クリスマスに窓をスプレーでデコるデザインと使用時の注意点

雪の結晶
季節は秋を通り越してすっかり冬に突入しましたね。

10月のハロウィンが終わると街中は一気にクリスマスモードへと彩りを変えていき、オレンジや紫色に染められていた街並みが、赤や緑・金銀のクリスマスカラーで包まれると『あぁ、今年ももうすぐ暮れるんだな』なんて、ちょっぴりセンチメンタルになってしまいます。

まっ、そんな物悲しい感情はさておき、もうすぐクリスマスですよ。準備は進んでいますか?

お部屋にクリスマスツリーやリースを飾るだけでも、雰囲気が出ますよね。

せっかくだったら、お部屋の窓ガラスもクリスマス仕様に可愛く演出してみませんか?

お店のショーウィンドウに雪の結晶や雲のような『ぼかし』でペイントされているのを見かけたことがあると思います。あのペイントが簡単に、自宅の窓ガラスに装飾出来るとしたら素敵だと思いませんか?

いつもと違う窓ガラスに、ウキウキしてしまいますよ。朝起きてカーテンを開けるのが楽しくなりますね。それこそ『the Xmas!』って感じになります。

そこで今回は、『ぼかし加工』が出来るスプレーの紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

クリスマスに窓をスプレーでデコレーション

クリスマス時期のショーウィンドウに雪化粧が施されているのを見て、「我が家の窓もあんな風に描けないかなぁ」なんて考えたことありませんか?

描けます。

ぼかし加工を施しているのは『スノースプレー』というものを使っています。ネーミングがそのまんまで覚えやすいですね。

ホームセンターやインターネットなどで手に入れることが出来る『スノースプレー』は、白以外にも青・赤・黄色・緑など豊富に色が取り揃えられています。

カラフルなのもいいけど、やっぱりオーソドックスな『白一色』に統一した方が品もあるし、落ち着いて見えるのではないでしょうか。

スノースプレーは手軽に100円ショップでも購入することが出来ます。100円とあって、容量は少ないのですが、試しにスプレーするには丁度いい容量です。中でもダイソーのスノースプレーは優秀ですので試してみてください。

クリスマスらしく窓に施すデザイン

窓ガラスを装飾するのに必要なものとして『図案(型紙)』は外せませんよね。

先程、スノースプレーが100円ショップで購入可能とお伝えしました。なんと、図案までもが100円ショップで手に入ってしまいます。便利な世の中になりました。
気に入るものがあればそれに越したことはありません。

スポンサーリンク

100円ショップで気に入るのが見つからなかったら、ホームセンターなどを探すか、インターネットで図案をプリントアウトするか、クリアファイルに自由に絵を描いて切り抜いて使うなどの方法があります。
素敵な図案が見つかると良いですね。

スノースプレーを使うときの注意点

それでは『スノースプレー』の使い方のコツをご紹介いたします。

まず、スノースプレーでデコレーションしようとしている窓ガラスをキレイにしましょう。ガラス磨きの油分なども拭き上げるようにしてください。油分などが残っているとスノースプレーが上手く乗らず窓から剥がれ落ちることがあります。

スノースプレーは水分に弱いので、必ず室内側にスプレーしてください。

図案(型紙)をマスキングテープで窓に固定します。手で押さえるだけだとスプレーしている間にズレて失敗する恐れがありますので、しっかり固定するようにしましょう。マスキングテープがない場合はセロハンテープでも構いません。

注意寒いかもしれませんが、必ず窓を開け換気をしてください。

スノースプレー缶をよく振り、30cm離れたところから少しずつ噴射します。一回が3秒の吹付けで、薄い層を何度も重ねるようにスプレーするのがコツです。

ポイント一気に厚くスプレーした場合、スノースプレーが窓ガラスに貼りつかず、ボトッと落ちてしまいます。セッカチさんは気をつけてください。

スプレーし終えたら窓に貼りつけた図案(型紙)をゆっくり剥がし、はみ出した余分のスプレーを濡れタオルで拭き取れば完成です。

もし間違えてやり直したい場合は、固く絞ったタオルで拭き取ったあと窓ガラスをよく乾かしてください。型紙についたスノースプレーもよく拭き取りましょう。
注意当たり前ですが、紙の図案(型紙)だと一度しか使えません。

同じ図案(型紙)を何度も使いたい場合も一回一回スノースプレーを拭き取った方がキレイにスプレーすることが出来ます。

窓ガラスをスプレーでデコレーションするまとめ

100円ショップのスノースプレーでは、キレイにペイント出来ないという報告もあります。もし思い通りにスプレーが乗らないようでしたらホームセンターなどのスノースプレーを購入してみてください。

とにかく窓ガラスをキレイに拭いておけばスノースプレーは乗ります。そして年末の掃除が一つ片付いちゃいますね。

窓ガラスがキレイになるし、クリスマスの装いにもなるし、一石二鳥のスノースプレーで
是非楽しいクリスマスにしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする