ハロウィン仮装がコスプレ大会と勘違い!マナー違反の子供がうざい件


10月31日。

我が国日本でも定着したイベント『ハロウィン』がやってきますね。

街中はゾンビや魔女やアニメキャラクターなどで溢れ返る一日です。

この日を楽しみに衣装の準備や、ゾンビ・傷のメイクの練習に勤しんでいる人、多いのではないでしょうか。

しかしそんな中、ハロウィンに嫌悪感を抱いている人が存在することをご存知でしょうか。

とある調査によると、ハロウィンが『好き・嫌い』の回答ははっきりと真っ二つに割れているのです。

確かに報道に取り上げられた風景は、『仮装』と言うよりも『コスプレ大会』としか感じられません。

そこで今回は、ハロウィンが嫌われる原因をまとめてみました。

ハロウィンの仮装・コスプレ・子供たちのマナーを『うざい』感じさせるのは何なのでしょうか。

是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ハロウィンで勘違いした仮装軍団がうざい


ハロウィンとは元々、10月31日に秋の収穫を祝い、同時に悪霊を払うお祭りとしてケルト人が行っていました。

あの世とこの世の境目がなくなり、街に現れる悪霊などに子供たちがさらわれないようにとお化けや魔女などのモンスターの格好をするのが、仮装の始まりです。

アメリカ合衆国に伝えられると、本来の宗教的な意味合いを殆どなくし民間行事として定着していくのです。

それが近年日本に伝えられると、仮装はプリンセスやアニメキャラクターのコスプレ大会と化してしまいました。

ハロウィンの本当の意味を知っている人が一体どれだけいるのでしょうか。

クオリティが高い変装の出来栄えを披露するために街に繰り出しているとしか思えない状態です。

こんなエピソードがあります。

親子で買い物をしようと電車に乗ったところ、リアルなゾンビの集団に出くわしたそうです。

その場で子供は恐怖に怯え泣きだし、何か月経ってもその光景が夢となって現れ泣きながら飛び起きるそうです。

一緒にいた大人でも、決して気持ちの良いものではなかったといいます。

なるほど。

子供だけではなく、大人でもホラー映画が苦手な人がいますよね。

ゾンビ集団の徘徊は見たくない人にとっては不快感しかなさそうです。

ハロウィンをコスプレ大会と勘違いしている人がうざい


日本にハロウィンが伝わり10年ほど経ちますが、ゾンビや魔女に扮した人々があちらこちらに現れると、「自分も参加したい」と思う人が続々と誕生したようです。

スポンサーリンク

多くの人が集まれば、考え方や解釈の仕方だって十人十色で様々です。

とても豪華なコスチュームを纏った『プリンセス』や、アニメの『ヒーローやヒロイン』、露出多めの『セクシー系』等々。

本当に様々なコスプレが続出しました。

それはもう海外の収穫祭が日本に渡ると、アニメのコスプレが街中を徘徊するなんて、ケルト人も想像していなかったことでしょう。

ハロウィンを『コスプレして繁華街を練り歩き撮影会する行事』と勘違いしている人が多いようです。

自宅や個人的に会場を借りて集まる分には誰も文句はないようです。

過激なコスプレをして我が物顔で街中を歩き廻り騒いで補導される人がでるイベントは、日本の文化には合わないように思えます。

ハロウィンで子供のマナーの悪さがうざい


ハロウィンと言えば、『トリック・オア・トリート!』お菓子をくれないと悪戯するぞ!と言ってお菓子をねだる風景が一番に浮かびます。

幼い子供のモンスターの仮装は本当に愛らしくて可愛らしいですね。

でも可愛いだけで終わらないのです。

こんな話を聞いたことはありませんか?

全く知らない人の家を訪ねてお菓子をねだる子供たち。

ハロウィンである事をうっかり忘れていて「お菓子はないの。ごめんね」と言うと、「どれくらい待ったら買ってこれる?」と返してきたそうです。

子供会・町内会からの事前連絡は一切なく、当の子供たちはそれが当然だと言わんばかりだったそうです。

子供たちにしてみれば、『近所の人がお菓子をくれるよ』と吹き込まれただけなので悪気はなかった事でしょう。

しかし、子供に悪影響を及ばしているのは間違いないと言えます。

子供のマナーの悪さは大人の躾の悪さが反映していると思いませんか?

今の子供はアレルギーを抱える子が多いですよね。

そこで、知らない人からもらったお菓子を食べてアレルギー反応が出たらどうしますか?

手作りのお菓子となると食中毒を起こすかもしれませんよ?

そうなると、お菓子を与えた人のせいにしますよね?責め立てますよね?

お菓子はどこの家に行っても貰えるものという認識を、親戚や友人辺りの範囲に留めるようにしましょうね。

子供のためにも。周りの人のためにも。

ハロウィン仮装がコスプレ大会と勘違い!マナー違反の子供がうざい件のまとめ

どんな形にせよ、日本に定着したハロウィンです。

一年に一度のバカ騒ぎが出来る日という認識で今後も広く広まっていくと、容易に想像がつきます。

ただやはり、他人に不快な思いをさせるような格好や行為は控えるようにしなければならないと感じます。

他人に迷惑をかけることも許されません。

自分さえ良ければという考えを、みんなで楽しい時間を作り上げる素敵なイベントを目指しませんか?

マナーをしっかりと守って、気持ちの良いハロウィンになっていくことを切に願います。

スポンサーリンク