静電気を帯びた車のドアが恐怖!降りるときの工夫と対策グッズ!


だんだん寒くなってくると困るのが、空気の乾燥による静電気のビリビリです。

ドアノブや金属、通りすがりの人との接触など、油断している時の不意打ち静電気には「やられた!」と思ってしまいますよね。

特に自動車のドア。

車から降りてくるまでは良いのですが、この開けたドアを閉めるとき、みなさんはどうのように対処しているでしょうか。

窓ガラスだったら静電気がこないようなイメージがありますが、指紋がベタベタつくのはちょっと許せませんよね。

ヒップアタックします?

足や膝で締めちゃいます?

因みにこれまでの私は、ドアを閉める前に窓枠に対して軽めのツッコミを入れて、静電気が走るか走らないかのチェックをしていました。

「何ゆーとんねん!」バシッ!!みたいな。

多めに帯電しているときは指先に激痛が走るので、結局なんの解決にもなっていませんでしたけど。

そこで今回は、自動車の静電気が強力な仕組みと、降りる時にやっておくと良い快適テクニック、そして強い味方になってくれる静電気除去アイテムを紹介していきます。

これで今年から静電気に恐れることはなくなりますね。

スポンサーリンク

静電気を帯びた車のドアが恐怖!どんなメカニズム?

静電気は洋服の摩擦や組み合わせなどで発生します。

『静電気が起きる原因とは?乾燥と雨との関係と血液ドロドロ改善せよ』を併せてご参照ください!

冬は湿度が下がり乾燥しているので、体の中の帯電した電気を上手く自然放電が出来ていません。

自動車の運転と言えば、運転席のシートに座って足でアクセルとブレーキの操作、腕はハンドルを回しているだけです。

しかし自動車の乗り降りの時の静電気は、普段の静電気と比べて格別の痛みを感じると思いませんか。

なぜなのでしょう。

答えは実に簡単でした。

自動車が唯一、地球(地面)と設置しているのは四本のタイヤですね。

タイヤはゴム(絶縁体)で出来ています。

車体と地球はタイヤ(絶縁体)で関係が断ち切られているということは、車内で発生した静電気は、放電しにくい状態となっているのです。

静電気は運転席のシートに腰かけた瞬間から発生し、シートと洋服の摩擦・エンジン部分に使われているゴム製のベルトと金属部分の摩擦などで、どんどん帯電していきます。

もちろん、運転中は放電されることは一切ありませんね。

そして、いざ自動車から降りるとなったとき、シートから体が引き離された瞬間!電圧が一気に上昇します!

足元には靴底がゴムでできているので、車から降りても体の中の電気は放電されることなくプラスとマイナスがアンバランスなまま。

その状態で電気を通しやすい車体に触る(ドアを閉める)から、静電気のえじきになるのです。

静電気は車を降りるときの工夫で逃れる!


予算をかけないで手軽に実践できる静電気除去法がありますので、乗車と降車で分けてご紹介していきます。

こんなに簡単なことだったらもっと早く知りたかった・・・と思うかもしれないような簡単なことです。

今日から静電気知らずで快適ドライブを楽しみましょう。

乗車前の対策

①車のドアを開ける前に地面に手をついて放電・・・人の目があるとちょっと変な人だと思われるかもしれませんが、地面(地球)に放電させておくだけで静電気の攻撃を受けなくて済みますよね。

スポンサーリンク
因みに

靴底はゴムで出来ていることが多いので、靴を履いた状態で足からの放電はしないと考えておきましょう。

②自動車に思い切って手のひらでベタっと触る・・・この方法は『放電させる』のではなくて『衝撃を軽減させる』ものです。

感覚が鋭い指先は痛みを感じやすいのですが、手のひらは指先に比べるとそこまで鋭くはないので「ちょっとチクッとした」程度でおさまります。

ただ、静電気に恐怖心がある人には余程の勇気が必要になります。

③自動車のキーや自宅の鍵などの金属でドアノブに触れて放電・・・金属をしっかりと握っておくのがポイントです。

軽く握っていると指先の方にもバチっと来る可能性がありますので、気をつけてください。

④手を湿らせたり濡らしたりしてからドアノブに触れる・・・水分を含ませることで、そこから自然放電させます。

ハンドクリームを塗っておくのも効果的です。

降りるときの対策

エンジンを止めて自動車ドアを開けると思いますが、そこですぐに降りてはいけません。

ドアを開け、シートに背中を付けたままの状態で自動車のボディ(金属部分)を触りましょう

そして足を地面に下ろします。

シートから背中を離すことで電圧が上昇しますので、その前にボディ(金属部分)を触ってゆっくりと放電させようという仕組みです。

私も半信半疑ながら、一年前からこの方法で静電気の恐怖とおさらばしました。

マジで、超おすすめですよ!

他にも、濡れタオルやウェットティッシュなどを使うことで静電気を防いでくれます。

革靴を履いて運転することも効果的です。

自動車の静電気を除去してくれる対策グッズ

持っているだけで、心強い味方となってくれる対策グッズの紹介をいたします。

キーホルダー・・・Amazonや楽天で検索すると色々な静電気除去キーホルダーがヒットします。

液晶で除去さているのが確認できるものやピカッと光るものなど様々のキーホルダーがありますので、お気に入りを探してみてはいかがでしょうか。

除去2~3秒で済みますし、バチっと来ないですし、とても安全ですね。

カラビナ・・・こちらもネットショップで簡単に手に入れることが出来ます。

金属部分をしっかり握って色がついている部分でドアノブに触れると除去が完了します。

大小様々ありますが、サイズは大きめをおすすめします。

ブレスレット・ネックレス・・・身に着けるタイプは帯電の量が大きいと放電しきれないことがありますので、ご注意を。

静電気が起きることがあります。

シール式ボディアース・・・ドアに除去シールを貼っておいて、乗り降りする時にそれに触って放電がさせる仕組みとなっています。

効果がない時もあるようなので、完全には防ぐことができないかもしれないというのが玉に瑕です。

静電気除去スプレー・・・自動車のシートや洋服に吹きかけるだけで静電気の発生を抑えてくれます。

静電気を帯びた車のドアが恐怖!降りるときの工夫と対策グッズ!のまとめ

実は、車内のシートが布だと静電気がバチバチ起きるのですが、皮のシートを装備した車は静電気が来ません

素材の違いでこんなにも快適にドライブが満喫出来るのですね。

とはいうものの、簡単にシートは変えられませんよね。

今回紹介した中で一番のおすすめは、降りるときにシートから背中を離す前に車体に触ることです。

乾燥時期のみ実践するのではなく、普段からこのように降りる癖をつけておけば静電気の不意打ちに遭うことはありません。

今日から静電気とおさらばしましょう!

スポンサーリンク