加齢臭はどうして出るの?原因とメカニズムから見えてくる対策


年齢を重ねると、気になってくるのが『におい(体臭)』です。

若い頃は新陳代謝が活発なので、よく汗をかきます。

汗と皮膚の垢が皮脂腺から分泌される皮脂と混ざり、雑菌などにより酸化・分解され汗臭い臭いを放ちます。

中年を迎えると、新陳代謝が衰え汗や皮膚の垢が少なくなります。

若い頃の汗臭さはなくなりますが、皮脂腺から分泌される皮脂の成分がノネナールに変わります。

これが『加齢臭』と呼ばれるものです。

今回は、『加齢臭』について詳しくご紹介いたします。

加齢臭が発生する原因、メカニズム・男女の差は存在するのか・どのように対策すべきかなどをまとめました。

是非ご参考になさってください。

スポンサーリンク

加齢臭が発生する原因とメカニズム

皮膚の表面には、毛穴が無数に存在しています。

毛穴の奥にある皮脂腺は、皮脂を分泌し汗と混ざり合うことで皮脂膜を作り、皮膚・毛髪の表面を薄く覆います。

皮脂膜は、水分が失われること・外からの刺激から守ってくれています。

肌の雑菌が増え過ぎないように、弱酸性を保ってもくれます。

とても大切な皮脂ですが、40代辺りを境にある物質が含まれるようになります。

『過酸化脂質』と不飽和脂肪酸の一種の『9ヘキサデセン酸』という物質です。

この二つが混ざり、酸化・分解されて出来る物質こそが加齢臭『ノネナール』です。

加齢に伴い、コレステロールなどの老廃物が血管にたまりやすくなります。

これが酸化・分解し様々な脂肪酸となり、ノネナールが増加するのです。

飲酒・喫煙・ストレス・運動不足・高たんぱく高脂肪の食事が多いことなどによって加齢臭の臭いは増加されることになります。

高血圧・動脈硬化などの生活習慣病にも大いに関わってきます。

加齢臭に男女の差はある?

加齢臭に、男女の差はありません

男性にも女性もに、平等に老いがきます。

老化によって、皮脂が酸化するのは男女共に平等です。

ただし、女性の方は身だしなみ・清潔さに気を使っています。

化粧や香水などを男性よりも多く使用します。

ですので、男性も女性と同じくらいに気を使えば清潔なイメージが保たれるのです。

加齢臭にはどんなことに気をつけたらいい?

まずは加齢臭専用に作られた石鹸を使います。

消臭するため、そして肌に良い成分を使うため、時間が経っても継続して臭いがしないための成分、これらをふんだんに使えばコストはそれなりに上がります。

スポンサーリンク

加齢臭を出来る限り抑えてくれて、長時間効果を発揮してくれるものを選ぶ必要があります。

上記したように、飲酒・喫煙・ストレス・運動不足・高たんぱく高脂肪の食事が多いことなど、生活習慣病に繋がることを改善するようにします。

健康的な生活を心掛けるように考えて実行することです。

和食中心の食事に切り替え、ストレスを避けるようにしましょう。

加齢臭はどうして出るの?原因とメカニズムから見えてくる対策のまとめ

なるほど。

加齢臭は、新陳代謝が衰えることと、ノネナールが原因だったのですね。

それに加えて飲酒や喫煙といった、不健康な行いが拍車をかけていたとは驚きました。

これは誰しもが避けては通れない問題です。

せめてお酒やたばこに逃げず現実としっかり向き合い、『今日』という日を楽しく過ごせるようにしていきたいですね。

スポンサーリンク