽美さん

マスクとは関係ないけど、
夜店のかき氷シロップって、実はぜんぶ同じ味なんだよね

そうそう。

いちごもメロンもラムネもぜんぶ同じ味で、違うのは着色料だけだったりしますね。

おっとっと・・・。このはなしは別の記事で。

不織布マスクがアイロンと相性が悪い理由

不織布マスクは一見すると白い紙のようにみえますが、その材料はポリプロピレンやポリエステルといった化学繊維(石油や天然ガス)でできています。

スポンサーリンク
ポリプロピレン 非常に軽く速乾性に優れている
熱に弱い
ポリエステル 型崩れを起こさない
耐久性に優れている
吸水性が低い
熱にも弱い
幽美さん
幽美さん

化学繊維って、高温の熱にめちゃくちゃ弱いんだね。
ここまで熱に弱いなんて・・・しらなかったわぁ

不織布とは、通常の布のように縦横に織って作られたものではありません。

織ったり編んだりをせずに、布のような形態に作られているところから『織られていない布』=『不織布』と呼ばれています。

では、不織布がどのように製造されているのかというと、繊維同士を接着剤でくっつけたり、熱を加えてくっつけたりしているのです。

本来は一度使ったら捨てる商品として製造されているものなので、洗って何度もくり返し使うことは想定されていません。

なので、アイロンをかけること自体がそもそも想定外なのです。

そんなところにアイロンをあててしまうと、高温に弱い不織布は一瞬にして溶けてしまうっていうわけです。

不織布マスクがこびりついたアイロンの掃除方法

幽美さん
幽美さん

案内人さん。
わたしのアイロン、溶けたマスクがこびりついちゃったんだけど。
もう捨てるしかないのかしら・・・

マスクにアイロンをあてるときは、

  • 低温設定で
  • あて布必須で
  • やさしく撫でるようにする

のが基本です。

幽美さんのように、ポイントをしらずにアイロンをかけてしまっては、時すでに遅しですよね。

でも、あなたが悪いわけではありません。

マスクにアイロンをかけなければならない状況にしちゃった、世の中が良くないのです。

だからといって、溶けてしまったマスクをそのまんまくっつけて放置していると、ウッカリ忘れてお気に入りの衣類に転写させてしまいかねません。

アイロンにこびりついたマスクは、早急に取りのぞきましょう。

不織布マスクがこびりついたアイロンは高温で除去

アイロンについてしまったマスクを取り除くためには、アイロンの温度を高温に設定し、くっついたものを溶かします。

幽美さん
幽美さん

高温ってことは、180℃以上にするのね

この間に、濡らして固く絞った古布やタオルなどを準備します。

マスクがしっかり溶けたところで、古布などにアイロンを当ててこすり移してしまえば、きれいに取り除くことができます。

一面で取り切れなかったらマスクを拭っていない面にして、同じようにこすり移しましょう。

古布に何もくっつかなくなるまで、こすり移しをくり返します。

途中で古布が乾いてしまったら、最初と同じように濡らして固く絞りましょう。

アイロン面は高温なので、ヤケドに注意が必要ね

案内人
案内人

不織布マスクがこびりついたアイロンを冷まして除去

不織布マスクが溶けてくっついてしまったアイロンは、電源を切って冷まします。

数日放置すると、アイロンの表面がカピカピになってくっついたものが白く浮いてきます。

浮いてきた部分は、手で簡単に取れます。

幽美さん
幽美さん

炊飯器の電源をきったあと、オカマがカピカピになる感じね

浮いてこなかった部分は、エナメルリムーバー(除光液)を含ませたティッシュで拭き取りましょう。

蒸気穴は、エナメルリムーバーを含ませた綿棒で拭けば簡単に落とせます。

仕上げに濡れタオルで拭き取れば、アイロンはきれいにもと通りです。

不織布マスクがこびりついたアイロン台の掃除方法

アイロンをかけるときには、アイロン台を併用するのではないでしょうか。

ほとんどの場合、不織布マスクにアイロンをかけると高温となるアイロンの方にベターッとくっついてしまうのですが、まれにアイロン台の方にも溶けたマスクがこびりついてしまいます。

アイロン台についたマスクは、削り取っていきましょう。

使うのは、ペットボトルのキャップが有効です。

これで円を描くように動かして、アイロン台についたマスク素材をこそぎ落としていきましょう。

不織布マスクがアイロンで溶けた!アイロンやアイロン台の対処法!のまとめ

幽美さん
幽美さん

不織布マスクは本来、アイロンをかける想定がない!

しかしアイロンをかけざるを得ない状況において、2つのポイントをおさえておこなえば大きな失敗は免れます。

  • アイロンの温度は低温(80~120℃)に設定
  • あて布を使用すること

不織布マスクの素材は、主にポリプロピレンやポリエステルといった化学繊維です。

化学繊維は非常に熱に弱いため、直接アイロンを当ててしまうと一瞬で溶けてしまいます。

もし万が一にもマスクが溶けてしまった場合には、そのまま放置をせず、必ずとりのぞいておきましょう。

  • アイロンを高温にして拭う
  • アイロンを冷まして削り取る

アイロン台にくっついたマスクには、ペットボトルのキャップが有効だったね

案内人
案内人

くれぐれもアイロンを使用するときは、ヤケドに注意してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする