かまぼこは冷凍できるか?賢い保存方法と美味しく食べる賞味期限!

かまぼこ 冷凍できるか 保存方法 賞味期限 

お正月。

おせち料理で縁起の良いとされている、紅白かまぼこ松竹梅が描かれたかまぼこなどを大量に買って、半分くらい使わないってことありますよね。

食べずに冷蔵庫に入れっぱなしにしていて、つい食べるのを忘れてしまい処分・・・なんてこともしばしば。

そんなの、本当にもったいないですよ。

なんとかして全部使い切りたい!

そんな時は、冷凍保存というのはいかがでしょうか?

かまぼこを冷凍保存になんてしたら、『鬆(す)』が入ってスカスカになり、味も風味も落ちて美味しくなくなるって言いますよね。

実際はその通りですが、解凍して美味しく食べられるなら冷凍保存したい!って、思いませんか。

そこで今回は、おせち料理で余ってしまったかまぼこを上手に冷凍保存する方法についてまとめました。

栄養価が高く低カロリー、その上美容効果抜群なかまぼこを少しでも長持ちさせるためにも、上手に冷凍保存させましょう!

スポンサーリンク

かまぼこは冷凍できるのか?

開封後のかまぼこは一般的に、冷蔵保存だと一週間程度しか保ちません。

しかし、だからといってかまぼこを冷凍保存させても、いざ使おうと解凍させても鬆(す)が入っていてパサパサで残念なことになってしまいます。

実際に食べられないわけではないのですが、食感・歯ごたえがなく、お世辞にも美味しいとは言い難い状態です。

なぜ鬆(す)が入ってしまうのでしょう。

それは、冷凍することでかまぼこの水分だけが冷凍され、解凍した時にその水分が溶け出してしまうからなのです。

解凍したかまぼこには穴が空いてしまっているのは、まさに水分が抜けてしまったという証拠だったです。

こうなってしまっては、噛みごたえもないし味も落ちていて、普通に食べるのは難しいですね。

しかし、水分がなくなって穴が空いたお陰で、煮物にすると、その穴に味がよく染み込みます。

煮物、スープ類の具材として加えると、スカスカになったかまぼこはスポンジのように味や旨味を吸い込んでくれます。

かまぼこは冷凍することで食感がなくなるデメリットがありながら、その穴を利用して旨味を吸収するというメリットがあると言えるのではないでしょうか。

かまぼこ冷凍保存方法

煮物に適したかまぼこではなく、かまぼこをかまぼことして普通に美味しく食べるためには、単純に冷凍庫に入れるだけではだめだということがお分かりかと思います。

食品の品質を保ちつつ冷凍保存するには、急速冷凍する必要があり、かまぼこにも同じことが言えるのです。

急速冷凍?

業務用の冷凍庫なんて持ってないし、急速冷凍なんて出来んわい!と、思われるのはごもっともで・す・が。

スポンサーリンク

それをご自宅の冷凍庫で急速冷凍を再現する、かまぼこの正しい冷凍保存方法を説明します。

① 冷凍庫に備え付けられている金属製のトレーを冷凍庫で冷やしておきます。備え付けられていな場合は、100円ショップで購入可能のアルミトレーで代用します。

② かまぼこは、板がついたままだと冷凍が上手くできない場合があるので、予め外しておきます。

③ かまぼこを薄めにカットしていきます。かまぼこの体積が大きいほど芯まで冷凍するのに時間がかかってしまいますが、薄くスライスすることで冷凍する時間を短くすることが出来ます。正に急速冷凍のポイントですよね。

④ 薄くカットしたかまぼこを、一つずつ丁寧にラップで包みます。この時しっかりと空気抜きをしておくことで、かまぼこの乾燥や冷凍焼けを防ぐことができます。

⑤ 冷凍庫でキンキンに冷やしておいた金属製のトレー(アルミトレー)に、ラップで包んだかまぼこを並べていきます。カットした面が金属製トレーに密着するように敷き詰めるのがコツです。金属製のトレーの熱伝導を利用し、素早くかまぼこを芯まで冷やします。

⑥ トレーのかまぼこが急速冷凍できたらフリーザバッグに入れ替え、空気を抜いて冷凍保存です!

これで、解凍したときの『パサパサ感・乾燥・冷凍焼け』からかまぼこを守ることが出来ます。

しかしこの方法はあくまで、かまぼことして美味しい状態をキープさせたい時の冷凍保存法です。

煮物などに使う予定のかまぼこの場合は、大きめにカットして敢えて鬆(す)を作る冷凍法にしておくと、調理の時に味がしみていいのかもしれませんね。

かまぼこ冷凍の賞味期限

前章の手順で、無事に冷凍保存できました。

冷凍が出来たということは長期保存が可能になったということですよね。

しかし一口に『長期保存』って言っても、一体どれだけの期間のことを指しているのでしょうか?

冷凍保存したかまぼこに賞味期限ってあるの?って、思いませんか?

いくら冷凍保存したとはいえ、相手は食品・生物です。

長く冷凍庫に眠らせていても、日に日に味も風味も落ちていきます。

早めに消費するに越したことはありませんので、1ヶ月以内には食べ切るように心がけましょう。

解凍した時、冷凍庫特有の匂いがする場合は、グリルをするといいでしょう。

焼き目を付けることで香ばしくなり、風味をついて美味しく食べられるようになりますよ。

かまぼこは冷凍できるか?賢い保存方法と美味しく食べる賞味期限!のまとめ

今回は、使いきれなかったかまぼこの冷凍保存についてまとめました。

かまぼこを冷凍保存するなんて想像もしていませんでしたが、この方法ならムダにすることがなくなりそうですよね。

ポイントは3つ。

  • ●かまぼこは薄くスライスする
    ●ラップで包む時は空気をしっかり抜く
    ●金属製トレーで急速冷凍

    それでも、2ヶ月も3ヶ月も保たせることはできないので、美味しいうちに食べてしまうのが理想ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする