加齢臭を指摘された時は素直に受け入れる勇気を!対処法はこれだ!


加齢臭が気になりますよね。
会社の上司の臭いが気になってはいたものの、まだまだ自分は大丈夫だと思っていたのではありませんか?そんなことはありませんよ。一般的に男性は35歳くらいから、女性も40歳くらいを迎えると加齢臭が出るようになるものです。
人は必ず老います。だから加齢臭も普通のことなのです。

でも、だからと言って何も対策をしないというのはいただけません。他人の体臭をかがされるのは苦痛の何者でもないからです。
今までは気付かなかった加齢臭が今回、他人からの指摘で気付くことが出来たのですから、しっかりご自分の加齢臭と向き合い、他人に不快な思いをさせない努力をしましょう。

『努力は必ず報われる』

この言葉を信じて、爽やかなイメージを取り戻しましょう。
今回は、加齢臭がどの部位から出ているのか、また、なにが作用して臭いが強くなっているのか、そしてどんなことに気を付けていくべきなのかについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

加齢臭/どこから臭うの?

加齢臭は、皮脂腺から分泌されるパルミトオレイン酸(脂肪酸)が過酸化脂質と結びつくことで臭いを発生させています。
脂肪酸を分泌する皮脂腺は、手のひらと足の裏を除いた体全体に存在しています。体毛一本に対してそれぞれ皮脂腺が存在するのですが、場所によって発達部分と未発達部分とがあります。
皮脂腺が多く集まっている部分を『脂漏部位(しろうぶい)』と呼ばれていて、頭部から体の下に移動するにつれて少なくなっていきますので、ほとんど全てが上半身にあります。

加齢臭が出やすい部分(皮脂腺発達部分)
頭皮
首の後ろ
耳の後ろ
Tゾーン
胸・腋・背中
デリケートゾーン
よく『旦那さんの枕を臭って嫌な顔をする妻』というシチュエーションを見かけますが、あれは頭皮や耳の後ろから出た臭いが寝ている間に移ってしまったものなんですね。

皮脂腺は決して悪いばかりではない

皮脂腺は加齢臭が出る悪者というだけではありません。
皮脂腺から出される皮脂は汗と混じり、皮脂膜を作っています。この皮脂膜は外界の刺激から肌を保護し、肌の水分の蒸発を防ぐという重要な役割を果たしています。

どんなことが作用して臭いは強くなるの?

生活習慣の見直しをしてみてください。

食事はバランスよく取れていますか?お肉中心の食事になってはいませんか?野菜は取っていますか?
適度に運動を取り入れていますか?エアコンの中ばかりで汗のかき方を忘れてはいませんか?
お酒やたばこも悪影響を及ぼします。
ストレスを溜め込んではいませんか?

今後はどんなことに気を付けるべき?


生活習慣を見直したら、それを改善していきましょう。百害あって一利なしです。一日も早く健康的な体作りに取り組んでください。
活性酸素により酸化された過酸化脂質を出来るだけ作らないようにしましょう。過酸化脂質は体のサビとも言われており、人間の老化に伴って発生しやすくなっています。老化を助長してします行為を解消することで対策することが出来ます。

スポンサーリンク

●有酸素運動・・・ジョギングやウォーキングなどの長時間継続してする有酸素運動は、体内で発生する酸化をブロックします。

●食生活の改善・・・酸化を抑える栄養素(ビタミンE・ビタミンCなど)が摂取できる和食中心の食事を心がけましょう。

●ストレスの解消・・・日頃から溜まっているストレスを発散・解消する趣味を持つようにしましょう。

●お酒・たばこ・・・それ自体から強い臭いを放っています。出来る限り控えるように努力しましょう。

そして最も重要なのは、皮脂腺が多く集まっている場所を清潔に保つことが何よりの対策となります。しかし、加齢臭が発生しやすくなる年齢になることで皮脂の分泌量は減少しますので、過剰に洗いすぎてしまうと乾燥肌などの皮膚トラブルの原因になってしまいます。皮脂(皮脂膜)は肌を外部の刺激から守るバリアの役割があることを忘れてはいけません。
人の皮膚には100兆個もの常在菌が住んでいます。この中に良い菌と悪い菌が存在しています。『清潔』を意識しすぎて異常に体を洗えば良い菌が減ってしまい、結果的に悪い菌が繫殖しやすり環境になります。逆に、加齢臭を含む体臭を酷くする原因となりますので注意しましょう。

お風呂で気を付けること


●体を洗う時はゴシゴシと強く洗ってしまうと、必要以上に皮脂を落としてしまいます。洗いすぎは厳禁です。皮脂を取りすぎてしまうと、足りなくなった皮脂を補充するためにもっと多くの皮脂を分泌することになりますので、かえって臭いが強くなってしまう可能性があります。
泡の力で不要な皮脂だけを取り除くようにやさしく洗いましょう。洗い忘れがないとこが重要です。

●夏の暑い日こそ、必ず湯殿に浸かるようにしてください。汗腺に溜まった角質や老輩物などを浮かせ、皮脂も柔らかくなるので落としやすくなり、臭いの対策に有効です。汗腺を鍛えましょう。
現代人は運動不足・エアコン普及で汗をかくことが減っています。汗腺に老輩物が溜まったままにしておくと、いざ汗をかいた時に溜まっていた老輩物も一緒に出てくるので、より体臭が強くなってしまうのです。
日頃から湯殿に浸かる習慣を身に着け、しっかり汗をかくようにしてください。シャワーだけで済ませることはやめましょう。

まとめ

加齢臭は、老化とともに発生します。老化はどんなに抗っても防ぐことはできません。ならば、周りの人の不快にならないように最低限のエチケットを身に着けましょう。

ゴシゴシ洗いすぎない
泡でやさしく洗う
洗い残しがないようにする
湯殿に浸かり汗をだす
生活習慣も見直すことが大切です。
食事は和食中心に
有酸素運動を取り入れる
ストレスを溜め込まない
お酒・たばこは控える
早速本日から実践し、二度と再び「臭い」なんて言わせないようにしましょうね。
スポンサーリンク