大学生が夏休みを無駄にしない方法!アルバイト?筋トレ?運転免許!

大学生 夏休み 
青い空・照りつける太陽。

暑い夏休みをいかがお過ごしでしょうか。

大学生の夏休みは高校生までとは違って約二ヶ月もあり、長期連休となっています。

ちゃんと予定を立てて過ごさないと、あっという間に夏休みが終わってしまいますよ。

「二ヶ月もあるんだから、明日から頑張る」

そんな甘ったれたことを言っていると、貴重な時間はどんどん過ぎていってしまいます

「そんなこと言っても、何をしていいか分からないもん」

そうですね。

目標ややるべきことがある人と違って、何をすべきか分からない人はまず目標を探さなければなりません。

目標探しで一日が過ぎ、一週間がすぎ・・・。

そうこうしている内に、いつの間にか夏休みがなくなってしまった・・・なんてことがあります。

そうならないためにも今回は、大学生が夏休みを有効に使えるためのヒントとなるような提案をしていきたいと思います。

2ヶ月もある長い夏休みを、遊びだけに使うのは非常にもったいないです。

夏休みを充実させるには自己啓発をすることです。

スポンサーリンク

大学生が夏休みにすること①アルバイト

まずは、何もすることがなくても、朝必ず起きるようにしましょう。昼前頃に起きても何もする気になりませんから。

これは基本です!

夏休みにすることで一番におすすめしたいのが、アルバイトを経験することです。

アルバイトをすることで、お金を稼ぐことができます。

稼ぐ大変さを知ることで、お金の有難みが分かるようになりますし、何よりも社会勉強になります。

アルバイトをして社会の厳しさ上下関係の大切さを学び、反省点なども出てくるでしょう。

これが就職活動に大きく関わってきます。労働の経験があると企業へのアピールにも説得力が生まれ、好印象になります。

就職したときにもアルバイトの経験が活かされる瞬間が訪れます。仕事内容の吸収やコツの掴み方が全然違いますよ。

もちろんアルバイトとはいえ、働く以上はきちんと働かせてもらえ、且つ、安全なところを選びましょう。

●ショッピングモールでの販売員
●お中元の受付や配送・工場の検品や軽作業
●海水浴場にある海の家のアルバイト
●北海道から沖縄までのリゾート地での住み込みのイベントスタッフ

大学生が夏休みにすること②筋トレ

また、運動をして自分の肉体を鍛えることも良いでしょう。

精神的な成長と違って、肉体的な成長は成果が目に見えて表れますので、努力が実ったことが実感しやすく自信に繋がります。

自分に自信がついてくると、他のことにも色々と挑戦する向上心が生まれます。

改善点が多いならはじめの一歩は、このような目に見える成長を目指すと良いでしょう。

因みに
怠け心のある人にとって自己流の筋トレは、どれだけ時間をかけても結果に結びつきません。出来るだけジムに通い、筋トレを義務付けるようにしてください。

スポンサーリンク

アルバイトと筋トレ

しかしジムに通うとなると肉体改造にはもってこいですが、時間もお金も費やすことになりますよね。もし、身体を鍛えながらお金が稼げたら良いと思いませんか?

それを叶えてくれるアルバイトが運送業です。

メタボの人は身体を動かす仕事をするだけで余分な脂肪を燃焼し、更に脂肪を燃やすために筋肉がついてきます。

お金が稼げて、脂肪を減らせて、筋肉までつけることが出来たら、一石三鳥だと思いませんか?

夏休みこそ健康な肉体を作り上げましょう!

大学生が夏休みにすること③運転免許取得

夏休みを利用して自動車運転免許証を取得する大学生は、全体の約2割もいます。

大学を卒業して就職すると高確率で必要になるのが運転免許証。

営業周り・配達・バスやタクシーのドライバーもそうですが、上司の依頼で得意先に届け物をするとか、本社から支社にちょっと移動するとか、いろいろな場面で免許証が必要になります。

運転が出来ないと仕事に支障をきたします。

しかし、いざ就職するとまとまった時間が取れず、運転免許を取りに行く暇がないこともしばしば。

夏休みの間に、サクサクっと取得してしまいましょう。

通学する場合、予約の優先度の高いコースを選ばないと技能教習の予約が取れずに、仮免まで行けないことがあるので、短期集中コース・合宿コースがおすすめです。

大学生の夏休みにすること④ボランティア

一見お金にもならない、筋肉もつかない、自分のためにならないように思いますが、ボランティア活動に参加することで、人から感謝され社会を見る目が変わってもきます。

アルバイトと違って給料は発生しません。

しかし、無償で誰かのために働きかけることで心が豊かになっていくのがわかるはずです。

自分が何かを与えられるためには、まず自分が誰かに与えることから始めなければなりません。

献身的に働く姿に『ありがとう』という温かい言葉が与えられます。

その『ありがとう』の言葉は、チョッピリこそばゆくもほっこりし、誇りに感じるでしょう。

そしてボランティア活動していく中で、自分が当たり前のように生活できていた背景にはこういった助け合いが関係していたことに気付きます。

日常生活の中で出会う人は極僅かですが、ボランティア活動することで自分の和が広がっていきます。

老若男女様々な人との出会いは必ず自分の血となり肉となり、コミュニケーションの取り方や、知らない世界に触れるキッカケとなるでしょう。

最大のポイントが、就職活動が有利になることです。

これはアルバイトと同じく、ボランティア活動の経験が貴重な社会勉強となっているので、就職活動のアピールになります。

ボランティア活動を通じて学んだこと、感じたことを素直な言葉でアピールしてください。

大学生が夏休みを無駄にしない方法!のまとめ

時間だけはすべての人に等しく与えられています。

計画的に使おうが、堕落した生活を送ろうが、与えられた人の自由に使えるのが『時間』です。

何もせず「ゆったりとした時間を過ごしているんだ」と主張されるなら、それはそれで構いません。しかし一歩間違えると自堕落な性格になってしまうこともありますので、気をつけた方がよいでしょう。

夏休みをただ遊ぶだけに費やすのはもったいないですよ!

思い出作りも大切でしょうが、社会勉強をしておくのも大切な時間の使い方として有効だ、と伝えておきますね。

この記事が夏休みを有意義過ごすヒントになれたら幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする