まつげは目に入ると消える?!洗顔後に90%目に入る人おすすめケア!

カラーコンタクトレンズ
絶えずパチパチとまばたきをしているまぶたに生えている『まつげ』ですが、なんのために生えているのか考えたことがあるでしょうか。

なんの意味もなく、ただなんとなーく生えているのではありません。

マスカラをがっつり塗って目を大きく見せるためでもありませんよ。

ちゃんと、外敵から身体を守るという大役を仰せつかってそこに生えているのです。

どんな役割をはたしているのかというと、①眼球をゴミなどから守るためにまつげがセンサーとなって、まばたきをする司令を出しています。

まばたきの指令は、脳が出しているわけじゃないんですね。

更には、②日差しが直接瞳に入ってこないための庇の代わりもしてくれていました。

まつげがないと大切な眼球を守ることが出来ないのです。

で・す・が、まつげは時として、狂気となって自分自身に襲いかかってくることがありますよね。

あなたも体験したことあるんじゃないですか?

まつげが目に入るという、恐怖体験を。

まつげは髪の毛と同じく一日に数本抜けて、生え変わる時期がやってくるのですが、正にその瞬間!まつげの会心の一撃です!!

はらりと抜け落ち、目に入ってくるのです。

まあ、もう、それはそれは痛いのなんのって言葉になりません。よね?

そこで今回は、まつげが目に入って取り除けなかったときの疑問を解消し、まつげの抜け落ちる頻度とおすすめまつげケアについてまとめました。

スポンサーリンク

まつげが目に入って消える?!一体どこに?

朝起きて・仕事の真っ最中・ご飯を食べている時など、突然目が痛い!ゴロゴロする!ってことありますよね。

鏡の前でまぶたをめくると、白目部分に一筋の黒いまつげが!!

なんでそんなに長いまつげが入っているの?なんてこともあります。

まぶたの縁で留まってくれていたら、タオルで拭い取ることで解決するのに、白目に完全に付着してしまっていたら取るのに大変。

タオルをつっこんでみてもまつげはしぶとく白目から離れません。

あれって何なんでしょうね?スルッと取れるときもあるし、頑固にへばりついている時もあるし。

ともかく、まつげを取り出すのに一番の方法は、『涙・水・目薬』などで洗い流すことです。清潔なタオルや綿棒でソッと取り除くのも有効です。

注意
間違っても指を直接突っ込まないようにしましょうね。

指を無闇矢鱈に入れると、指を介してばい菌や雑菌を目に入れることになります。

気をつけましょう!

そうこうしているうちにまつげは、まぶたの奥深くに潜り込んでいき、タオルも綿棒も涙さえも届かないところへ行き、取り逃がしてしまうことありますよね。

しかもさっきまであった痛みも、一切なくなるから心配になります。

まぶたの奥深くに消えていったまつげ・・・今まで何本入り込んだことか。そう考えると眼球の裏側で腐ってしまうのではないかと不安になりませんか?

でも、安心してください。眼球の裏にまつげはありませんよ!

実は、まぶたの奥は袋小路のようになっていて、それより奥には異物が入って行けないように出来ています。

眼球の裏に行っていないとなると、果たしてまつげはどこにいってしまったのでしょう。

答えはひとつ!

目ヤニとなり、外に排出されているのです。

特に睡眠中は目を閉じている時間が長くなるため、この時間に目ヤニとなって排出されている可能性が高いです。

人間の身体ってしっかり出来ているものです。

ですので、まつげだけでなく、コンタクトレンズや外から入ってきた異物に対しても同じで、眼球の裏側に入り込んでしまうことはありえないのです。

毎朝まつげが目に入る!なぜ?

朝の洗顔でまつげが必ず目に入るという人、どれくらいいらっしゃいますか?

スポンサーリンク

「毎朝目の中にまつげ入れる人なんていないでしょ?」と、思われたあなた。

私はほぼ毎日まつげが目に入って痛い思いをしている一人です。

まつげの寿命は3~9週間と言われており、しかも毎日数本抜け落ちるわけですから・・・。

しかし洗顔中に毎朝となるとちょっと異常ですよね。

洗顔の時の目にまつげが入る人はだいたい、泡を洗い流す工程の時だと思われます。

これは、水でザブザブ洗っている時、まつげに負担をかけているからに他なりません。

そして、しっかり目を瞑っているのですが、実はまぶたって薄っすら隙間が空いているので、その隙間からまつげが入り込むのです。

まつげに薄い部分がなく、まんべんに生えているのであれば病的な心配はありません。

しかし、洗顔程度で負担に感じまつげが抜けているのであれば、栄養が足りていないのかもしれません。

まつげが目に入らないようにまつ毛ケアをおすすめ

まつげは非常にデリケートに出来ています。

ちょっと抜ける頻度が高いと感じるのであれば、まつげを労ってあげてください。

まつげに負担をかけず、且つ、栄養を与えるように心がけます。

まつげに負担になっていること

●つけまつげの接着剤
●ビューラーのかけすぎ
●マスカラの塗りすぎ
●目をこすりすぎ
●うつ伏せで寝る
●夜更かし

上記以外にもいろいろとありますが、心当たりはありませんか?

なんといっても規則正しい生活を送ることが肝心です。

栄養バランスを考えた食事をとって、睡眠をしっかりととるようにしましょう。

髪の毛にトリートメントを施すように、まつげにも美容液を塗布することをおすすめします。

就寝前にまつげ美容液を根本にひと塗りするだけ。健康で抜けにくい強いまつげになりますよ。

思えば、以前まつげを伸ばしたくて美容液を塗っていたことがありましたが、その時は目にまつげが入って痛い思いをした記憶がありませんでした。

しかもしっかり長く伸びてくれたのでマスカラいらずの可愛い目元を演出してくれた。

まつげが丈夫になる上にマスカラ要らずで、いい事づくしの『まつげ美容液』!

一度使ってみてください!

まつげは目に入ると消える?!洗顔後に90%目に入る人おすすめケア!のまとめ

頻繁にまつげが目に入ってしまう人は、まつげに栄養が行き届いていないのかもしてません。

しっかり食べていますか?

睡眠は十分にとっていますか?

つけまつげやマスカラでまぶたとまつげの付け根に負担をかけてはいませんか?

たかがまつげ、されどまつげ!

しっかりとケアして、抜け落ちにくいまつげを目指しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする