通夜参列の服装は?仕事帰りの女性・男性の私服対応と香典のマナー

通夜 服装 仕事帰り 女性 男性 香典

訃報とは、突然舞い込んでくるものです。

職場に着いてから今夜通夜を行うと言うことを知らされると、喪服も香典も何も準備されていないことに気づき途方に暮れてしまいますよね。

「どうしよう。今日は普通のスーツで出勤してしまった」
一度家に帰る暇はなさそうだし」
お香典や数珠もなんにもない」

一度帰宅できるのであれば、喪服に着替えたり香典の準備も出来たりと身支度ができますが、それが困難な場合は職場から直接通夜式式場に向かわなければならなくなります。

通夜は、『突然の訃報に急いでかけつけました』という意味で、平服でも失礼にはあたらないと言われていますが、最近の通夜では喪服を身につけて参列することが当たり前であり、常識であるとされるようになりました。

長年お通夜に喪服で参列するのは「亡くなるのを待っていました」と言わんばかりで、逆に失礼(マナー違反)とされていましたが、昨今の通夜式では会葬者でも喪服を着用されている姿を目にします。

そこで今回は、仕事帰りに参列する通夜式に相応しい服装を、女性・男性と分けてご紹介します。

お香典や念珠のことにも触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

通夜の服装で仕事帰りでも失礼にあたらないようにするには?

事前に通夜式に参列することがわかっていれば、喪服持参で出勤すればいいので何の問題もありません。

しかし、どうしても喪服で参列することが不可能な場合があります。

それは、出勤した後に訃報を知った場合です。

その時は、「服を着替える間もなく駆けつけました」という心が大切なので、過度に派手な服装でなければ平服でも問題はありません。

通夜とはもともと、近親者で執り行われるものです。

近親者とは故人から見て家族や親しい親族のこと言い、親・子供・兄弟姉妹・おじ・おば・甥・姪・祖父母・孫のことを指します。

友人・知人は通夜式ではなく告別式に出向くのが一般的でしたが、近年は平日の昼間に会社を休んで葬儀に出席することが厳しくなったという理由から、通夜式に参列するスタイルが普及したのです。

このことからも、通夜式で喪服着用の人を多くみられるようになった経緯がわかりますね。

ではどんなふうに装えば、平服でも失礼にあたらないのでしょうか。

通夜の服装で仕事帰りでも失礼にあたらない 女性編

紺・茶・黒などの目立たず地味な色合いのスーツやワンピースで問題ありません。

急な不幸ですので、パンツスーツや白色のブラウスも大丈夫です。

ただし、露出度の高めの服装は似つかわしくありませんので、肌が見えないように胸元は閉じ、肘が隠れるようにしましょう。

スカート丈が短いのもNGで、基本的に正座をした状態で膝が隠れる程度のものならOKです。

足が見えるスカートの場合は、黒のストッキングを身につけるのは必須です。

ベージュのストッキングは、肌の露出という点から控えるのがマナーです。

因みに

黒のタイツはカジュアルな印象を与えてしまいますので、60デニールくらいまでなら履いていても問題なさそうですが、基本的には黒のストッキングに履き替えておいたほうが無難です。

スポンサーリンク

化粧は控えめにしておくのがマナーですので、事前にメイク直しをしておきましょう。

ピアスなどのアクセサリー類や腕時計(通夜式に相応しくないもの)、光る小物を身に着けている場合は外しましょう。

アクセサリー類は、どんなに急いていてもパールが基本です。

香水をつけている場合は、ウェットティッシュなどで拭き取っておけば人目を引くとことはありませんので、変な緊張が減ります。

近眼用であっても、カラーコンタクトレンズは外したほうが無難です。

髪が長い人はゴムやクリップなどでまとめておきましょう。

通夜の服装で仕事帰りでも失礼にあたらない 男性編

紺・茶・グレー・黒など、落ち着いた色合いのスーツだと違和感はありません。

シャツは可能であれば白色がベストですが、急な不幸ですので派手な色のシャツでなければ多少柄が入っていても問題ありません。

しかし、ネクタイだけは別です。

どんなに急でも、派手なネクタイは故人や遺族にとって失礼に当たりますので、コンビニや近くの売店などで黒のネクタイを購入し、ネクタイピンは外しておきましょう。

キラキラした腕時計やアクセサリー類を身につけている場合は、通夜式では失礼にあたりますので結婚指輪以外のものは外しましょう。

ベルトは黒が基本ですが、くたびれたものや皮物以外のものが望ましいです。

通夜に参列する際の仕事帰りの香典マナー

仏式ではあったほうが良い念珠ですが、持っていなくても目立つことはありませんので、気にする必要なないでしょう。

お香典はコンビニで香典袋を購入し、5千円を包むようにします。

親交が深ければ1万円を包む場合もありますが、5千円を包んでいれば間違いありません。

新札しか持ち合わせがないのであれば、二つ折りに折り目を付けてから包むようにしましょう。

新札は、『亡くなることを予定して準備していた』みたいに思われ不快に気持ちにさせてしまいます。

香典袋をそのままカバンから取り出すのはマナー違反です。

袱紗がない場合は、白いハンカチで代用して構いません。

受付で袱紗(白いハンカチ)を開いて、香典袋を渡すようにしてください。

その他に注意すること

コート・カバンなど派手でなければ大丈夫です。

傘は会場に入る前に閉じるので、黒でなくても問題ないでしょう。

通夜式式場内は空調が管理されているとは思いますが、万が一暑くても、厳粛な式典の最中は上着を着用するようにしてください。

式中に上着なしというのは日本社会ではなじみがないからです。

通夜参列の服装は?仕事帰りの女性・男性の私服対応と香典のマナーのまとめ

訃報は本当に突然のことで、式に参列するのに相応しい服装が出来ず頭を悩ませてしまう場面があります。

しかし、職場から直接駆けつけるというパターンも遺族も承知していますので、話しかける際に「急な訃報だったので、このような服装で申し訳ありません」と一言添えれば納得してもらえます。

どうしても平服で参列すること気が引けるならば、読経を終えたあとの時間帯に訪れるのも選択肢の一つです。

開式から一時間ほどすぎるとお焼香は終わってしまっていますが、遺族とゆっくり会話が出来るかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする